magazine

犬を迎える

2020.03.11

ジャーマンシェパードの子犬を迎える前に知っておくべき3つのこと

警察犬が活躍するかっこいい姿を見て、ジャーマンシェパードの子犬を迎えたいと考えている人もいるのではないでしょうか? しかし、ジャーマンシェパードは繊細で、しっかりと訓練をしてくれる飼い主さんが必要です。そのため、ジャーマンシェパードを迎える前に犬種の特質をよく知り、しっかりと備えることが非常に大切です。ここでは、ジャーマンシェパードの子犬を迎える前に知っておくべき3つのことを紹介していきます。

#ジャーマンシェパードドッグ

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ジャーマンシェパードの魅力とは?

ジャーマンシェパード 子犬

ジャーマンシェパードの子犬を迎える前に、まずはジャーマンシェパードの魅力をご紹介します。ジャーマンシェパードの魅力を理解してこそ、その魅力を最大限に引き出し、最愛のパートナーに育てることができます。また、ジャーマンシェパードの魅力は時には短所になってしまう危険性がありますので、それを防ぐために、ジャーマンシェパードの特質に合った育て方を把握することが重要となります。

ジャーマンシェパードは高い知能を持つ

ジャーマンシェパードと聞くと「賢い」という言葉が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか? ジャーマンシェパードは実際に非常に高い知能を持ち、訓練すればどんなことでも成し遂げられる犬種です。

家庭犬の基本的なしつけはもちろん、警察犬や麻薬探知犬などのハードな訓練も耐えられる気質を持っています。 しかし、この優秀な能力は訓練を重ねてこそ発揮させることができます。ジャーマンシェパードは賢いからこそ訓練の時間をしっかり確保しなければいけない犬種であり、迎える前に訓練やしつけの体制を整えておくことが重要です。

勇敢で闘争本能が強い性格

ジャーマンシェパードは勇敢で気質が安定しています。また、闘争意欲がありながらも素直です。 これらの性格は働く犬として非常な大切で有益であり、ジャーマンシェパードが使役犬として成功を収めてきた理由です。

しかし、これらの特質は訓練や育て方だけではなく、遺伝にも大きく影響されます。そのため、ジャーマンシェパードを迎える場合は親犬の気質を確認し、ブリーダーとよく相談することが大切です。

ジャーマンシェパードの子犬の成長スピード

ジャーマンシェパード 子犬

ジャーマンシェパードは生まれた時の重さはわずか500~1000gほどです。 しかし、ジャーマンシェパードは生後12ヶ月頃までに成犬と同じ体高と体重にまで成長します。最初の12ヶ月はどんどんと成長し、大きくなっていきます。

生後12ヶ月で成犬とほぼ同じ体高や体重になりますが、筋肉はまだまだ未発達です。徐々に重量感やパワフルさが増し、どっしりと存在感のある犬に成長していきます。

ジャーマンシェパードの精神的な成長

ジャーマンシェパードは成長をゆっくりと続け、3歳頃に身体的に完成します。精神的に子犬から成犬に成長する時期も同様に3歳頃です。ジャーマンシェパードの中でもオスの方がメスよりも精神的成熟のスピードが遅く、時間がかかることがあります。

ジャーマンシェパードは他の犬種に比べると精神的成熟に時間がかかり、ゆっくりと成長していきます。そのため、ジャーマンシェパードに無理をさせすぎず、個体に合ったスピードで訓練を進めていくことが大切です。

ジャーマンシェパードの体格・大きさに注意

ジャーマンシェパード 子犬

ジャーマンシェパードは体が大きい犬種です。そのため、ジャーマンシェパードを迎える前にジャーマンシェパードを飼育するためのスペースはあるか、運動させる場所があるか、きちんと訓練ができるかなどについて考えておくことが大切です。

さらに、犬は体が大きいほど費用もたくさんかかります。餌代はもちろん、獣医に連れていく費用や、毎月の予防薬を購入する必要があります。

そのため、スペースだけではなく、ジャーマンシェパードを養うのに必要な経済力があるかどうかについてしっかりと考えておきましょう。

ジャーマンシェパードの可能性は無限大!

ジャーマンシェパード 子犬

ジャーマンシェパードは育て方や訓練さえすれば色々なことができるようになる犬種です。しかし、きちんと育てて訓練をしないまま成犬になってしまうと、お互いが不幸になる可能性もあります。そのため、子犬を迎える前に自分が本当にジャーマンシェパードを飼育する準備ができているか、また、ジャーマンシェパードが自分のライフスタイルに合った犬種であるかどうかを考えてください。

  • 公開日:

    2019.11.10

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする