magazine

住まい / 生活

2019.10.08

ペット共生型マンションを知ろう!飼い主も愛犬も安心できる3つの特徴

従来のペット可・ペット相談可物件とは全く異なる『ペット共生型マンション』と呼ばれる家の軒数や入居者数が増えつつあります。一体どんな違いがあり、どうしてたくさんの飼い主さんに選ばれるのでしょうか?コンセプト、設備、サービスなどさまざまな視点から、ペット共生型マンションの特徴をご紹介します。

#Lifestyle

Author :docdog編集部(監修:阿片 俊介/クロス動物医療センター 主任動物看護師)

ペット共生型マンションとは?ペット可物件との違い

ペット共生型マンション

マンションでも一戸建てでもよく見かける「ペット可」「ペット相談可」は空き室の解消や物件の付加価値として加えられるものがほとんどです。設備などは普通の住居と変わらず、ペットの大きさや種類によっては入居を断られることもあります。ペット好きや飼い主だけでなく、様々な方が居住しているので、相互理解を得ることやペットの飼養に対して責任や高い意識を持たなければ苦情やトラブルへと発展しやすくなってしまいます。

ペット共生型マンションとは、ペットと暮らすことが前提で建設されているマンションです。人はもちろん、ペットたちが暮らしやすい工夫やサービスが充実しています。入居者のほとんどが飼い主であったり、ペット飼養について理解のある人ばかりのため、もちろん配慮は必要になりますが、比較的トラブルも少なく安心感があります。

ペット共生型マンションの特徴

ペット共生型マンション

オーナーや管理会社によって違いはありますが、ペット共生型マンションには飼い主やペットのための設備やサービスが整っています。大きく3つに分けて、ペット共生型マンションの特徴をご紹介します。

1.ペットのための設備が整っている

ペットと飼い主の暮らしやすさのため、専用スペース(室内)、共用スペースにはさまざまな設備が整っています。

・専用スペース
靴の履き替え時などに犬を繋いでおけるリードフック、飛び出し防止のドッグフェンス、骨折防止や股関節への負担を軽減するペット対策床材、汚れや臭いが着きにくいペット対応クロス(壁紙)、ドアを閉めていても往来できるペット扉(くぐり戸)

・共用スペース
散歩帰りに建物内を汚さないペット専用足洗い場、屋上や敷地内のドッグラン、ペットの乗車がわかるサイン付きエレベーター、シャンプーやその他のケアができるグルーミングルーム

上記のような設備やサービスがないマンションや、もっとたくさんの嬉しいポイントがあるマンションなどさまざまです。名称が同じでも内容が違っていることもありますので、気になるマンションのより詳しい情報は管理会社に問い合わせするなどしましょう。

住人はみんなペット好きや飼っている人

ペットと暮らすことが前提にあるペット共生型マンションの入居者は、ほとんどがペット好きであったりペットを飼っていたりします。もちろん配慮する必要はありますが、ペットの鳴き声や臭いなどに理解があり、ペット可物件よりもペットトラブルが発生しにくく嬉しい環境です。共用スペースでコミュニケーションをとることで情報交換もでき、飼い主同士でのスキルアップにも繋がります。

保険や相談のサービスがあるところも

動物病院での診察料を還元、壁紙の張替え料金割引などペットに関連した独自の保険サービスを提供しているペット共生型マンションもあります。さらにマンション専属のトリマーやトレーナーに、トリミングやトレーニングなどの相談や依頼ができるサービスもあります。毎日の生活で出てくる疑問や心配事を、些細なものまで話すことが出来る心強い味方です。

ペット共生型マンションは賃貸もある?

ペット共生型マンション

ペット共生型マンションには分譲タイプと賃貸タイプがあります。
どちらのタイプも軒数は少しずつ増えていますが、地域によっては退去待ちが発生しているマンションも少なくありません。賃貸料金は地域の通常物件相場のプラス5000~20,000円ほどで、場合によっては会員や保険の加入料金も発生します。飼い主やペットに対する簡単な審査やアンケートを実施しているペット共生型マンションが多く、場合によっては料金が上下することもあります。

飼い主さんと愛犬の生活を支えてくれるペット共生型マンション

ペット共生型マンション

愛犬とどんな毎日を暮らしてみたいか、まずは想像をしてみましょう。ペット共生型マンションは、その毎日を実現させてくれる設備やサービスがたくさんあります。ただし、たとえペットのためのマンションであっても、マナーやモラルは守らなければなりません。自分だけでなくすべての飼い主さんとペットが楽しく安心して暮らせるマンションを目指しましょう。

◎監修者プロフィール
阿片 俊介

阿片 俊介/クロス動物医療センター 主任動物看護師

茨城県出身。日本獣医生命科学大学を卒業し、認定動物看護師の資格を取得。 千葉県の動物病院に勤務後、動物用医薬品販売代理店にて動物病院への営業を経験。 犬とのより良い暮らしをサポートできるよう、飼い主の方の気持ちに寄り添いながら、安心して正しい情報をお伝えできるよう心がけています。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!