magazine

お手入れ

2019.12.02

犬の毛色の種類は豊富!珍しい毛色の呼び方や特徴を画像で覚えよう

犬の毛色は、実にたくさんの種類・呼び方が存在します。そして毛色の呼び方には、ホワイトやブラック・ブラウンなど、毛色を想像しやすいものもあれば、フォーンやブルー・ブラック&タンなど、呼び方から毛色のイメージがしづらいものもあります。今回は、ちょっぴり独特な呼び方をする毛色から定番の毛色まで、犬の毛色の呼び方を、代表的な犬種と合わせて「画像付き」でご紹介していきます!

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬の毛色の種類|定番の呼び方

犬の毛色の種類は実に豊富です。ここでは、まずイメージしやすい定番の毛色の種類・呼び方からご紹介していきます。

犬の毛色の種類(1):ブラック

犬 種類 毛色

犬の毛色の「ブラック」とはその名の通り、真っ黒な毛色のことを指します。一概にブラックと言っても艶のあるタイプとないタイプが存在しており、また、加齢に伴いマズル辺りで白髪が目立つようになってくることもあります。

ブラックの代表的な犬種は、トイプードル、アメリカン・コッカースパニエル、フラットコーテッド・レトリバー、スパニッシュ・ウォーター・ドッグなどです。

犬の毛色の種類(2):ブラウン

犬 種類 毛色

「ブラウン」とは茶色もしくは茶色に近い毛色を指します。チョコレート、ダークブラウン、グレーブラウンなどと呼ぶこともあります。

ブラウンの代表的な犬種はラブラドール・レトリバー、スタンダード・プードル、ドーベルマンなどが挙げられます。

犬の毛色の種類(3):ホワイト

犬 種類 毛色

「ホワイト」とは純白な毛色のことで、体毛の中にほとんど色素を含んでいない毛色を指します。年齢を重ねることで、ややクリームがかった毛色に成長することもあります。

ホワイトの代表的な犬種はマルチーズ、サモエド、ウェスト・ハイランド・ホワイトテリア、ビション・フリーゼなどが挙げられます。

犬の毛色の種類|珍しい呼び方

続いて、ちょっぴり想像しにくい犬の毛色をご紹介していきます。

犬の毛色の種類(4):レッド

犬 種類 毛色

「レッド」と言うと赤べこや血液のような鮮やかな赤色を想像すると思いますが、犬の毛色の『レッド』とは赤みを帯びているブラウンの毛色のことを指します。なお、濃淡の差が大きいため、同じレッドでも見た目の印象はだいぶ異なります。

レッドの代表的な犬種はトイプードル、イングリッシュ・コッカースパニエル、チャウチャウ、アフガンハウンド、シャーペイ、ブル・マスティフなどです。また、レッドのように赤褐色ではあるものの、もう少し暗い色においては「レバー」と呼ぶこともあります。

犬の毛色の種類(5):ブルー

犬 種類 毛色

「ブルー」の犬の毛色と聞いても全くピンとこないかと思いますが、ブルーとは青みがかったグレーや、黒みを帯びたグレーの毛色のことを指します。ブルーも濃淡の幅が広く、濃淡の具合によりライトブルーやダークブルーと呼びます。

ブルーの代表的な犬種は、イタリアン・グレーハウンドやワイマラナー、ベドリントン・テリア、トイプードル、グレーハウンドなどが挙げられます。

犬の毛色の種類(6):フォーン

犬 種類 毛色

「フォーン」とは、ゴールドを帯びたブラウンの毛色のことです。フォーン(Faun)は英語で「子鹿」を意味する言葉であることから、子鹿のような毛色を表す呼び方として用いられるようになりました。やや黒い差し毛が入っているのも特徴です。

フォーンの代表的な犬種は、パグやフレンチブルドッグ、グレートデン、ボクサー、ブルドッグ、シャーペイなどが挙げられます。

犬の毛色の種類|複数カラーの呼び方

複数の毛色が混ざっている場合、例えば「ブラック&ホワイト」といったように2種類の毛色を並列して呼ぶ場合もありますが、犬用語ならではの呼び方がついていることもあります。

ブリンドル

犬 種類 毛色

ブリンドルは、地の毛色に他色の差し毛が全体的に入っている毛色のことをいい、虎の模様のように見えるのが特徴です。そのため、別名「タイガーストライプ」ともいいます。

例えばフォーンブリンドルの代表的な犬種は、フレンチブルドックやウィペット、マスティフ、ブル・マスティフなどが挙げられます。

レッドブリンドルは、ウェルシュ・コーギー・カーディガンやスコティッシュテリア、グレーハウンド、ブルテリア、ブルドッグ、グレートデンなどです。

なお、日本犬に対してはブリンドルではなく「胡麻色」という呼び方をします。地色のレッドに黒の差し毛が全体的に入っている場合は「赤胡麻」、地色のブラックに他色の差し毛がまんべんなく入っている場合は「黒胡麻」といいます。

パーティーカラー

犬 種類 毛色

パーティーカラーはホワイトの地色に、1~2色の斑がはっきりと体に入っている毛色です。「パイボールド」や「パイド」とも呼ばれています。

パーティーカラーの犬種例としては、パピヨンやポメラニアン、アメリカン・コッカースパニエル、チベタンスパニエル、ローシェン、イングリッシュ・コッカースパニエルなどが挙げられます。

トライカラー

犬 種類 毛色

トライカラーはブラックとホワイト、「タン」と呼ばれる黄褐色の3色からなる毛色です。タンは目の上や口元、四肢の先端に入っていることが多いです。

トライカラーの代表的な犬種は、シェトランドシープドッグやラフ・コリー、バーニーズ・マウンテンドッグ、ビーグル、オーストラリアン・シェパード、イングリッシュセッター、トイフォックステリアなどが挙げられます。

イメージしづらい犬の毛色の種類は飼う前に確認を!

犬 種類 毛色

今回ご紹介した毛色はほんの一部で、犬の毛色にはまだまだたくさんの種類があります。もしどんな毛色か想像しづらい呼び方があった場合は、家に迎える前に販売主に確認するといいと思います。どんな毛色のコであっても愛すべき家族には違いありませんが「想像していたのと違う」といった理由で、手放すことのないようにぜひともお願いします。なお、どの毛色も色の濃淡に幅があり、同じ毛色であっても見た目のイメージが変わってくることがあるのを覚えておきましょう。

  • 公開日:

    2019.11.05

  • 更新日:

    2019.12.02

この記事をシェアする