magazine

食べもの

2019.11.21

犬×食べ物を知る!

犬は麦茶を飲んでも大丈夫?麦茶に含まれる栄養素と与える際の注意点とは

夏場は特に、1年を通して家庭で重宝する「麦茶」。人間にとっては定番の飲み物ですが、果たして犬に麦茶を飲ませても大丈夫なのでしょうか?また、与える時に気をつけることはどんなことでしょうか?今回は、そんなとっても身近にある飲み物「麦茶」と愛犬についてご紹介いたします。

#Foods

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬は麦茶を飲んでも大丈夫?麦茶に含まれる栄養素とは

犬 麦茶

麦茶はお茶の中でもカフェインが含まれていないので、基本的には犬にも飲ませても大丈夫です。人間と違って犬は体からカフェインを排出しにくいので、カフェインによって中毒を起こしてしまうことがあります。一般的な麦茶はほとんどが大麦を砕いて作られているので、カフェインが含まれず、ほとんどの場合、愛犬にも安心して与えることができます。

麦茶の栄養素は?

麦茶は水分補給や体を冷ましたりすることにとても役立ちます。麦茶の香ばしい香りのアルキルピラジンという成分は、血行促進の効果もあります。この香りはストレスを解消させる働きもあると言われており、犬のリラックス効果も期待されます。

犬に麦茶を飲ませる時の注意点は?

犬 麦茶

カフェインが含まれていないため、犬にとっても安心な麦茶ですが、飲ませる際には注意しなければならない点もあります。

麦茶はミネラルが豊富に入っているので要注意

麦茶にはミネラルが添加されているものと、添加されていないものがありますが、添加されている場合はミネラルを過剰に摂取してしまう可能性があるため、犬の体には合いません。ミネラルを過剰に摂取してしまうと、尿結石や尿血症などの病気になる場合があります。少量を与えるなら問題ありませんが、尿路結石の既往歴のある体質的に結石ができやすい犬には、与えるのは控えるようにしましょう。

麦茶パックの誤食は危険

香ばしい匂いの麦茶を好む犬も多いです。しかし家で麦茶を沸かす時などに誤ってパックを丸ごと食べてしまうと、消化せず腸に詰まり腸閉塞を起こしてしまう場合があります。パックの中身の葉だけであれば問題ないことが多いですが、パックそのもの食べてしまった場合は動物病院に受診しましょう。また普段から麦茶パックを口の届くところに置いておかないように気をつけましょう。

アレルギーを起こす場合もあります

麦茶によっては稀にアレルギーを起こす子もいます。症状としては体を痒がったりフケが出る、下痢や嘔吐を起こすなど。このような症状が出た場合は麦茶を与えることを中止して様子を見ましょう。また初めて麦茶を与える際にはごく少量から与え、アレルギー反応が出ないか確認してからにしましょう。

犬に麦茶を与える最適な方法とは?

犬 麦茶

麦茶は与えても大丈夫と分かりましたが、人間と同じように与えると体調悪くなることがあります。

与え過ぎには注意が必要

麦茶には体を冷やす作用があり、麦茶の香ばしい香りに惹かれて好んで飲む子もいます。与えすぎないようにするためにも、適量を心がけて与えてあげてください。冷えすぎた麦茶を与えるのも体調を崩してしまう可能性があるので、常温程度の麦茶にしてあげると良いでしょう。

人間の普段飲む濃度より薄めて与えましょう

人間の飲む濃度からさらに2~3倍に薄めてから与えてあげましょう。味のついた飲み物になれると、普段から水を飲まなくなる場合があります。基本は新鮮な水で充分なので、体に良いからと無理に与える必要もないです。また犬用の麦茶も販売されているので、そちらを活用するとより安心に与えることができます。

麦茶は愛犬にとって水分補給する理想的な飲み物です

犬 麦茶

麦茶を与えるにあたって注意する点はいくつかありますが、水分補給や熱中症予防するにはとても役立つ飲み物です。薄めた麦茶を上手に活用して、愛犬の健康に役立ててみてはいかがでしょうか。

  • 公開日:

    2019.10.28

  • 更新日:

    2019.11.21

この記事をシェアする