magazine

食べもの

2019.10.21

犬×食べ物を知る!

犬はもやしを食べられる?それとも食べられない?を解説します

もやしは一年中スーパーで手に入り、栄養価が高く値段も安いので、私たち人間にとっては、とてもありがたい食材ですよね。 そんな便利な食材であるもやしは、犬に食べさせることはできるのでしょうか?この記事では「もやし」が犬にとってどのような野菜であるのかを確認していきます。

#Foods

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬は「もやし」を食べても大丈夫?

犬 もやし

結論から申し上げると、もやしは犬が食べても大丈夫な食材です。しかし愛犬に食べさせる際には注意したい点もあります。 それではもやしにはどのような成分があり、どのような点に注意して犬に食べさせればよいのかを解説していきます。

もやしにはどんな成分が含まれている?

犬 もやし

もやしは水分が豊富な野菜であり、重増しにも有用な食材ですが、身体にとっても良いとされる様々な成分が含まれています。ここでは、代表的な栄養素を3つご紹介します。

食物繊維

もやしには食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境を改善させる効果が期待できます。

ミネラル

もやしにはカリウムとカルシウムといったミネラルが豊富に含まれています。

アミノ酸

もやしにはアスパラギン酸というアミノ酸が含まれています。このアミノ酸は疲れの回復にアプローチすると言われています。

▼「もやし」の栄養素を詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック!▼
【オリーブオイルをひとまわし】シャキシャキ食感を楽しみたい!もやしの栄養とおすすめレシピ

犬にもやしを与える際の調理法と注意点

犬 もやし

それでは実際に犬にもやしを与える時はどのようにすれば良いのでしょうか? もやしは食物繊維が豊富な野菜のため、生で与えると消化されずに排泄されることがあります。

消化を助けるためには、細かく切ってから与えると消化されやすくなりますので、ぜひ試してみてください。 またもやしは腐りやすいため、生で食べることもできるのですが、少し湯がいてから愛犬に与えると安心です。夏場は愛犬の食材の管理には十分に注意してくださいね。

犬にもやしを与える注意点

大豆アレルギーに注意

犬にもやしを与える場合には、食物アレルギーにも注意しましょう。初めてもやしを与える際は便の状態やこのようなアレルギー症状がでないかに注意しながら少量づつ与えてみましょう。もやしは大豆類のため、大豆にアレルギーのある犬は、もやしを与えるのは控えてください。アレルギーの症状としては吐く、下痢、皮膚の痒みなどがあります。このような症状がみられた場合は与えるのはやめ、動物病院を受診するようにしましょう。

適量を守って!

また、愛犬にもやしを食べさせる際は、食べさせすぎに注意してください。もやしは水分が豊富で食物繊維が多いため、消化能力の低い子犬やシニア犬は与えすぎると下痢してしまう可能性があります。個体差もありますが、犬の体重に合わせて1回当たり10~20gを上限に与えるようにしましょう。

もやしを使って愛犬のために手作りご飯!

犬 もやし

もやしはカロリーが低く、水分をたくさん含んでいることから、ダイエットメニューによく使用されている野菜です。 犬であっても同じような使い方ができる食材ですので、少し肥満気味の犬の場合には、普段のドライフードに、少しもやしを加えることで、かさ増しすることができます。 ぜひ愛犬の手作りご飯にも「もやし」を活用してみてください。

  • 更新日:

    2019.10.21

この記事をシェアする