magazine

しつけ

2020.03.11

ミニチュアダックスフンドの子犬を迎えたら!しつけのイロハ・予防接種・食事量まで

ミニチュアダックスフンドは元猟犬で、とても活発な犬種です。賢く初心者にも飼育がしやすいため人気の犬種ですが、わがまま犬にならないためにも子犬のうちからしつけを行う必要があります。
今回は、ミニチュアダックスフンドの子犬を迎えることを検討中の方、また子犬を迎えたばかりの方に向けて、最初にするべきしつけや、予防接種、適切な食事量までをご紹介します。

#ミニチュアダックスフンド

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ミニチュアダックスフンドの子犬を迎えたら|最初にすべきしつけ

ミニチュアダックスフンド 子犬

ミニチュアダックスフンドは賢くしつけも行いやすい犬種です。子犬のうちからしっかりしつけを行うことで、問題行動も少なく、飼い主も愛犬もストレスなく生活することができます。
吠える、噛むなどに対するの基本的なしつけや、ダックスフンドならではの穴を掘る場合の対処方法をご紹介します。

吠える

吠えるという行動は、警戒や威嚇、要求などさまざまな場面で起こります。
警戒や威嚇から起こる吠えるという行動には、吠えた瞬間に「ダメ」や「イケナイ」と叱り、吠えるのをやめた時点でめいいっぱい褒めます。こうすることで、徐々に吠えなくなっていきます。
要求吠えの場合は、完全に無視することが一番です。吠えても要求が叶わないとわかると吠えなくなります。

噛む

噛むという行為は、生後3ヶ月ごろから始まる甘噛みをやめさせられることで、軽減します。甘噛みが強くなる前に噛むことはダメなことだと教えてあげることが大切です。
食事中に手が近づくと噛み付いてくる場合は、食べる速度にあわせて少量ずつ、飼い主の手からフードを食器に入れることで、手が悪さをする空いてではないと理解させて対処します。

穴を掘る

ミニチュアダックスフンドは穴に潜り込んで狩りを行っていた犬種のため、穴を掘るのが大好きです。この場合は、無理にやめさせるのではなく、掘っていい場所と用意してあげるのがおすすめです。

ミニチュアダックスフンドの子犬を迎えたら|予防接種はいつまでに何を?

ミニチュアダックスフンド 子犬

ミニチュアダックスフンドの予防接種スケジュールとしては、生まれてから1年目までのサイクルと、1年目以降のサイクルを覚えておくようにしておきましょう

生後1年までのスケジュール

生後2ヶ月ごろに1回目の混合ワクチンを摂取し、生後3ヶ月ごろに2回目の混合ワクチンと狂犬病予防ワクチンを摂取します。この2回目のワクチンと狂犬病のワクチンは別の日に摂取します。だいたい子犬が家にやってくるのは、このくらいの時期です。
生後4?5ヶ月ほどで3回目のワクチンを行い1年目のサイクルが終了します。

1年ごとのスケジュール

1歳以降は年に1回混合ワクチンと狂犬病予防ワクチンを摂取します。この場合も混合ワクチンと狂犬病のワクチンは別の日に摂取します。

ミニチュアダックスフンドの子犬を迎えたら|適切な食事量とは

ミニチュアダックスフンド 子犬

ミニチュアダックスフンドはその体型からヘルニアに注意が必要な犬種で、予防のためにも肥満防止が重要となります。元猟犬ですので運動量が多く、愛犬にぴったりの食事量を計算してあげる必要があります。

必要な食事量の計算

ミニチュアダックスフンドは胴長短足という特徴的な外貌から、ヘルニアに罹患しやすいため肥満には注意が必要です。1日に必要なカロリーを計算し、フードのカロリーと照らし合わせて適切な量を計算します。おやつなどを活用する場合は必要カロリーの1割以下に抑え、そのぶんフード量を1割減らします。
フードの量の計算は目安ですので、体調を考慮して適切な量を与えるようにしてください。

小型犬に向いたフードを

小型犬用のフードは粒のサイズが小さく、一粒あたりのカロリーが高い傾向にあります。ミニチュアダックスフンドは小型犬ですので小型犬用のフードを与えるのがおすすめですが、フード量にはシビアなほど真剣に決定するようにしてください。少量の違いで肥満に繋がってしまいます。

ミニチュアダックスフンドの子犬と過ごす幸せな時間

ミニチュアダックスフンド 子犬

ミニチュアダックスフンドは賢い犬種ですので、しつけをきちんと行えば問題行動なく生活することができます。飼い主の義務としてしつけはもちろんワクチン摂取や食事量の管理を行い、ミニチュアダックスフンドとの暮らしを楽しんでください。

  • 公開日:

    2019.10.16

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする