magazine

健康管理 / 病気

2020.03.11

ヨークシャテリアの体重管理。標準体重や食事・運動で気をつけたいこと

ヨークシャテリアといえば華奢で愛らしい姿が思い浮かぶかと思いますが、体格の個体差が大きい犬種であるため体重に差があります。 そこで今回は、ヨークシャテリアの標準体重や理想体型の判断方法をはじめ、食事や運動による体重管理のポイントなどについてご紹介します。

#ヨークシャテリア

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ヨークシャテリアの標準体重はどれくらい?

ヨークシャテリア 体重

チワワに次いで体が小さいと言われているヨークシャテリアの標準体重は、2~3kg程度です。ただし、ヨークシャテリアは体格の個体差が大きい犬種なので、2kgに満たない個体もいれば、5kgを超える個体もいます。

よって、体重だけで肥満かどうかを判断するのは難しいため、ボディコンディションスコア(BCS)を参考にするとよいでしょう。

ボディコンディションスコア(BCS)とは

ボディコンディションスコア(BCS)とは、犬の見た目や体に触れることで、やせすぎ・やせぎみ・理想的な体型・太りぎみ・肥満を評価する指標です。

理想的な体型は、横から見たとき腹部が程よく引き締まり吊り上っている、上から見たとき腰にくびれがある、体を撫でたとき肋骨を触ることができる状態です。そしてこの理想的な体型が、愛犬にとっての適正体重となります。

腹部の吊り上がりや腰のくびれが見られず、肋骨もどこにあるのか触って確認できないようであれば肥満です。逆に、腹部の吊り上がりや腰のくびれが顕著で、肋骨が浮き出てしまっているような場合はやせすぎです。

毛が長めのヨークシャテリアの場合は、腹部や腰のくびれの状態が分かりづらい場合もあるので、体に触って脂肪の付き具合を確認するようにしましょう。

ヨークシャテリアの食事面で気をつけたいこと

ヨークシャテリア 体重

ヨークシャテリアの体重管理をするにあたり、食事面で気をつけたいことを覚えておきましょう。

適切な食事量を与える

成長期は健康な体を形成するために、十分な栄養が必要です。そのためドッグフードの袋に記載されている給与量の目安をもとに、適切な量を与えるようにしましょう。

先述の通りヨークシャテリアの体のサイズは、個体により大きく異なることも珍しくありません。体重の増加が著しいのは生後6ヶ月頃までですが、この時点で思っていたよりも大きいからと、フードの量を減らして体重の増加を抑えたりするのはNGです。

成犬時のおおよその大きさは遺伝的な要素により決まるので、無理な体重コントロールをせず、適切な量のフードを与えて栄養をしっかりと摂取させるようにしましょう。

便の状態も確認して食事量を調整する

食事量が適切かどうかは、愛犬の便の状態からもある程度判断できます。便が軟らかすぎる場合はフードの量が多すぎている、反対に便がコロコロとしており硬い場合は、フードの量が少ないことが考えられます。

ただし便の状態は体調など、フードの量以外のことでも変化するため、獣医師に相談しながら食事量を調整していきましょう。

食が細い場合は高タンパク質・高カロリーのフードを

ヨークシャテリアは食欲にムラがある場合も多く、食が細い個体もいます。食が細くやせぎみの場合は、高タンパク質・高カロリーに調整されているフードがおすすめです。このようなフードであれば、少量でも犬にとって重要な栄養素であるタンパク質や、必要なエネルギー源が摂取できます。

ヨークシャテリアに必要な運動量は?

ヨークシャテリア 体重

超小型犬であるヨークシャテリアは運動量が少ない犬種なので、家の中で遊ばせるだけでも運動はさせられますが、朝晩それぞれ10~20分程度、散歩に連れて行くようにしましょう。散歩は肥満予防になるだけでなく、犬にとって気分転換になる大切な時間だからです。

肥満になると糖尿病や心臓病、関節炎など、さまざまな病気を引き起こしやすくなるので、運動により肥満を防ぐことは非常に大切です。

適正体重を知った上でヨークシャテリアの体重管理を!

ヨークシャテリア 体重

一般的にヨークシャテリアの体重は2~3kg程度であることが多いですが、がっしりした体格や華奢な体格など個体差が大きいため、標準的なサイズの範囲外のこともあります。そのため、ボディコンディションスコアの基準を参考にし、愛犬の適正体重を把握しておきましょう。

食事と運動の両面から体重管理をして、愛犬のヨークシャテリアがいつまでも健康に過ごせるようにしてあげてくださいね。

  • 公開日:

    2019.11.10

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする