magazine

白と茶色の毛の犬が器に入った牛乳を一心不乱に飲んでいる
食べもの
鉛筆アイコン

2021.10.22

犬×食べ物を知る!

犬に牛乳を与えてはいけない理由!誤って飲ませてしまった場合の対処法

栄養豊富な牛乳を犬に与えたいと思う方も多いのではないでしょうか。しかし、実は牛乳を犬に飲ませることはおすすめできません。一体なぜ犬に牛乳を与えてはいけないのでしょうか?
今回は、犬に牛乳を与えてはいけない理由や飲ませてしまったときの症状・対処法についてご紹介します。

#Foods

KANAKO/トリマー

犬に牛乳は与えないほうがいい

白と茶色と黒の毛の犬が哺乳瓶に入った牛乳を飲んでいる

人用の牛乳には、三大栄養素であるタンパク質や脂質、炭水化物のほか、カルシウムやビタミン類などの豊富な栄養が含まれています。人間の体にはいい働きをする牛乳ですが、体の作りが違う犬にはメリットよりもデメリットの方が多いため、与えない方がいいでしょう。

どうしても犬に牛乳を与えたい場合は、犬用の牛乳やミルクなども販売されていますので犬用の牛乳を与えることをおすすめします。

犬に牛乳がおすすめできない理由

白と茶色の毛の犬が皿に入った牛乳を飲んでいる

牛乳が犬に与えない方がいい理由には、牛乳の成分が関係しています。

お腹を壊してしまう

人用の牛乳には、乳糖(ラクトース)という成分が多く含まれています。犬にはこの乳糖を分解するラクターゼという消化酵素が少ないため、お腹を壊しやすくなります。

人間でも牛乳を飲むとお腹を壊してしまう人は、ラクターゼが少ないためではないかと言われています。

アレルギーを起こしてしまう

犬の体質によっては牛乳を飲んで、牛乳アレルギーになってしまうこともあります。このアレルギーを持つ犬は、少し飲んだだけでもアレルギー症状を起こし、症状がひどくなると腹痛や嘔吐などの症状があらわれることがあります。

栄養過多

さまざまな栄養が豊富な牛乳は人間には健康にいい食品でも、犬には栄養が過剰となり肥満だけではなく、他の病気を発症してしまう可能性が高くなります。また、持病を持っている犬には悪影響を及ぼすこともありますので、与えるときにはより注意が必要です。

犬に牛乳を与えてしまった場合の対処法

サングラスをかけた茶色と白の毛の犬が牛乳の入ったグラスにストローを差して飲んでいる

もし、人用の牛乳を愛犬が飲んでしまったときにどのように対処すればいいのでしょうか。

愛犬の様子や体調をチェックする

万が一、人用の牛乳を飲んでしまったときには、愛犬の様子を注意深く見てあげてください。何も症状が出ないこともありますが、下痢やアレルギー症状が出ていないかしっかりとチェックしてあげましょう。

下痢をしてしまったら

1、2回程度の下痢で治まるようであればお家で様子をみる程度でもいいですが、頻繁に下痢を繰り返す場合はぐったりとしたり、脱水を起こしてしまう可能性がありますので、早めに動物病院を受診することをおすすめします。

犬が牛乳を飲んだ場合に考えられる症状

ベージュの毛の犬が雉ネコと茶色の毛のネコと共に牛乳や料理が用意された机の前に座っている

犬が牛乳を飲んだときの下痢以外の症状を見ていきましょう。

アレルギー症状

牛乳にアレルギーを持つ犬は、ほんの少し飲んだだけでもアレルギー症状を起こす犬もいます。下痢だけではなく、湿疹や脱毛などの症状があらわれることもあります。

牛乳にアレルギーがある犬には犬用の牛乳やミルクにも反応してしまう場合がありますので、与えるときには注意が必要です。

尿路結石

骨を丈夫にするカルシウムを豊富に含む牛乳ですが、シュウ酸と結びつくことで尿結石を作り出しやすくなります。

尿結石になると頻尿や血尿などの症状がみられ、尿道が詰まってしまうとオシッコを出すことができなくなり、結石の大きさによっては手術が必要となる場合もあります。

肥満

もともと牛乳は、子牛が成長するために必要な栄養が含まれているので栄養満点です。カロリーも高いため、飲ませ続けていると肥満の原因となってしまいます。

犬に牛乳を与えるときには犬用を与えましょう

クリーム色の毛の犬が哺乳瓶に入った牛乳を飲んでいる

人用の牛乳は犬によっては下痢などをせずに飲む子もいますが、多くの犬は下痢やアレルギーなど体調に異変をもたらす場合が多くなります。

もし、犬に牛乳を与えたいときには、犬用のものを与えるようにし、体調の変化をよく観察してあげてくださいね。

  • 公開日:

    2019.11.07

  • 更新日:

    2021.10.22

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • KANAKO
  • トリマー
  • ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。 普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。