magazine

犬を迎える

2020.03.11

パピヨンの子犬の育て方。成長のスピードから散歩の時期を解説

パピヨンはエレガントな姿が最大の特徴です。しかし優雅なパピヨンも子犬の時は丸々としていて、とても可愛い姿をしています。可愛らしい子犬のパピヨンに一目惚れして、パピヨンを家族に迎える人も多いのではないでしょうか?
ここではパピヨンの魅力を紹介していきます。さらに、パピヨンの子犬の成長スピードからパピヨンの散歩・シャンプーを始める時期まで詳しく解説していきます。

#パピヨン

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

パピヨンの魅力は?

パピヨン 子犬

パピヨンの最大の魅力は美しい毛と蝶々のような耳です。パピヨンはフランス語で「蝶々」という意味であり、この美しい耳が名前の由来になっています。
パピヨンは愛玩犬として誕生したため、非常にフレンドリーで人が好きな犬種です。

パピヨンは運動が大好きで、アクティブな犬種です。また知能も高く、子犬の頃から訓練しやすい犬種として知られています。
そのため、家庭犬の訓練はもちろん、ドッグスポーツなどでも活躍できるに間違いありません。現在ではアジリティーやオビディエンスなどのドッグスポーツで、世界的に高いレベルで活躍しているパピヨンがたくさんいます。

パピヨンの子犬の性格・特徴は?

パピヨンは子犬の頃から成犬と同じ性格や特徴を見せます。これはパピヨンの子犬は訓練がしやすく、家族と一緒に遊ぶことも大好きだということを意味します。
しかし、パピヨンは子犬の頃は非常に小さく、怪我をしてしまうこともしばしばあります。高いところから飛び降りたり、危険なもの近づいて怪我をしてしまうことがありますので、十分注意しましょう。

パピヨンの子犬の成長スピードは?

パピヨン 子犬

パピヨンは小型犬ですので、大型犬よりも早いスピードで子犬から成犬の体格にまで成長します。具体的には、生後9ヶ月から12ヶ月の間に成犬に達します。
しかし、パピヨンに関わらず子犬の成長には個体差があり、平均よりもゆっくりと成長するパピヨンの子犬もいます。また、体のサイズは成犬と同じでも、精神的にはまだ子犬の場合もあるため、成犬になる時期は一概には言えません。

生殖器官も成長し、パピヨンのメスは生後6ヶ月頃に1回目の発情期を迎えます。しかし、1回目の発情期の時点では生殖器官はまだ完全に発達していません。
生殖器官が成犬と同じ状態にまで発達するのは、3回目の発情期を目安とすると良いでしょう。

子犬のシャンプー・散歩を始める時期は?

パピヨン 子犬

パピヨンの子犬と、一緒に新しいことを始めるのは飼い主の大きな楽しみですよね。しかし、散歩やシャンプーなどの日常的なことも、始める時期や頻度を間違えると大変なことになってしまうかもしれません。
そのため、しっかりと危険性を理解した上で、適切な時期までは始めないように注意することが大切です。

子犬のシャンプーを始める時期は?

シャンプーは家に迎えた生後8週間頃から初めても大丈夫です。
しかし、パピヨンの子犬の毛は非常に柔らかく、刺激の弱いシャンプーでも被毛や皮膚にダメージを与えてしまう危険性もあります。
そのため、子犬の頃は汚れた時だけにシャンプーをし、少ない頻度に抑えておくことが大切です。

子犬の散歩を始める時期は?

子犬の散歩は予防接種後、数週間待ってから始めるようにしてください。予防接種をしないまま散歩をしてしまうと、病気になりやすい危険性があります。

子犬の質問はとりあえず獣医に相談を

子犬のシャンプーや散歩を始める時期に関して、質問や不安なことがたくさんある場合は獣医に相談することがおすすめです。
獣医は犬についての専門知識があり、それぞれの犬にあったアドバイスをしてくれます。また、獣医は様々なリスクや危険性を把握しており、初めての散歩やシャンプーをより安全にする方法を教えてくれるでしょう。

パピヨンの子犬と楽しい時間を!

パピヨン 子犬

パピヨンの子犬はコロコロとしていてとても可愛いです。しかし、パピヨンはあっと言う間に成犬にまで成長してしまい、子犬時代は長くは続きません。
そのため、短い子犬時代を大切に過ごし、存分に楽しんでくださいね。また、これからパピヨンとの楽しい生活のスタートとなる子犬時代にルールをしっかりと定着させ、明瞭なコミュニケーションを心がけるようにしてください。

  • 公開日:

    2019.11.13

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする