magazine

グッズ

2019.10.15

アウトドア専門ブランド|ラフウェアのハーネス5種を徹底比較

災害救助犬の現場からも高い評価を受けている犬用アウトドア・ブランドのラフウェア(RUFFWEAR)。 人と犬が一緒にアウトドアを楽しむためのアウトドア用品を専門に扱っているブランドで、実にハーネスだけで用途に合わせて5つの種類がラインナップされています。今回は、丈夫で使いやすいと評判のラフウェアのハーネス5種を徹底的に比較。ぜひ、それぞれの特徴を理解した上で、愛犬にぴったりのハーネスを選んであげてください。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ラフウェアのハーネスは全部で5種類

ラフウェア ハーネス

ラフウェアのハーネスには「フロントレンジハーネス」「ハイ&ライトハーネス」「ウェブマスターハーネス」「ウェブマスタープロ」「ダブルバックハーネス」の5種類のラインナップがあります。

フロントレンジハーネス

ラフウェアのフロントレンジハーネスは、首から通して2ヶ所のバックルを留めるだけの、普段使いにぴったりの簡単に装着できるタイプのハーネスです。胸とお腹周りにはパッドが付いており、引っ張った時の力を分散してくれるため愛犬の動きを妨げません。4ヶ所のベルトにより微調整を行うことができますので、愛犬にぴったりのジャストサイズで装着することができます。背中にはVリングアタッチメントとリーシュアタッチメントを備えており、愛犬の急な動きを制御することも可能です。サイズは5種類、カラーは6種類ありますので、気に入ったものを選ぶことができます。

Amazon商品ページはこちら

ハイ&ライトハーネス

ハイ&ライトハーネスは軽さにこだわった薄型のハーネスで、裏地は撥水性の生地を使用しており汚れにも強いのが特徴です。薄型ですが引っ張り強度は抜群で、フロントレンジャーハーネスと同じく4ヶ所のベルトでジャストサイズに調整することができます。サイズはXXXSサイズから6種類展開しており、超小型犬でも安心して使用することができます。カラーは3種類です。

Amazon商品ページはこちら

ウェブマスターハーネス

ウェブマスターハーネスは補助ハンドル付きのハーネスで、愛犬を抱き上げるに体重が分散してくれるので、バランスがとりやすいのが特徴です。補助ハンドルにはパッドが付いているため飼い主の手にも優しい作りになっています。5ヶ所のベルトでサイズの調整を行うことができるので、体にフィットして動きやすくなります。サイズは5種類、カラーは3種類から選ぶことができます。

Amazon商品ページはこちら

ウェブマスタープロ

ウェブマスタープロは、災害救助犬や盲導犬、雪崩救助犬など職業犬用のハーネスです。薄型ポケットが2つ付いており、最低限の装備を入れることができます。サイズは4種類、カラーはレッドカラントの1色のみです。

Amazon商品ページはこちら

ロードアップハーネス

ロードアップハーネスは、長時間の移動を安全に行える、犬用シートベルトです。車の急発進・停止から、愛犬を守ります。

Amazon商品ページはこちら

ラフウェアハーネスの着用方法

ラフウェア ハーネス

ラフウェアのハーネスは一般的なハーネスの着用方法はほぼ同じです。着用前にアジャスターを緩めバックルを外し、その後、前後に気をつけて輪になっている部分を犬の首に通します。胸部を覆うように紐をまわし、バックルをとめ、緩めたアジャスターを愛犬のサイズに締めます。ゆるすぎたり、きつすぎたりすると危険ですので、ぴったりのサイズに調整するようにしましょう。

ラフウェアハーネスの評判・レビュー

ラフウェア ハーネス

ラフウェアのハーネスの評判はよく、アマゾンのカスタマーレビューでも高評価の割合が高い商品となります。サイズ展開が豊富で小型犬から大型犬まで幅広いサイズバリエーションを取り揃えています。またカラーはアウトドアブランドらしいハッキリとした色合いが多く、丈夫な作りになっています。

ラフウェアのハーネスでアウトドアを楽しもう

ラフウェア ハーネス

ラフウェアのハーネスは高機能で犬のために作られており、飼い主にも人気のアイテムとなります。サイズやカラーも豊富にあり、アジャスターで微調整が可能なので、愛犬にぴったりのサイズにすることができます。愛犬への負担も少なくなりますので、普段の散歩にも大活躍してくれる、お気に入りの一品となること間違いなしです。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!