magazine

健康管理 / 病気

2020.02.20

犬の仕事を知ろう!

アニマル衛生看護士とは?動物にかかわる仕事を目指す!

動物にかかわる仕事の中に、アニマル衛生看護士という資格があります。
この記事では、この仕事がどんな仕事で、資格取得するために必要な情報をご説明します。

#犬にまつわる仕事/資格

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

アニマル衛生看護士!(資格・検定名)とは?

アニマル衛生看護士

アニマル衛生看護士の(資格・検定名)は、いわゆる動物看護士と呼ばれる仕事です。

アニマル衛生看護士が働く場所は主に動物病院で、獣医師の助手をしたり、受付や会計業務をしたり、病気の動物たちのお世話をしたりします。他にも、テーマパークや動物園やペットショップなどでもアニマル衛生看護士は活躍しています。

各資格認定団体により、資格名や検定名は様々で、いずれも今は国家資格化に向けて統一された内容を学習して習得していくこととなります。現状はまだ国家資格ではなく、実はアニマル衛生看護士として働くには資格取得が必須というわけではありません。

アニマル衛生看護士を目指す!資格取得方法とは?

アニマル衛生看護士

アニマル衛生看護士の資格を取得するには、2つの方法があります。

1つめのアニマル衛生看護士の資格取得方法は、専門学校に入学し取得する方法があります。もう1つは、通信講座で取得する方法もあります。資格を取得する場合、求められる知識の専門性は高く、また実際に現場で働こうと思うと実経験値も問われます。

また、アニマル衛生看護士の資格は、今後近い将来に国家資格になることを前提としていますので、受験前に動物看護士統一認定試験を受験することが勧められています。この統一試験を受験するには、コアカリキュラムという内容の学習をしなければいけないので、専門学校に入学して取得するというのが一般的な方法です。

動物看護士の中でも、アニマル衛生看護士の資格は、一般社団法人ジャパンケネルクラブが認定するものですので、この資格を取得するにはジャパンケネルクラブの認定校での取得となります。

アニマル衛生看護士に役に立つ現場とは

アニマル衛生看護士

今や3世帯のうち1世帯は、ペットを飼っていると言われています。そして、動物の世界も医療が発達するとともに、寿命も長くなり高齢化してきているというのが現状です。そんな中、動物病院に来院する動物たちも年々増え、動物看護士の仕事も多忙になってきています。有資格者のメリットとしては、医療が発達するとともに動物看護士に求められる能力も高度になってきていて、今後国家資格になっていけば益々責任ある仕事になっていくという点にあります。

一方で、アニマル衛生看護士の国家資格化が目前なこともあり、資格取得自体が年々難しくなっていくことも予想されます。また、コアカリキュラムを受けられる学校でしか統一試験は受けられないので、今後は必然的に専門学校への入学が必要となってくることも考えられます。その分、資格を有していること自体のメリットは大きくなると言えるでしょう。

アニマル衛生看護士はこんな人におすすめ

アニマル衛生看護士

アニマル衛生看護士は、まず動物が好きでなければ務まりません。動物病院には、犬や猫以外にも鳥や爬虫類など来院することもあるため、幅広く生き物を愛することのできる人が向いていると言えるでしょう。また、動物の世話をする機会が多く、排泄物の処理や給餌、治療の補助など動物やそれに関わる職場に奉仕するボランティア精神のある人も向いている資格と言えます。

動物の生活に休みはありません。状況によっては、様態が急変することも考えられます。そういった際に、まずそこに駆け付けられる心の準備ができる人でなければ務まらない仕事でもあります。

加えて、飼い主と獣医師の間でのコミュニケーションが大切な現場ですので、コミュニケーション能力の高さもまた求められるでしょう。奉仕の気持ちと、優しい気持ちを持った人におすすめの仕事です。

国家資格化目前のアニマル衛生看護士

アニマル衛生看護士

アニマル衛生看護士は、誰でもできる仕事ではなくなる可能性が高まっています。これからアニマル衛生看護士を目指される方は、動物看護士統一試験を受験できる学校への入学がおすすめです。その際には、今後は3年制の学習過程が必要になる可能性も考慮しておくとよいでしょう。

  • 公開日:

    2019.10.18

  • 更新日:

    2020.02.20

この記事をシェアする