magazine

食べもの

2019.11.07

犬×食べ物を知る!

愛犬に牛乳を飲ませても大丈夫?牛乳の栄養と注意点まとめ

私たち人間が日ごろから飲んでいる牛乳。ドラマや漫画などで拾った子犬に温めた牛乳を与えるシーンを見かけることもありますが、実際は犬に牛乳を飲ませても大丈夫なのでしょうか?今回は、牛乳を愛犬に飲ませても大丈夫なのか?を解説していきます。

#Foods

Author :南 健汰/ドッグライター

この記事をシェアする

犬に牛乳を飲ませても大丈夫?

犬 牛乳

牛乳はカルシウムのほかに良質なたんぱく質も含んでおり、私たち人間の生活にとって欠かすことのできない飲み物ですが、犬に飲ませても大丈夫なのでしょうか?

飲ませても大丈夫。しかし与えすぎに注意

結論から先に述べますと、犬に牛乳は飲ませても問題ありません。しかしながら、与えすぎには注意が必要と言えます。市販で販売されている牛乳はそもそも人間のために加工されていますので、犬の好みや身体のことを十分に考えられた配合になっている訳ではないことを留意してください。

犬に牛乳を飲ませることのメリット

犬 牛乳

犬に牛乳を飲ませることによるメリットは、その魅力的な栄養素にあると言えます。

たんぱく質を中心とした栄養補給

牛乳には良質なたんぱく質が多く含まれています。そのため、愛犬の貴重なたんぱく源として牛乳は効果的です。

ドッグフードと一緒に与えることで食欲増進に繋がる

愛犬が食欲不振でドッグフードをなかなか食べてくれない場合、少量の牛乳をドッグフードに混ぜてみましょう。 そうすることで、ドッグフードが美味しく感じられるようになり、愛犬の食欲増進に繋がることがあります。また、同時に水分補給をすることができます。

犬に牛乳を大量に与えてはいけない理由

犬 牛乳

そんな栄養豊富な牛乳ですが、犬に大量に牛乳を飲ませてしまうと、逆に様々なリスクがあります。 どんな食品も与えすぎは犬の身体に良くありませんが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

下痢になりやすくなる

牛乳には「乳糖」という成分が多く含まれています。この乳糖は犬の体内で分解しにくいため、牛乳を与えすぎると犬が下痢をしてしまうことがあります。

アレルギー反応が出る可能性がある

人間と同様、犬も乳アレルギーを持っていることがあります。 犬が牛乳を飲むことによって身体がかゆくなったり、嘔吐などをする可能性もあります。

太ることがある

牛乳には脂肪が多く含まれているため、犬に牛乳を大量に飲ませると肥満の原因になります。 また、高脂血症などを患っている犬は、日頃から脂肪分の少ない食事を与える必要がありますので、牛乳を飲ませることは避けたほうが良いでしょう。

犬に牛乳を与える際の注意点

犬 牛乳

愛犬が安心して牛乳が飲めるよう、飼い主さんがしっかりと牛乳の与え方を理解しておきましょう。

アレルギーがないか確認する

まず第一に愛犬に乳アレルギーがないか確認する必要があります。アレルギーは重度であれば命にかかわることもあります。 そのため、まずは愛犬に牛乳を飲ませて良いか動物病院へアレルギーチェックに行きましょう。

少量の牛乳を与える

牛乳の飲みすぎは、先述したように体調不良の原因にも繋がります。 そのため犬に牛乳を与える際はまず少量を与えて、下痢をしないかどうか、経過を見ながら牛乳の量を調節してあげると良いでしょう。

牛乳の与え方を工夫することで、愛犬の栄養補給のひとつに

犬 牛乳

牛乳は、与え方によっては犬の健康的な身体を保つために必要な食品になります。しかし、何事も適量があります。 アレルギーや与えすぎに注意し、愛犬の健康維持に役立ててみてはいかがでしょうか?

◎ライタープロフィール
南健汰

南 健汰/ドッグライター

大自然溢れる北海道でドッグトレーナーとして犬を訓練した経験を活かし、2012年より執筆活動を開始。ボーダーコリー2頭、サモエド2頭、猫2頭と暮らしている。犬との生活で大切にしているのは、犬も自分も思い切り楽しむこと。訓練士協会A級ライセンス保持。

この記事をシェアする