magazine

食べもの

2019.11.21

ドッグフードは種類がいっぱい!ローテーションしたほうがいい?

犬は毎日同じフードを食べていても飽きないのか、ドッグフードはローテーションして食べさせたほうがよいのかと疑問に思っている飼い主の方も多いと思います。ドッグフードのローテーションの必要性について解説します。

Author :docdog編集部(監修:みなみ愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師)

この記事をシェアする

フードローテーションとは?

ドッグフード ローテーション

フードローテーションとは、数種類のドッグフードを一定の期間で区切ってローテーションして与える方法のことを言います。

犬のフードローテーションは、ドッグフードの食いつきを上げるだけではなく、アレルギー対策として効果があるのではないかと注目されています。

ドッグフードをローテーションするメリット

ドッグフード ローテーション

フードローテーションのメリットは、アレルギー対策や食いつきをよくする、栄養をより充実させるなどがあります。

アレルギーは、特定の成分が体に蓄積されていくことで発症します。毎日同じフードを食べ、同じ成分を取り入れているとアレルギー反応が出る確率も高くなってしまいます。そこで最近では、フードローテーションでいくつかのフードを、期間ごとに変えたほうがアレルギーになりにくいのではないかと考えられるようになってきました。

『総合栄養食』と記載されているドッグフードは、1種類だけでも十分に栄養は摂れるように作られています。しかし、ドッグフードの種類によっては栄養分も変わります。そのためフードローテーションしたほうが、より充実した栄養が摂れると考えられています。

犬は同じドッグフードで飽きない?

犬は、同じフードを食べていても飽きることがないと言われています。
その理由は、犬の味覚が人間ほど発達していないからです。犬は人と比べるとそれほど味を感じ取ることができません。そのため同じフードを食べていても飽きないと考えられているのです。

とはいっても味の違いは、多少わかります。そのためフードローテーションをすることで、ドッグフードのくいつきを良くすることができます。

味覚が発達していないからといって、人間の食べ物を与えてはいけません。人の食べ物は犬にとって味が濃く、味覚が発達していない犬もおいしいと感じるでしょう。だからといって与えてしまうと、味の薄いドッグフードを食べなくなってしまう可能性があります。

味の濃い人間の食べ物は、病気の原因にもなってしまいますので、与えないようにしてください。

ドッグフードをローテーションするデメリット

ドッグフード ローテーション

ドッグフードのローテーションには、デメリットもあります。注意が必要な点について1つずつ詳しく解説します。

初めて食べるフードに対してのアレルギー

ドッグフードをローテーションするデメリットの1つ目は、アレルギーについてです。

それぞれのフードを食べたあとに、アレルギー反応がないかを確認する必要が増えてしまうという点です。 ドッグフードのアレルギー反応は、同じものを食べ続けることで成分が体内に蓄積して発症します。しかし初めて食べるものでもアレルギー反応が起こることがあります。そのため十分注意してあげる必要があります。

初めて与えるものは少量から与え、様子をみてあげてください。

胃腸への負担

ドッグフードをローテーションするデメリットの2つ目は、様々なフードに慣れるまでに胃腸への負担がかかる点です。

フードを切り替えるときに、嘔吐や下痢をして体調を崩してしまうコもいます。
切り替えをおこなうときは、いきなり新しいフードにするのではなく、今までのフードと新しいフードを混ぜて与えましょう。少しずつ切り替えをすることで、胃腸への負担も軽減させることができます。

アレルギーの特定が難しい

ドッグフードをローテーションするデメリットの3つ目は、アレルギー反応が出たときに原因となるフードを特定することが難しいという点です。

ドッグフードを何種類か混ぜたり、短期間で数種類のフードをローテーションしてしまうと、どのフードを食べて反応したのかという特定が難しくなってしまいます。

ローテーションする場合は短期間ではなく、ある程度長い期間または季節ごとのローテーションをおすすめします。

ドッグフードをローテーションする必要性

ドッグフード ローテーション

ドッグフードのローテーションをしている飼い主の方からは、新しいフードを食べてくれないから、とよくお聞きします。

多頭飼いのご家庭であれば一頭の犬がドッグフードを食べなくなっても他の犬に与えることができるので、無駄になることがないでしょう。しかし一頭だけを飼っている場合は、他の犬に与えることができず余ってしまいます。
もし「毎日同じフードで可哀想だから」という理由でフードーローテーションをしようかと悩んでいるなら、あえてローテーションする必要はありませんので、ご安心ください。

ドッグフードローテーションは無理なく取り入れよう!

ドッグフード ローテーション

ドッグフードのローテーションするメリットは、ドッグフードの食いつきを良くするほか、アレルギーの対策になることです。しかし、様々なドッグフードを購入する手間や費用といった飼い主の負担も増えます。愛犬にとっても飼い主さんにとっても無理の無い範囲でフードローテーションを取り入れてみてくださいね。

◎監修者プロフィール
みなみ 愼子

みなみ 愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師 動物福祉・倫理学、ホリスティックケア・インストラクター

非常勤講師のほか、ペットマッサージやアロマテラピーの教室を開講しており、犬の保護施設でもペットマッサージのボランティア活動を実施中。一緒に暮らしている犬はロットワイラー、フレンチブルドッグ、MIX犬の3頭で、犬との伸びやかな暮らしを楽しみたいと思っています。

  • 公開日:

    2019.10.03

  • 更新日:

    2019.11.21

この記事をシェアする