magazine

犬を迎える

2019.10.25

チワワの子犬を迎える前に知っておきたい!子犬の育て方の基本とは

世界最小と言われているチワワの子犬は、小さい上にとても愛らしい見た目をしています。そんなチワワ、見た目とは裏腹に小さな番犬であるということをご存知でしたか?ここでは、そんなチワワの子犬の魅力や育て方の基本などを詳しく解説していきます。

#チワワ

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

魅力たっぷり!チワワの特徴と性格

チワワ 子犬

人気の犬種ランキングでは、常にトップ3内をキープしているチワワは、2002年の大流行以来、今も多くの人に愛されています。小さな体に大きな瞳をしているチワワは、とても弱そうでつい守ってあげたくなる存在です。ここでは、そんなチワワの特徴と性格の傾向から、その魅力をご紹介します。

チワワの特徴

小さな体に大きな瞳をしたチワワは、世界最小の純血種と言われています。 被毛のタイプは、短毛のスムースと長毛のロングコートという2種類のタイプがあり、またチワワは、「ダブルコート」の被毛を持つコが多い傾向なので換毛期には被毛のお手入れが必要です。愛玩犬グループに属しており、犬を育てるのが初めての方でも飼いやすく、しつけをしやすいと言われています。

チワワの性格

チワワは、弱くて甘えん坊さんというイメージを抱く方が多いかもしれません。 もちろん、飼い主のことが大好きで飼い主や家族に忠実な性格をしているため、甘えん坊であることは間違いありません。

しかし、意外と知られていないのがチワワは小さな番犬であるということです。臆病で神経質なチワワは、恐怖を感じるとブルブル震えながら助けを求めそうに感じますが、大型犬にもひるまず吠え、飼い主を守ろうとする一面を持ちます。ただし、これも恐怖からくるもので本当は怖くて怖くて仕方ないのです。怖くても立ち向かおうとする姿に胸を打たれてしまうかもしれません。

チワワの子犬の体格・成長スピードは?

チワワ 子犬

世界最小のチワワは、理想体重が1.5kg~3kgと言われています。 チワワの子犬は、約1年で成犬へと成長するので、平均して11~12ヶ月位で体重の増加も止まってきます。

成長スピードは、生後3ヶ月頃で650g前後・生後6か月で1.6kg前後・生後9ヶ月で2.2kg前後・生後1年で2.5kg前後といった形で成長していきます。もちろん、個体差があるので3kgを過ぎても肥満でなければ問題ありません。

早いうちからチワワの子犬にしつけを

チワワは成長のスピードが速いので、あっという間に成犬になってしまいます。 そのため、成犬になる前にある程度のしつけは覚えさせておく必要があります。

例えば、トイレトレーニングは子犬のお家にお迎えしたその日から開始しましょう。食事に関しては、生後6ヶ月くらいまでは1日に3~4回、生後6ヶ月以降は1日に2~3回にし、1歳になる頃には1日に2回ほどの回数にするのが理想的です。

また、他の犬種に比べて子犬期から小さな体をしているチワワは、つい甘やかして育ててしまいがちですが、しつけに関しては心を鬼にして甘やかさずにトレーニングしていくことが必要となります。

チワワの子犬がお散歩を開始するまで

チワワ 子犬

子犬の散歩は、基本的に混合ワクチンと狂犬病の予防接種が終了してからになります。そのため、外を歩けるようになるのは、生後4ヵ月を過ぎた頃になるでしょう。

しかし、それ以前の期間であっても、地面に触れさせずに抱っこした状態で外の環境に慣らすのは良いこととされています。とくに、生後3ヵ月の社会期にたくさんの社会経験をさせることで、人・音・環境に慣れ問題行動が起きにくくなります。

子犬のお散歩時間の目安

毎日散歩をする必要はありませんが、気分転換を兼ねて1日10分くらい散歩をしてあげても良いでしょう。子犬は、成犬に比べ体力がないので、無理はせず短い時間からスタートしましょう。

子犬のお散歩の心構え

子犬の場合であっても、基本的には、通常通りのお散歩で問題ありません。 ただし、いきなり刺激の強い場所で歩かせようとすると、外で歩くことに恐怖を感じてしまい、なかなか歩かなくなってしまいます。そのため、初めて外を歩く際は、家の近くや騒音がしない場所などがおすすめです。

愛情を持ってチワワとの生活を楽しもう

チワワ 子犬

性格も見た目も魅力的なチワワは、子犬期の頃から私たちの期待を裏切らない愛らしさを持った犬種です。 ただし、【可愛いから】という安易な理由だけでお家にお迎えするのは止めましょう。チワワの平均寿命は、12~14歳と言われており、生きていれば病気に掛かることもあります。長い目で見た時に、それでもちゃんと家族の一員として大切に育てることができるのかをよく考えた上で自宅にお迎えをすることが必要です。ぜひとも愛情たっぷりにチワワの子犬を育ててあげてくださいね。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!