magazine

住まい / 生活

2019.10.23

犬が安心して過ごせるケージ置き場はここ! ポイントや注意点をご紹介

犬を室内で飼う上で必要となってくるアイテム「ケージ」。実はケージの置き場には適した場所とそうでない場所があります。家のインテリアを重視して安易に設置してしまうと、犬にとって落ち着かない場所になってしまいますので、ケージは愛犬にとって快適な場所を選んで設置してあげるようにしましょう。ここでは、犬のケージの必要性から最適な置き場所について詳しく説明していきます。

Author :docdog編集部(監修:みなみ 愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師)

この記事をシェアする

犬のケージを置く目的を考える

犬 ケージ 置き場

犬を飼ったら揃えた方が良いと言われているケージですが、そもそもケージにはどのような目的があるのでしょうか。まずは、ケージを置く目的についてご説明していきます。

誤飲・誤食・イタズラなどを防止するため

子犬期は、全ライフステージの中でも最も好奇心が旺盛で、イタズラを経験してしまうと、いけないことと認識することができず何度も繰り返してしまう可能性があります、時には、誤飲や誤食といった事故を起こすことがあるため、やめさせなくてはなりません。

ケージに入れることで、行動できる範囲を制限することができるのでイタズラをさせないようにトレーニングをすることができるようになるでしょう。さらには、行動を制限することで誤飲や誤食を避けることもできます。

留守番や休息、安全確保のため

犬は狭い空間を好んで過ごす生き物です。なぜなら犬は、広く場所より狭い場所の方が安全であると感じているからです。ケージのようにある程度軽減されている場所の方が安心することができるのです。留守番をさせるときは、犬を安心させるためにもケージに入れましょう。

また分離不安といった問題行動を起こしてしまう犬やイタズラ好きな犬を留守番させるときもケージに入れましょう。ケージ内であれば、行動を制限することができ安全です。犬が安心できる場所でお留守番をすることで、問題行動の軽減も期待できるかもしれません。

犬のケージ置き場として推奨される場所とは

犬 ケージ 置き場

室内でケージを設置場所として玄関・リビング・寝室などがありますが、最もおすすめする場所はリビングです。

リビングは、家族全員が集う場所です。そのため、群れを作ってその中で生活をする犬にとって、家族と一緒に過ごすことができるリビングは、安心して過ごすことができるからです。

犬のケージを設置する場合の注意点

犬 ケージ 置き場

せっかくリビングケージを設置しても、犬にとって好ましい環境でなければ、快適に過ごすことができません。ケージは、犬にあった適切な場所に設置する必要があります。
犬のケージを設置する際に注意すべき点は次の通りです。

・直射日光が当たらない場所
・風通しが良い場所
・窓から離れている場所

窓の近くは、外の騒音や直射日光の影響を受けやすく犬にとっては快適な場所とはいえません。できるだけ窓やドアから離れた場所にケージを設置しましょう。
また、部屋の温度は18~24℃・湿度は50~60%に保つことも大切です。

トイレトレーニングが必要な犬なら、ケージ内にトイレを設置しましょう。その場合は広めのケージを用意し、トイレと寝床をしっかりと分けるようにします。トイレとケージが近いと、ストレスを与えるだけでなく粗相の原因にもなってしまうため注意しましょう。

正しくケージを設置し、犬が快適に過ごせる住環境を作ろう

犬 ケージ 置き場

いかがでしょうか?ここでは、犬のケージ置き場の適した場所や注意点をご紹介しました。 家族のいるリビングに設置することで、犬は安心して休息することができます。また、留守時であっても安心して過ごすことができるでしょう。これから犬を飼い始める方はもちろん、ケージがなくて購入を検討してる方は、ぜひ愛犬にとって快適な場所へケージを設置してあげてください。



◎監修者プロフィール
みなみ 愼子

みなみ 愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師 動物福祉・倫理学、ホリスティックケア・インストラクター

非常勤講師のほか、ペットマッサージやアロマテラピーの教室を開講しており、犬の保護施設でもペットマッサージのボランティア活動を実施中。一緒に暮らしている犬はロットワイラー、フレンチブルドッグ、MIX犬の3頭で、犬との伸びやかな暮らしを楽しみたいと思っています。

  • 公開日:

    2019.10.20

  • 更新日:

    2019.10.23

この記事をシェアする