magazine

住まい / 生活
鉛筆アイコン

2021.05.13

犬とバスに乗れる?料金や注意点・しつけについて解説

愛犬と一緒に出掛けたいけど、遠方まで歩いて行くには遠すぎる!そんなときに手軽に利用したいのがバスです。しかし、バスには犬を乗せても大丈夫なのでしょうか?
今回は、犬をバスに乗せても良いのか、乗車時のマナーや注意点について解説します。

文:南 健汰/ドッグトレーナー

犬とバスに乗る方法と料金について

車の窓からあごを出して外を眺める白と茶色の毛色をした犬

愛犬とのお出かけは、気分転換にもなり楽しいものです。
少し遠くに出かけたい時はバスを利用すると便利ですが、愛犬はバスに同乗しても良いのでしょうか?

キャリーケースに入れていればOK

結論から言うと、キャリーケースに入れていることを条件に、愛犬と一緒にバスに乗ることが出来ます。
関東では以下のバス会社がキャリーケースでの小型犬の乗車を認めています。

  • 京王バス
  • 東急バス
  • 東武バス
  • 都営バス
  • 横浜市営バス

上記のバス会社であっても中型犬以上の大きさであったり、吠え癖がひどい子の場合は乗車拒否をされる可能性もあります。

各バス会社によって犬の乗車時のルールが異なる場合がありますので、不安であれば事前に乗る予定のバス会社に問い合わせてみると良いでしょう。

犬の乗車料金は?

犬をバスに乗せる際の料金設定は、どのようにされているのでしょうか?
基本的には、犬をキャリーケースに入れている場合は手荷物としてカウントされ、料金はかからないことが多いです。
ただし、バス会社によって異なるので事前に調べるのがおすすめです。

犬とバスに乗るためのマナーと注意点

愛犬とバスに乗るためにキャリーケースを用意している

犬をバスに乗せることが出来ても、守らなければいけないマナーがあります。
バスには、犬が苦手な人が乗っていることがありますし、アレルギーを持つ人がいる可能性もあります。

キャリケースから出さない

最低限のマナーとして、犬をキャリーケースから絶対に出さないようにしましょう。
頭や身体の一部が出ているのも問題です。また、キャリーケースは飼い主の膝の上に乗せることが出来るサイズであるかにも気を配る必要があります。
混雑時に大きなキャリーケースを持ち込むことは、愛犬との同乗でなくとも周りの人の迷惑にもなります。

トイレを済ませておく

バスのような狭い空間では、犬の排泄物のニオイはかなり強く感じてしまいます。トイレは、必ず直前に済ませておきましょう。

しつけはしっかりとしておく

先述の通り、ひどい吠え癖があるような犬は乗車拒否されることがあります。
また、人に対して唸ったりすると周りの人たちが不安になりますので、最低限のしつけをしておく必要があるでしょう。

愛犬をバスに慣れさせるために

愛犬がこれから乗るバス

初めて行く場所では、愛犬が緊張してしまったり怖がったりすることもあるでしょう。そのため、事前にできる準備をしておきましょう。

キャリーケースに慣れさせる

犬がバスに乗車している間は、ずっとキャリーケースの中にいなければなりません。そのため、キャリーケースの中が安全だと認識させる必要があります。
日頃からキャリーケースに入れる時間を作ることで、徐々にキャリーケースに慣れていき、「キャリーケースの中にいれば安全だ」と理解するようになるでしょう。

バスを見に行く

実際にバスを近くで見てみることも大切です。バス自体に慣れておくことで、乗車時もパニックにならずに済むことがあります。

自家用車で練習しておく

バスなどの乗り物の中では、普段の生活やお散歩中には感じることのない揺れや振動が伝わってきます。バスに乗る前に自家用車に乗せてみて、反応を確認しておきましょう。

犬とバスに乗れれば生活が便利になる

犬 バス

バスはうまく利用すれば、とても便利な乗り物です。トラブルなく乗車するためにも、日頃からしつけをしっかりと行い、キャリーケースにも慣れさせておきましょう。
犬のことが苦手な人がいることも考慮し、愛犬と快適なバスの旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 公開日:

    2019.10.15

  • 更新日:

    2021.05.13

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 南 健汰
  • ドッグトレーナー
  • 大自然溢れる北海道でドッグトレーナーとして犬を訓練した経験を活かし、2012年より執筆活動を開始。ボーダーコリー2頭、サモエド2頭、猫2頭と暮らしている。犬との生活で大切にしているのは、犬も自分も思い切り楽しむこと。訓練士協会A級ライセンス保持。