magazine

連載 / ブログ

2019.11.20

フレブル「くん太」と暮らすリアルな日常

ハプニング満載!フレブル・くん太と初めてのコキア鑑賞へ

フレブルのくん太が我が家にやってきて初めての「秋」を迎えた。くん太には四季を全力で楽しんで欲しい!そう思って、かねてお友達から誘われていた『コキア鑑賞』へくん太を連れて行くことに。ところが、公園でただ歩くだけじゃ満足できないくん太は次から次へと新しい遊びをし始める・・・。それがわたしたちを終始ヒヤヒヤさせたのだった・・・。

Author :南坂 愛理奈/文中の「わたし」

この記事をシェアする

「国営ひたち海浜公園」に向けて出発

コキア ほうき草 国営ひたち海浜公園 紅葉 秋 犬と散歩

秋になると真っ赤に色づくほうき草のコキア。
刈り取って陰干するとわたしたちが学校で使っていたほうきになるんだそうだ。
あの味気ない色のほうきからは想像もつかないほど鮮やかな色を見せるので、わたしはいつもコキアを見ると魔女の宅急便を連想する。

コキアの紅葉はまるで魔法のようなだと思い、すこしメルヘンな気持ちになる。
関東で有名なコキアの鑑賞地といえば、茨城県にある「国営ひたち海浜公園」だ。

10月下旬。

一番見ごろなタイミングでくん太を連れて国営ひたち海浜公園を訪れた。

いざ到着!広すぎる公園に大興奮!!

東京から車で約3時間。ちょっぴり渋滞などにはまりながら、やっとのことで公園に到着した。 くん太も車で長らくじっとしていただけに、早く走り出して仕方ない様子だった。

くん太の遊び(1):とにかく葉っぱを食べる

コキア フレブル フレンチブルドッグ ほうき草 国営ひたち海浜公園 紅葉 秋 犬と散歩

車から降りるや否や、くん太は突然全力で走り出した!

実はくん太は落ち葉が大好き。落ち葉を見つけて、一目散に駆け寄った。 すぐさまパクリ。また他の落ち葉を見つけてパクリ。

口から少し落ち葉を出して嬉しそうにこっちを見てくる。

「もっと大きい落ち葉を見つけるぞ~!」とエンジンがかかった様子。
大きい葉っぱを見つけては、いま口にくわえていた落ち葉を落として、新しいものを口に咥えなおしていた。

もちろんわたしと友人は飲み込むのを心配して、くん太が口に咥えるたびに口から出しては注意した。
でもわたしたちの声は全くくん太に響いていない様子だった・・・。

くん太の遊び(2):とにかく石を食べる

コキア フレブル フレンチブルドッグ ほうき草 国営ひたち海浜公園 紅葉 秋 犬と散歩

やっとのことで落ち葉が少ない、真っ赤なコキアのゾーンにたどり着いた。
よしよし、これで一安心!
と思っていたら、、、

・・・甘かった。

今度は道に転がっている石を食べ始めたのだ。

少し目を離すと口にいっぱいの石を含んでいる。
まるでガムでも噛んでいるかのように口をもぐもぐさせて、またもや嬉しそうにしている。

これはもっと危ない。急いで口から石を出して、拾い食いを直すしつけをすることは諦めて、くん太を抱っこして歩くことにした。

くん太の遊び(3):お友達を作る

コキア フレブル フレンチブルドッグ ほうき草 国営ひたち海浜公園 紅葉 秋 犬と散歩

観念したくん太は、通りゆくワンちゃんを遊びに誘うことにした。
「ワンワンワン!ワン!」体を低くして、遊ぼうよと全力でアピール。
通りかかった茶色のフレンチブルドッグ「サブくん」がお友達になってくれた。

「よーし!じゃー今日はいっぱい友達作るぞ~!」とスイッチが入ったくん太はワンちゃんを見つける度に「遊ぼうよ~」と大声で吠えてた。

そう何度も何度もうまくはいかない。
ゴールデンレトリーバー・スピッツ・チワワ・トイプードル・・・と片っ端から声を掛けたが、「サブくん」以降遊んでくれるお友達を見つけることができなかった。

くん太の遊び(4):のびきりポーズで子供たちに撫でてもらう

コキア フレブル フレンチブルドッグ ほうき草 国営ひたち海浜公園 紅葉 秋 犬と子供 子供

そこでくん太は、新たに「やけくそな手段」に出た!

ワンちゃんがダメなら、、、と飼い主さんに猛アプローチ作戦!を決行。
体を伸ばしきって「撫でて~!」と可愛くアピール。
それを見て、まんまと(?)子供たちが「かわいい!」と言ってたくさん撫でてくれたから、くん太はご満悦な様子だった。

拾い食いを直すためのトレーニングを教えてください

コキア フレブル フレンチブルドッグ ほうき草 国営ひたち海浜公園 紅葉 秋 犬と子供 子供

好奇心が病まないくん太に終始ヒヤヒヤする秋の旅となったが、くん太がたくさんのものに触れて、自然を感じる機会ができて良かったと思う。帰り道はわたしの膝の上でぐっすり寝ていた。楽しい思い出にはなったが、くん太の拾い食いの癖はどうにか直さなくてはならない・・・。 先輩飼い主のみなさん。どうか拾い癖をなおす方法を教えてくれませんか?・・・Facebookコメントをお待ちしております!(ドキドキ)

◎ライタープロフィール
南坂 愛理奈

南坂 愛理奈/文中の「わたし」

職業:看護師、1歳年下の夫:通称「旦那」&フレンチブルドッグ「くん太」と暮らす。 子供の頃から当たり前に犬のいる暮らしをしていたものの、自分がオーナーになって犬を育てるのは初めて。 試行錯誤しながらも「くん太」を愛情たっぷり育てていきたいと日々奮闘中。

  • 公開日:

    2019.11.06

  • 更新日:

    2019.11.20

この記事をシェアする