magazine

犬種図鑑

2020.03.11

柴犬の性格とは?上手なしつけ方・育て方のポイントを解説

日本で古くから人間とともに暮らしてきた柴犬は、今もなお高い人気を誇る犬種です。その人気の秘訣は外見の可愛らしさだけでなく、日本犬ならではの魅力的な性格にもあります。
そこで今回は、柴犬の性格の特徴から育て方・接し方のポイントまでまとめました。

#柴犬

Author :新井 絵美子/動物ライター(監修:阿片 俊介/クロス動物医療センター 主任動物看護師)

この記事をシェアする

柴犬はどんな性格?日本犬ならではの魅力がいっぱい!

柴犬 性格

ピンとした三角の立ち耳と黒々とした丸い瞳で、愛らしい表情がとっても魅力的な柴犬ですが、外見だけでなく性格にも素晴らしい特徴があります。

忠実で忍耐強い

かつては猟犬として飼い主と共に行動し活躍していたことから、飼い主に対し非常に忠実です。
飼い主の指示であれば忠実に守ろうとし、目的を達成するために忍耐強く行動します。飼い主との繋がりをとにかく大切にし、飼い主のそばにいることを好みます。

もの覚えが良く賢い

飼い主に言われたことに反応し、しっかりと覚える頭の良さも柴犬の魅力です。トレーニングのし甲斐があり、しつけ次第で落ち着いて行動できる賢い犬へと成長していきます。

柴犬の性格を理解して、賢くしつけよう

柴犬 性格

犬も飼い主もストレスを抱えず、良い関係を築いて暮らせるよう、柴犬の育て方のポイントをご紹介します。

早いうちから社会化トレーニングをする

柴犬の子犬を家族として迎えたら、早いうちから進めておきたいのが社会化トレーニングです。社会化トレーニングとは、他の犬や人間社会に適応する力を養うためのトレーニングのことを言います。

生後3ヶ月半ごろまではまだ警戒心などが芽生えてなく、あらゆることをどんどん吸収することができる「社会化期」と呼ばれる時期です。
そのため、この社会化期に家族以外の人や他の犬にたくさん会わせたり、色々な物事を経験させたりしておくと社会性が身についていくほか、何か知らない出来事に遭遇しても、落ち着いて行動できるようになっていきます。

柴犬は頑固な一面も持ち合わせていることから、気難しい性格と言われることがありますが、そのような性格が前面に出るかどうかは、社会化期をどう過ごすかにかかっていると言えるでしょう。社会化トレーニングをしっかりと行えば、人懐っこくフレンドリーな性格に十分なり得ます。

毎日運動や遊びを取り入れる

小型犬に分類されている柴犬ですが、中型犬並みの運動量が必要な犬種です。毎日1時間以上は散歩をするようにしましょう。運動欲求が満たされないと、ストレスから無駄吠えなどをするようになることがあります。

また、利発的な性格を活かし、コングなどの知的玩具で遊ばせるのもよいでしょう。遊びながら考える力を養える指摘玩具は、柴犬に向いています。
加えて、一緒に遊ぶ時間も設けるようにしましょう。おもちゃがあれば犬はひとりでも遊べますが、ときには飼い主が遊び方を工夫しながら変化を持たせて遊ぶと、犬にとってよい刺激になるほか、コミュニケーションにもなります。

柴犬の性格を理解した育て方とは

柴犬 性格

子犬のうちからスキンシップをとって、体を触られることに慣れさせておきましょう。

スキンシップは徐々に行うことがポイントです。というのも、柴犬は猟犬であったことから、警戒心が強い気質を持っているため、抱っこされたり触られたりすることが、あまり得意ではないからです。犬がリラックスしているときに、少しずつスキンシップをとると良いでしょう。

体を触られることを嫌がると、本来は自宅でできるお手入れができない、動物病院での診察時に暴れてしまい十分に検査ができないなど、何かと支障をきたすことが考えられます。
よって、子犬のころから体のどの部分を触られても大丈夫なように慣らしておく必要があります。

柴犬の性格は飼い主想い!どんな人にもおすすめ

柴犬 性格

飼い主に忠実で愛情深く接してくれる柴犬は、犬を飼うのが初めての人だけでなくどんな人にもおすすめの犬種です。
成犬の性格形成に大きく影響する社会化期に、家族以外の人や犬、外の景色や出来事などに触れる機会を多く持ち、社会に適応する力を養えば、フレンドリーに接することができる成犬へと成長していくことでしょう。
日頃からスキンシップや、遊びを通じたコミュニケーションなども積極的に取り、強い信頼関係を築いていってください。

◎監修者プロフィール
阿片 俊介

阿片 俊介/クロス動物医療センター 主任動物看護師

茨城県出身。日本獣医生命科学大学を卒業し、認定動物看護師の資格を取得。 千葉県の動物病院に勤務後、動物用医薬品販売代理店にて動物病院への営業を経験。 犬とのより良い暮らしをサポートできるよう、飼い主の方の気持ちに寄り添いながら、安心して正しい情報をお伝えできるよう心がけています。

◎ライタープロフィール
新井 絵美子 動物ライター

新井 絵美子/動物ライター

2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。
過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。

  • 公開日:

    2019.11.01

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする