magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. トイプードルにおすすめの便利グッズ|防災編もご紹介

2019.10.13

読みもの        

トイプードルにおすすめの便利グッズ|防災編もご紹介

最近は、トイプードルとの暮らしをもっと楽しく、便利にするグッズがたくさん販売されています。大切な愛犬のストレスが軽減するグッズや、飼い主の手間が少なくて済むグッズなどたくさんの商品があります。今回は、トイプードルにおすすめしたいグッズを、「日常編」「お出かけ編」「防災編」に分けてご紹介します。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

トイプードルにおすすめ便利グッズ|日常編

トイプードル グッズ

主に室内で暮らすことが多いトイプードルですが、家の中で活躍する便利グッズとして、床材やしつけ用スプレーなどがあります。

床材

トイレトレーニングが完了していない子の場合、室内とは言え失敗をしてしまうこともありますよね。一度失敗してしまうと、いくら掃除しても匂いが残り、飼い主さんの悩みの種になることも。

そんなときは、取り外し可能なジョイントマットを敷いておけば、失敗した箇所だけ変更できるため匂いが残らずトイレトレーニングがスムーズに行えます。

また、撥水性のある床材もおすすめです。室内犬の場合は、関節の病気に罹患しやすいため、歩きやすさも重視してあげてください。

しつけ用スプレー

噛んだらダメな場所や近寄ってほしくない場所は、行き来できないように工夫してあげることが大切ですが、家事導線などを考慮するとそうも言ってられない場合もあります。そんな場所にはしつけ用スプレーを活用してみるのもよいでしょう。

トイプードルにおすすめ便利グッズ|お出かけ編

トイプードル グッズ

遊ぶことが大好きなトイプードルとのお出かけで活躍する便利グッズには、冷感・温感グッズや水飲みボトル、傘などがあります。

冷感・温感グッズ

遠出でなかったとしても、夏場のお散歩では熱中症対策をしっかりとする必要があります。夏の昼間、アスファルトの温度は50度を超えるとも言われており、早朝や涼しくなった夕方に散歩を行う必要があります。時間に注意しても、気温が下がりにくくアスファルトも熱いままですので、冷感グッズを活用するのがオススメです。クールバンダナやクールウェア、冷感スプレーなどといった着用するタイプの霊感グッズが便利でしょう。熱いアスファルトで肉球が火傷しないためのドッグシューズもおすすめです。

また、これからの季節に便利なあったかグッズとしては、風を遮断できるオーバーコートや襟巻、道路の凍るような寒さから愛犬の肉球を守る冬用ドッグブーツもおすすめです。トイプードルは足先をカットしている子の場合は特に足元が冷えやすいため、この冬からドッグブーツに挑戦してみてはいかがでしょうか?

冬におすすめのドッグブーツを見る>>Amazonページはこちら

水飲みボトル

長時間の散歩や旅行などでは、愛犬の水分補給のための水飲みボトルが便利です。ペットボトルと受け皿が一体化になったタイプは、持ち運びにも便利で手軽に活用することができます。

おすすめの水飲みボトルを見る>>Amazonページはこちら

雨の日の散歩は通常カッパが活用されますが、服を着るのが苦手な子は犬用の傘がおすすめです。リードと首輪の間に傘が接続されるので、リードを持つだけで犬の上に傘がきます。
トイプードルの美しい被毛を守るためにも、雨に濡れて風邪をひかないためにも、雨の日の散歩には便利グッズを活用してみてください。

おすすめの犬用傘を見る>>Amazonページはこちら

トイプードルにおすすめ便利グッズ|防災編

トイプードル グッズ

万が一災害が起こった時に、備えがあるとないとではその後が大きく変わります。一週間ほど多めにフードを蓄えておいたり、ペットでも飲める貯蓄保存水を購入しておくなど、水と食料はとても重要です。慢性的な病気で薬を飲んでいる場合は、獣医師に相談した上で多めに薬をもらい、保存日数や保管方法などを守って常備しておきましょう。

濡れた体を拭いたり、暖をとったり、止血する際に活躍するタオルも非常用に準備しておきましょう。また、持ち運びは大変かもしれませんが、普段使用しているケージなどがあれば、避難場所でも落ち着くことができます。

また、普段の外出と比べて避難時は、足元により多くの危険が潜んでいます。避難場所への道のりや移動時に、そんな危険な状況を素足で歩かせると、肉球をケガさせてしまうことも。ゴムソールを使った丈の長めで上部なドッグブーツを常備しておくのがおすすめです。また、避難所で足を保護するため、靴下も一緒に備えておきましょう。

おすすめの災害用ドッグブーツを見る>>Amazonページはこちら


おすすめの災害用ドッグソックスを見る>>Amazonページはこちら

一緒に逃げられなかった時のために

災害時に必ずしも犬を連れて避難できるとは、限りません。パニックで逃げ出したりする場合もありますので、迷子札やマイクロチップの装着を心がけてください。
阪神・淡路大震災では保護施設で保護された1500匹あまりの犬猫のなかで、飼い主の元に帰ることのできたペットは365匹だったそうです。飼い主の手がかりとなる迷子札はつけておきましょう。

便利なグッズを活用し、トイプードルと楽しく暮らそう!

トイプードル グッズ

ペット社会の現代ではペット用品にも重要が高まり、さまざまな便利グッズが開発販売されています。愛犬との生活をもっと便利にするためにも、ご家庭にあったグッズを活用してみてください。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

知りたい情報を検索!