magazine

犬種図鑑

2020.03.12

犬と過ごす幸せな時間

カニンヘンダックスフンドってどんな犬種?性格・特徴・大きさ・体重のこと|犬種図鑑

長い胴と短い足がチャームポイントのダックスフンドですが、ダックスフンドと言えばミニチュアダックスを想像される人も多いですよね。体重が3kgくらいの小さいサイズのダックスフンドのことを“カニンヘンダックスフンド”と言います。今回は、そんなカニンヘンダックスフンドの犬種の成り立ち・特徴・性格・基本的な育て方などの情報をお届けします。

Author :KANAKO/トリマー

この記事をシェアする

最初に知っておきたいカニンヘンダックスフンドの歴史

カニンヘンダックス

ダックスフンドは大きさごとにスタンダードダックスミニチュアダックス、カニンヘンダックスの3つに分類されています。一番小さいサイズをカニンヘンダックスフンドと言います。

獲物の大きさに合わせて小型化

ダックスフンドは中世の頃に原産国であるドイツで誕生しました。当時は体重が15kgもある大きいサイズで、アナグマの狩りを行う狩猟犬として活躍していました。

19世紀ごろから獲物の大きさに合わせてダックスフンドを小さくする繁殖が進み、カニンヘンダックスが生まれました。カニンヘンダックスフンドは小さいアナウサギの狩りをしてたため、原産国のドイツでは、ラビットダックスと呼ばれているそうです。

カニンヘンダックスフンドの身体的特徴・見た目・大きさ

カニンヘンダックスフンド

続いて、カニンヘンダックスフンドの身体的特徴を見ていきましょう。

カニンヘンダックスフンドの体型・体重・体質

カニンヘンダックスフンドは胸囲30cm以下、体重3.2~3.5kgの小型犬です。体長は体高の約1.8倍もある胴長短足の体型をしています。

(参考)
ミニチュアダックスは胸囲30~35cm、体重4.5~4.8kg
スタンダードダックスは胸囲35cm以上、体重9~12kg

カニンヘンダックスフンドの被毛タイプ・毛色・抜け毛

■被毛

カニンヘンダックスフンドは3つの被毛の種類があります。
・スムースヘアード:光沢のある短毛
・ロングヘアード:やわらかい長毛
・ワイヤーヘアード:硬めの長毛

■毛色

カニンヘンダックスフンドにはたくさんの毛色があります。
・単色:レッド、レディッシュ・イエロー、イエロー(クリーム)、黒いさし毛(シェーデッド)
・2色:ブラック&タン、ブラック&イエロー、ブラウン(チョコレート)&タン、ブラウン&イエロー
・その他の色:ダップル(大理石模様)、ブリンドル(縞目)など

ワイヤーヘアードは上記の色のほかにワイルドボア(イノシシ色)、枯葉色の単色も認められています。

■抜け毛

カニンヘンダックスフンドは時期により毛が生えかわるため抜け毛あります。被毛の種類により抜け毛の量は違います。
・スムースヘアード:密に生えているため、抜ける時期になると目立つ
・ロングヘアード:毛が長いため抜け毛も多く、もつれや毛玉になりやすい
・ワイヤーヘアード:比較的抜け毛は少ない方ですが、毛が伸びる

カニンヘンダックスフンドの寿命・かかりやすい病気

カニンヘンダックスフンドの平均寿命は14~17歳と言われています。生活環境や病気などによって寿命は変わってきます。 カニンヘンダックスフンドは小さく体重も軽いですが、胴長短足で足や腰に負担がかかりやすい体型をしているため、椎間板ヘルニアになりやすいです。

活発で運動量も多いので、階段の上り下りやジャンプは出来るだけさせないようにしましょう。
また、夏場の散歩は特に注意が必要です。体が地面に近いので、熱中症になりやすくなります。早朝や夕方など涼しくなる時間帯に変えてあげましょう。

カニンヘンダックスフンドの性格

カニンヘンダックスフンド

ここでは、カニンヘンダックスフンドの性格の傾向についてご紹介します。

陽気で好奇心旺盛

カニンヘンダックスフンドは陽気で好奇心旺盛な性格です。遊ぶことが大好きなので、ボールやおもちゃを使って一緒に遊んであげるといいでしょう。

頑固で吠えやすい

カニンヘンダックスフンドは狩猟犬だったこともあり、気が強く頑固な一面もあります。吠える声は大きく、無駄吠えしやすい性質がありますので、しっかりとしつけを行うことが大切です。

カニンヘンダックスフンドの基本的な育て方

カニンヘンダックスフンド

それでは、最後にカニンヘンダックスフンドの基本的な育て方についてご紹介します。

環境|足腰への負担を低減

カニンヘンダックスフンドは小型犬ですので、広い室内は必要ありません。足や腰に負担がかからないよう、滑りやすいフローリングにはマットや滑り止めを敷いてあげたり、出来るだけ段差の少ない生活環境に整えてあげましょう。

運動|穴掘りも交えて楽しく

カニンヘンダックスフンドは運動量の多い犬種ですので、1日2回30分ずつの散歩を毎日してあげましょう。また、穴掘りも大好きなので、たまには公園の砂場や庭で思う存分穴掘りさせてあげるのもいいですね。

しつけ|良い悪いをしっかりと

カニンヘンダックスフンドは飼い主に従順な性格もあるので、しつけがしやすい犬種です。 吠えることや噛むことで猟をしていたため、しつけ方次第では無駄吠えや噛みぐせとなってしまいます。飼い主がリーダーとなり、良い悪いをしっかり教えることが必要です。

ケア|抜け毛多めなのでブラッシングは毎日

カニンヘンダックスフンドは毛質により抜け毛が多いです。毎日のブラッシングと月1、2回のシャンプーをおすすめします。また、歩きにくいと足や腰に負担がかかりやすくなりまますので、爪切りと足裏の毛のカットはこまめにしてあげましょう。

カニンヘンダックスフンドと過ごす幸せな時間

カニンヘンダックフンドス

カニンヘンダックスフンドについてご紹介しました。短足でちょこちょこ歩く姿がかわいいカニンヘンダックスフンドは、活発で人懐っこく飼いやすい犬種です。 歴史や特徴をしっかり理解ししつけることで、より素敵な時間を過ごすことができることでしょう。

◎ライタープロフィール
KANAKO トリマー

KANAKO/トリマー

ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。
普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。

  • 公開日:

    2019.11.17

  • 更新日:

    2020.03.12

この記事をシェアする