magazine

ハーネスをつけている老犬のダックスフンドが公園のベンチで飼い主と座っている
グッズ
鉛筆アイコン

2021.06.28

老犬にハーネスがおすすめ!注意点やおすすめ商品・手作りハーネスも紹介

愛犬が歳を重ねて老犬と言われる頃になっても、毎日の散歩は無理のない範囲で欠かさず行いたいものです。
足腰が弱くなってきた老犬には、首輪とリードの組み合わせではなく、ハーネスとリードにするのがおすすめの散歩スタイルです。
今回は、老犬にハーネスを使う時には、どのような点に注意するべきなのかを、おすすめのハーネスと共に紹介します。

#ハーネス

docdog編集部

老犬にハーネスが必要なタイミング

老犬のダックスフンドがハーネスをつけて公園でお座りしている

一般的に、犬のシニア期は7歳を超える辺りから始まると言われますが、老いのスピードや進み方は小型犬と大型犬とでは大きく違いますし、同じ犬種であっても個体差があります。足腰の衰えについても、若い頃にしてきた運動量によっても違いますので、老犬だからハーネスとは一概には言えませんし年齢で区切るのも少し難しいところです。

タイミングの目安

首輪からハーネスへの切り替えをおすすめするタイミングとしては以下のポイントが目安になります。

  • 散歩を嫌がるようになってきた
  • 平坦な場所でも歩くのが少し辛そうになってきた

この2つをポイントにしておくと良いでしょう。

この記事もチェック!

老犬にハーネスを使う時の注意点

ハーネスをつけた老犬が台の上で寝そべっている

老犬にハーネスを使う時に最も注意しなければいけないのは、愛犬の体に合っているものを使用できているかという点です。少しでも華やかで可愛らしいハーネスを選びたい飼い主さんの気持ちは分かりますが、優先すべき点は愛犬が快適に過ごせているかです。

着脱も考慮にいれる

ハーネスの着脱もしやすい方が飼い主さんの負担だけでなく、それを待つ間の愛犬の負担も軽減することができます。デザイン性を重視して胴回りのベルトが細すぎてしまったり、着脱がやりにくくて結局買い直すようなことになったりしないように、購入前にしっかりと吟味するようにしてください。

老犬に合うハーネスの選び方

足の悪い老犬がハーネスと足の介護器具をつけて公園で散歩している

老犬にハーネスを使う時には、体にきちんとフィットしたものを選ぶようにします。
ハーネスを一度試着して購入するのがおすすめですが、遠出ができないなどで試着が難しい場合には、胴回りの一番太い場所のサイズを正確に計測してからハーネスを購入するようにしてください。

歩行をサポートしてくれるハーネス

ハーネスを老犬になってから買い求めるのであれば、胴回りをしっかりと支えることができて、かつ歩行をサポートしてくれるタイプのハーネスがおすすめです。足腰が段々弱くなり、坂道や階段の昇り降りが辛くなってきたとしても、歩行をサポートしてくれるタイプのハーネスであれば、飼い主さんが少し力を貸してあげるだけで楽に歩けるようにもなります。
ただし、この時飼い主さんが必死に力を込めて持ち上げるのではなく、あくまでもサポートとして老犬が歩く手助けをしてあげる程度にしてください。

老犬におすすめのハーネスを紹介

老犬のダックスフンドがハーネスをつけて散歩に行きたがっている

老犬におすすめできるハーネスを紹介します。

ベストエアメッシュ ハーネスとリードのセット

お腹周りを包み込むようにしっかりとサポートしてくれるハーネスです。
生地はソフト素材でメッシュになっていますので、夏場も蒸れるようなことがありません。足腰が少し弱り始めた頃におすすめのハーネスです。

  • 商品名:SMALLLEE_LUCKY_STORE/ベストエアメッシュ
  • Amazonで見る

PETBABA 歩行補助ハーネス

老犬の歩行補助をスムーズに行えるようにと考えて作られたハーネスです。フロントストラップが付いていますので、胴回りのベルトがすれてしまうようなこともありません。
飼い主さんの持ち手も長さが調整できるようになっていますので、使う人によってサポートしやすい長さに簡単に変えることができます。

老犬のハーネスを手作りする

老犬の柴犬がハーネスをつけてお座りしている

老犬のハーネスで気に入ったものが見つからなかったり、費用をおさえたい、愛犬の体にしっかりと合うハーネスにしてあげたいというときには手作りでハーネスを作るという方法もあります。
手作りのハーネスは愛犬が気に入った素材にすることができ、違和感なく装着できるというメリットがあります。ただし既成品のハーネスよりも強度が足りないといったデメリットもあるため、介護用ハーネスを手作りする際には注意も必要です。

ハーネスを手作りする方法

老犬のハーネスを手作りするには、体を支える布生地とベルト生地、マジックテープを使います。
布生地を胴体の大きさに裁断して背中でマジックテープで留められるようにして、胸部分と左右にベルトを縫い合わせていきます。
老犬がどういう状態なのか、どうサポートしてあげたら良いのかをまず考えてから、それに応じて工夫してハーネスを手作りしてみましょう。

この記事もチェック!

ハーネスをつけて老犬の散歩をサポートしよう

黒い毛をした老犬がハーネスをつけて砂浜を散歩している

老犬の散歩は、ハーネスを使用することで歩くことが少し楽になり、それまで散歩を嫌がっていた犬も喜んで行くようになることもあります。
ただし、いくらハーネスにしたからといって、足腰が強くなった訳でも体力が増量する訳でもありません。
歩行サポートをしてあげることで散歩に長く行きたがるようになるかもしれませんが、老犬であることに変わりはありませんので、運動は大切ですが無理のない範囲で行うようにしてください。

この記事もチェック!
  • 公開日:

    2019.11.26

  • 更新日:

    2021.06.28

いいなと思ったらシェア