magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 犬の平熱は何度くらい?発熱や低体温になったときの症状や対処法を解説
健康管理 / 病気

2019.11.22

犬の平熱は何度くらい?発熱や低体温になったときの症状や対処法を解説

風邪を引いたとき平熱よりも熱が上がることがありますが、犬も同様に体調不良になると体温に変化が見られることもあります。そのため、愛犬の平熱を知っていることで一定の健康管理に役立てることが可能と言えます。そこで今回は犬の平熱の体温は何度くらいなのか?また、発熱したとき、低体温になったときの症状や対処法などについて解説します。

Author :docdog編集部

犬の平熱が何度か知っておこう

犬 平熱

犬の平熱は37.5~39.0度くらいです。日本人の平熱はおよそ36.6~37.2度なので、犬の方がだいぶ高いことが分かります。体温は、健康状態を確かめるためのバロメーターになるので、愛犬の平熱が何度なのか把握してみましょう。

小型犬の方が体温が高め

犬の平熱は体の大きさによっても差があり、小型犬の方が大型犬より高めです。

・小型犬の平熱:38.6~39.2度くらい
・大型犬の平熱:37.5~38.6度くらい

よって、例えば体温が39.0度あったとしても、小型犬は正常の範囲内ですが、大型犬の場合はやや微熱がある状態と言えます。間違えやすいので覚えておきましょう。

犬の平熱を測ってみよう!体温計の使い方

犬 平熱

それでは、実際に犬の平熱を知るために、体温を測ってみましょう。

体温の測り方

犬の体温は、肛門に動物用体温計(直腸温計)を水平に差し込んで測ります。体温測定のときは嫌がる場合も多いので、愛犬がリラックスした状態でいられるように心掛けましょう。難しい場合は2人体制で、1人が首から胴のあたりを押さえ、もう1人が測定をするのが望ましいです。

体温の測り方としては、まず尻尾の付け根を優しくつかんで、上に持ち上げます。そうすると肛門が少し開くので、体温計を2~3cmほど入れて測定終了のアラームがなるまで待ちます。なお、体温計にはオリーブオイルやワセリンなどを塗っておくと、肛門に入りやすくなります。肛門を傷つけないよう、ゆっくり優しく差し込んでくださいね。

また、できれば動物用の体温計を使うことが良いですが、もし手に入らない場合は人用の体温計で代用することも可能です。その場合は、犬と人で体温計を共用せずに、必ず使い分けるように注意しましょう。

平熱より体温が高い・低い場合の症状と対処法

犬 平熱

愛犬の体温が平熱よりも高い、もしくは低い場合は、いくつかの症状が見られます。異変を見逃さないように適切に対処しましょう。

平熱より体温が高い場合

平熱よりも体温が高い場合は、細菌やウイルスによる感染症、中毒、炎症性の病気、熱中症など、さまざまな病気が疑われます。なお、発熱しているときは、主に以下のような症状が見られます。

・呼吸が荒い
・元気がなく寝てばかりいる
・舌が赤い
・ふらつく
・耳が普段より熱くなっている

愛犬の普段の様子を知っておけば、上記の異変にすぐに気づいてあげられるでしょう。

対処法

愛犬の体温が平熱よりやや高いぐらいで、食欲があり比較的元気であれば、ひとまず様子を見て2~3時間後に再び体温を測ってみましょう。前回測ったときより体温が上がっている場合は何らかの病気である可能性が高いので、獣医師に診てもらいましょう。

なお、人間と同様、犬も体温が40度以上になっていたら緊急を要する状態です。急激な脱水症状を起こす場合もあるので、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。もし夜間で診療時間外だった場合は、最寄りの夜間救急動物病院に連絡して連れて行きましょう。

熱中症の場合においては、とにかく体を冷やしてできるだけ体温を下げることが最優先です。水で濡らしたタオルや水をかけて体を冷やしたり、タオルに包んだ保冷剤を、太い血管が通っている脇の下や鼠蹊部(そけいぶ)に挟んで体温を下げたりして応急処置をしましょう。その後、早めに動物病院に連れて行きましょう。

平熱より体温が低い場合

平熱より体温が低い場合は、低体温症になっていることが考えられます。低体温症とは、長時間寒い環境にいたり、病気の影響だったりなど、何らかの原因により体温が低くなってしまう状態です。以下のような症状が見られたら要注意です。

・体が冷たい
・体が震えている
・元気がない
・食欲不振
・血圧の低下
・筋肉の硬直

対処法

低体温になってしまったときは、愛犬の体を毛布でくるんだり、湯たんぽやペット用ホットカーペットなどを使ったりして体を温めてあげましょう。また、加湿しながら室温を暖かく保つ必要もあります。

そして体の外側からだけでなく、体の内側から温めることも大切です。食欲があれば、チキンの煮汁などを飲ませて温めてあげましょう。 なお、場合によっては点滴が必要なこともあるので、早めに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

愛犬の平熱を知って健康管理をしよう

犬 平熱

愛犬の体がいつもより熱く感じるときは、まず体温を測って確かめることをおすすめします。いつもより元気がない、ごはんを食べないといった場合には、早めに動物病院へ連れて行きましょう。愛犬の平熱を把握して、しっかりと健康管理をしてあげてくださいね。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!