magazine

お手入れ

2020.03.11

マルチーズのセルフカット。事前にやることや便利アイテムを紹介

純白で光沢のあるマルチーズの被毛を美しく保つには、定期的なカットが必要です。カットはトリミングサロンだけでなく、自宅で行うこともできます。

トリミングサロンを毎回利用するとそれなりの費用がかかってしまいますが、自宅でカットできるようになれば、経済的な負担が減り節約に有効です。
そこで今回は、マルチーズのセルフカットの際に事前にやっておくべきことや、揃えておきたい便利アイテムなどについてご紹介します。

#マルチーズ

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

マルチーズの毛質・換毛期を知っておこう

マルチーズ カット

まず、マルチーズの毛質や換毛期について理解しておきましょう。

毛質

純白のマルチーズの被毛は、シルクのように滑らかな手触りで、床につくぐらいどんどん伸びる性質を持っています。
被毛を長く伸ばして優雅な雰囲気を楽しむことも可能ですが、日々の手入れをしやすくしたい場合は、月に1回カットをして一定の長さに保つ必要があります。

換毛期がないシングルコート

マルチーズは、体温調節の役割をするアンダーコート(下毛)が生えてない、シングルコートと呼ばれる1重構造の被毛なため換毛期はありません。

ただし、換毛期はなくても1年を通して少しずつ毛が抜け落ちて、新しい毛に生え変わっています。
抜け毛をそのままにしていると毛玉ができやすくなり、カットがスムーズに進められなくなるため、普段からブラッシングをして抜け毛を取り除いておくことが大切です。

カット前のブラッシングのコツ

マルチーズ カット

マルチーズの被毛をカットする際は、いきなりカットを始めるのではなく、カットする前に全身をピンブラシやコームでブラッシングをして抜け毛を取り除きましょう。
また、毛玉ができている場合は、スリッカーブラシで毛玉をほぐしておく必要もあります。
このように毛の流れを整えておくことで、カットがしやすくなります。

毛玉のほぐし方

マルチーズの被毛はとても細いため絡まりやすく、毛玉ができてしまうことも少なくありません。特に耳の裏の付け根や脇の下、内股や尻尾など、動いてよく擦れる箇所は毛玉ができやすい傾向にあります。

毛玉をほぐす際はまず毛玉の根元を持ち、皮膚に当たらないように気をつけながら、優しくスリッカーブラシで毛玉をほぐしていきます。
毛玉がほぐれたら最後にコームでとかして、毛のもつれがないか確認をしましょう。コームが滞りなく通れば完了です。

揃えておきたい自宅カットでの便利アイテム

マルチーズ カット

マルチーズの被毛のカットは、肉球の間の毛→四肢→胴体→顔と順番に行っていきます。
その際に揃えておきたい、いくつかの便利アイテムをご紹介します。

富士山シザー ペット用シザー

富士山シザーのペット用シザーは、カットハサミとすきバサミがセットになっています。
すきバサミはカットしたところの形をぼかせるため、初心者に特に役立つアイテムです。

熟練した職人が丁寧に作っているほか、お手入れセットも付いているため、長く愛用していかれるでしょう。

Amazon商品ページはこちら

ペティオ 部分カット用バリカン

ペティオの部分カット用バリカンは、顔まわりや肛門まわりの毛、肉球の間に生えている伸びすぎた毛など、細かな部分のカットに向いているバリカンです。
カットの長さを1mm、3mm、6mm、9mm、12mmと調整できるアタッチメントが付いているので、カットする部分に合わせて使い分けられるのが嬉しいポイントです。
細かな部分はハサミでカットしづらく、肉球や皮膚を傷つける恐れがあるので、部分カット用のバリカンは心強いアイテムといえるでしょう。

Amazon商品ページはこちら

KUDI 高級ステンレス製ペットトリミング用コーム

KUDI 高級ステンレス製ペットトリミング用コームは、荒目と細目を兼ね備えたコームです。荒目は毛のもつれをほぐすのに、細目は毛の流れを整えるのに役立ちます。また、人間工学に基づいて使いやすく設計されているのも特徴です。

コームはカット時はもちろん、カット前のブラッシングの際にも使うので、必須アイテムといえます。

Amazon商品ページはこちら

マルチーズのセルフカットにトライ!

マルチーズ カット

マルチーズは、定期的な被毛のカットが必要です。プロのトリマーさん並みに美しい仕上がりにならなくとも、自宅でも十分きれいにカットしてあげられます。
ペット用のカットハサミや部分用バリカン、1本で2つの役割を果たすコームなど、自宅でのカットに役立つ便利アイテムは数多く販売されています。
純白で美しい被毛はマルチーズの大きな魅力です。月に1回カットして美しい姿を保っていきましょう。

  • 公開日:

    2019.11.16

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする