magazine

しつけ

2020.03.11

トイプードルの大切なしつけ。知っておきたい性格としつけのコツ!

いよいよ子犬を我が家に迎える日、可愛いトイプードルとの暮らしの中には、その可愛さに感動する出来事がたくさんあるはず。ずっと仲良く暮らすためにも、トイプードルの性格や特徴を知って、しつけを始めましょう。
今回は、最初に行うパピートレーニングや困ったときの解決方法などをご紹介します。

#トイプードル

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

可愛くて頭の良いトイプードル!

トイプードル しつけ

可愛いトイプードルは、実はもともと狩猟犬として活躍していたという事実をご存知でしょうか。水鳥の狩りをしていたトイプードルは、意外にも泳ぐのが得意な犬種です。
狩猟犬のDNAをしっかり受け継いでいるため、運動神経は抜群で元気いっぱい。また非常に頭の良い犬種としても有名です。人間の子供の2~3歳の知能に匹敵するよ言われているほどです。

トイプードルの性格は、甘えん坊で遊び好き。フレンドリーで人懐こい性格の反面、警戒心の強さも持ち合わせています。
賢く物覚えが良いため、色々なことがすぐにできるようになります。子犬のうちに、生活に必要なしつけをしておくとよいですね。

トイプードルのしつけの手順とコツは?

トイプードル しつけ

犬をお迎えする前には、ケージを用意しておきましょう。しつけの面からも、夜はケージの中で寝かせるのがおすすめです。
子犬を迎えたらすぐに基本のしつけである、パピートレーニングを開始しましょう。

ケージのしつけ

ケージ内は犬の生活の場です。夜寝る時・ごはん・トイレはケージ内で行いましょう。
まずは、ケージ内は安心で安全な場所だと教えてあげましょう。犬が落ち着けるように、毛布やタオルを入れてあげるとよいですね。ケージに入れる時は「ハウス!」と声をかけましょう。

トイレのしつけ

最初はケージ内の広い範囲にトイレシートを敷いておきましょう。 シートの枚数をだんだん減らし、一枚のシートの上でオシッコができるようになったら、トイレトレーを置きます。
トイレのしつけを失敗しないコツとして、オシッコをする場所を失敗しても叱らないようにしましょう。オシッコしたこと自体を叱られたと勘違いしてしまうからです。
失敗した場合は知らんぷりで片付けて、成功したら思いっきり褒めてあげて下さい。焦らず、根気よく続けましょう。

パピートレーニングとあわせて、【おすわり】・【伏せ】・【待て】・【よし】へと進んでいきましょう。

こんな時はどうしたらいいの?悩み別解決方法

トイプードル しつけ

愛犬の行動に、「こんな時はどうすればいいの?」としつけの仕方に悩む飼い主さんは多いものです。よく見かける犬の困った行動とその解決方法をご紹介します。

足をあげてオシッコをする

足をあげてオシッコをすると、トイレトレーからはみ出してしまうことも。その都度、周りを拭き掃除するのは面倒ですね。
そんな時は、トイレの真ん中に、水を入れたペットボトルや空き瓶を入れてみましょう。それに向かってオシッコをしてくれるはずです。

ウンチを食べる

子犬の頃にはよくある行動ですが、成犬になっても直らない犬もいるようです。お留守番の時間が長く退屈で、このような行動をすることも。
お留守番が長くなりそうな時は、おもちゃを何種類か入れておいてあげるとストレスも少なくなるのでおすすめです。
また、トイレ以外でウンチをした時に飼い主さんに叱られた経験から、ウンチを隠そうと食べてしまう犬も多いようです。ウンチをした時はすぐに片付けてしまいましょう。

無駄吠えが多い

トイプードルは警戒心が強い一面があるため、無駄吠えに悩む飼い主さんは多くおられるようです。
「家族」という群れの中で暮らす犬は、自分が家族を守らなくては!と頑張ってしまうのです。飼い主さんがその群れのリーダーになっていれば、無駄吠えは少なくなります。
愛犬との信頼関係を築くためにもしっかりしつけを行いましょう。

トイプードルと出かけてみよう!

トイプードル しつけ

室内でのしつけができたら外にも出かけましょう。トイプードルは活発でお散歩することが大好き。
散歩に行くと人や犬と出会う機会が増えるので、外でのマナーを教える良いチャンスでもあります。しかし、室内犬にとって慣れていない外の世界は不安なもの。歩きたがらないこともあります。
そんな時は無理に歩かせる必要はありません。飼い主さんが抱っこをしてあげるなどして、ゆっくりとお散歩を楽しみましょう。

  • 公開日:

    2019.11.15

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする