magazine

グッズ

2019.11.13

職業犬用ハーネスのここがスゴイ!機能も素材もこだわったおすすめ4選

「職業犬」と聞いて、どんな犬を思い浮かべますか?
警察犬や盲導犬、牧羊犬、セラピー犬など、世の中には重要なお仕事をしてくれている犬たちがたくさんいます。そんな働く犬たちがつけているハーネスは、頑丈で機能的なものが多く、職業犬以外の愛犬たちの普段使いにもおすすめです。
今回は、プロの働く犬たちも使っている職業犬用ハーネスをご紹介します。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

職業犬用ハーネスの重要性

犬 職業犬用ハーネス

職業犬の代表として、私たちが普段目にする機会が多いのが、警察犬と盲導犬ではないでしょうか。

この2業種の職業犬たちは、どちらもハーネス姿で仕事をしているイメージですよね。
ハーネスは、首輪よりも体への負担が少なく、安定したホールド力があります。特に、盲導犬の場合は人が持つハンドル部分の装着が必要なのでハーネスはお仕事をする上での必須条件です。

また、職業犬と一緒にお仕事をする人を一般的に「ハンドラー」と呼び、ハーネスは、ハンドラーと職業犬をつなぐ大切な役割を果たします。

職業犬用ハーネスの選び方

犬 職業犬用ハーネス

職業犬にはいろいろな種類がありますが、その中でも災害救助犬や山岳救助犬など、過酷な環境の中働いてくれる犬たちもいます。そういった意味でも職業犬用ハーネスは、過酷な環境下でも耐えられるよう頑丈でなくてはいけません。
そして、一目で犬がどこにいるかわかるよう、視認性も高い必要があります。また、長時間つけていても犬に負担がかからないよう、つけ心地にも配慮されているものを選びましょう。
以上のようなことを考えて、おすすめの職業犬用ハーネスを4つご紹介します。

雪山での使用も可能|RUFFWEAR ウェブマスタープロ

アメリカのアウトドアブランド「RUFFWEAR」のウェブマスタープロは、災害救助犬や雪崩救助犬などのために開発されたプロ仕様のハーネスです。
雪山での使用も想定されているため、手袋をしながら犬を持ち上げることができるよう、ハーネスの背中についたハンドルも大きくて頑丈です。また金属パーツも強度の強いものを使用しており、過酷な環境下でも安心して使用することができます。

Amazon商品ページはこちら

別売りバッグで機能拡張も|ユリウスケーナイン IDCパワーハーネス

ヨーロッパのブランドが手掛けるJulius-K9のパワーハーネスは、目立つ色で視認性も高く、胸の部分とハーネスのエッジ部分にリフレクターもついているので、夜のお散歩のときなどにも安心です。
また、背中のハンドルは収納することもできるので、狩猟犬や探知犬など細く険しい道などでお仕事をする犬たちにとって、引っ掛かりを防止する意味でも重要な仕様となっています。
さらにこちらのハーネスには、別売りのサイドバッグを取り付ける事ができるので、使用の幅も広がり、とても便利です。

Amazon商品ページはこちら

サイドのロゴで差をつけよう|Inotoday 犬用ハーネス

水に強く、犬の毛も付きにくい素材でできているので、軽く拭くだけでほこりなども取れます。飼い主さんにはうれしいですよね。
また、背中のハンドルはシリコン製なので、飼い主さんの手を傷つけにくい設計になっています。
サイドのロゴはマジックテープ式になっているので、オリジナルのデザインに変更も可能で、他のコとの差を付けられるのもポイントです。

Amazon商品ページはこちら

保冷剤ポケットで夏の使用も快適に|FUSION PETS 犬用ハーネス

鮮やかなオレンジ色がまぶしいこちらのハーネスは、人間工学に基づいた設計で日常の訓練や仕事に適した作りになっており、警察犬や狩猟犬も使用するプロ用ハーネスです。
胸パッドだけでなく首パッドもついており、愛犬の被毛のこすれを防止する役割と、バックルの摩耗を防止する役割の両方を兼ね備えています。
また、保冷剤を入れるポケットもついているので、暑い季節でも快適に装着することができます。

Amazon商品ページはこちら

職業犬用ハーネスは普段使いやアウトドア用にもおすすめ

犬 職業犬用ハーネス

日々、私たち人間のために働いてくれている職業犬たち。彼らが使用するハーネスは安全性や視認性に優れているのはもちろん、デザインや装着性もきちんと考えられて作られています。
職業犬はもちろんですが、普段使いやアウトドア用としても十分に機能してくれるので、ハーネス選びに迷ったら、職業犬用ハーネスもぜひ選択肢の一つに入れてみてくださいね。

  • 更新日:

    2019.11.13

この記事をシェアする