magazine

犬の生態 / 気持ち

2020.08.31

犬にも眉毛があるって知ってた?犬の眉毛の見分け方と大切な役割を知ろう

犬にも眉毛があることをご存知ですか?犬は顔全体が毛で覆われているため人間のようにはっきりと眉毛の存在が分かるわけでありませんが、よく観察してみるとどんな犬種の犬にも眉毛はしっかりとあります。今回は、あまり知られていない眉毛の大切な役割と、眉毛はお手入れをするべきなのかどうか、犬種による違いはあるのかなど犬の眉毛について詳しく紹介していきます。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬の眉毛にはどんな役割があるの?

犬の眉毛

犬にも眉毛がありますが、人間のように密集した存在感のある眉毛があるわけではありません。目の内側の上部分に数本しか生えておらず、人間の眉毛のように額から落ちてくる汗や水を目に入らなくさせるという働きをするわけではありません。しかし、犬の眉毛にも役割はしっかりとあります。ここでは、犬の眉毛の2つの役割について紹介していきます。

1.触手としての役割

犬の眉毛の正式名称は「眼窩上毛(がんかじょうもう)」といって、頬にあるヒゲと同じような触手(感覚毛)のひとつです。そのため、平衡感覚や暗闇での情報を集めたり、狭い場所を通り抜けられるかどうか幅の確認、温度や風向き、気圧の変化などを察知する役割があります。

もともとは、猫の眉毛やヒゲのように触手の役割を果たしていました。しかし、犬は聴覚や視覚・嗅覚が優れていることや現在では触手としての機能が退化しているため、そこまで眉毛の感覚に頼って生活しているわけではないようです。

2.感情表現の役割

眉毛には、感情表現という大切な役割があります。自由に言葉を使って気持ちを伝えることができない犬は、眉毛を上に動かしたり、寄せてみたりすることで感情を表現しているのです。

人間も相手とコミュニケーションを取るために眉毛を動かしたりしますよね。犬の眉の毛根には、神経が広がっているため毛を自由自在に動かすことができ、人間と同様に様々な感情を眉毛で表現しているのです。

犬の表現についての研究により、大好きな飼い主を見ると左の眉毛を動かすという調査結果も出ています。愛犬の眉毛の動きをよく観察すると、気持ちを読み取りやすくなるかもしれませんね。

犬の眉毛はカットしても平気?

犬の眉毛

犬の眉毛には先程も紹介した通り、触手として感覚を補う役割がありますが、聴覚や嗅覚が優れているため、基本的にカットしてしまっても問題ありません。しかし、カットしなければならないという訳でもなく、場合によってはカットしない方がいい場合もあります。

障害がある犬の眉毛はカットしない方がいい

犬の眉毛は、カットしても日常生活に支障をきたすことはないと言われています。しかし、聴覚や視覚などに障害がある犬であれば、眉毛やヒゲの触手から情報を得ながら生活することになるので、カットしない方がいいでしょう。

カットする際の注意点

眉毛をカットする場合には、毛根部分が膨らんでいるので、バリカンなどを使ってカットしようとすると傷つけてしまう可能性もあります。また、毛抜きを使って眉毛を抜くことは、痛みを伴いますので、絶対にやめましょう。犬が急に動いてケガをしないよう細心の注意を払って、人間用の小さな眉バサミなどでカットするなどしましょう。

眉毛には犬種による違いはある?

犬の眉毛

犬種による眉毛の違いとしては、濃さや長さ的なものがあります。特に濃く長い眉毛とヒゲがチャームポイントとされているのが、ミニチュア・シュナウザーです。

濃いヒゲと眉毛でダンディーな雰囲気がありますが、ただ外見が可愛らしいから長く濃いわけではありません。ミニチュア・シュナウザーは、ねずみやイタチを口で捕まえるという猟犬として活躍していた過去があります。そのため、獲物からの攻撃を受けたとしても顔にケガをしないようにと眉毛とヒゲが濃く長く生えるようになったと言われています。

世界中が驚いた!立派な眉毛を持つロシアの犬

存在感のある眉毛を持つ犬種もいますが、ほとんどの犬は目立つことがありません。しかし、なかには人間のように立派すぎる眉毛の模様を持つ犬も存在します。そのチャーミングなルックスによって世界中で大きな話題を集めたロシアの迷い犬「ベティ」を紹介します。

自前の太眉を持つベティ

2019年にロシアのイルクーツク州ブラーツクで、通りを彷徨っていた迷い犬が、動物保護施設に保護されました。その子の目の上には、くっきりとした眉毛があったことから、彷徨っている間に残酷な誰かに落書きされたのだろうとスタッフが拭き取ろうとしましたが・・・。その眉毛は消えることなく、健康状態をチェックするために獣医に見せると「人工的に書かれたものではない」と言われ、誰かに書かれたり、染められたのではなく自前の模様だったことが発覚!

見事なまでに左右対称でアーチを描いた眉毛を生まれながらに持っていたこの犬は、すぐに新しい家族が見つかり「ベティ」と名付けられました。ベティのスペシャルなルックスは注目を集め、ロシアのテレビ番組でも取り上げられるなど人気を集めています。現在は、新しい家族のオクサナさんと先住猫と共に幸せに暮らしているのだそう。

犬の眉毛をよく観察して気持ちを読み取ろう

犬の眉毛

犬の眉毛には人間のようにわずかな動きで、感情を表現する役割があることが分かりました。これまでは、あまり気にしていなかった愛犬の眉毛の動きを観察してみてください。愛犬がどんな気持ちでいるのか読み取りやすくなり、コミュニケーションをより深めることができるはずです。

  • 公開日:

    2019.10.15

  • 更新日:

    2020.08.31

この記事をシェアする