magazine

食べもの

2019.10.19

犬×食べ物を知る!

犬はほうれん草を食べても大丈夫?ほうれん草を与える際の注意点など

鉄分豊富で、私たち人間が日頃食べる野菜の中でも、身近な存在であるほうれん草。
ほうれん草は栄養素が豊富なため、犬にも与えたいと考えている人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、犬にほうれん草を与えても良いか、ほうれん草を与える際の注意点などについてご説明します。

#Foods

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬はほうれん草を食べても大丈夫?

犬 ほうれん草

栄養満点のイメージが強いほうれん草は、もし愛犬にも与えて良いのであれば、ぜひとも食べさせたい野菜のひとつですよね。

犬にほうれん草を与えても大丈夫!

結論から言うと、犬にほうれん草を与えても大丈夫です。
もちろん、適切な量を与えなければ犬の胃腸に負担をかけてしまう可能性がありますので、注意が必要です。
後述しますが、犬にほうれん草を与える際は、必ず火を通してからにしましょう。

ほうれん草の栄養素と、期待できる愛犬への効果

犬 ほうれん草

ほうれん草と言えば、鉄分が多く含まれている食材であることで有名ですが、実は鉄分以外にも様々な栄養素が含まれています。
鉄分を含め、ほうれん草に含まれている代表的な栄養素についてご説明します。

鉄分

まずは、ほうれん草の代表的な栄養素である鉄分についてご紹介します。
ほうれん草には牛のレバーと同等の鉄分が含まれていると言われており、ほうれん草を食べることで貧血を防止することに繋がるでしょう。

ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB12

ほうれん草は、鉄分のほかにもビタミンが豊富に含まれています。特にビタミンCは、犬の肌を健康的に保つことが期待出来ます。さらにビタミンCには、免疫力を高める効果もあると考えられています。そしてほうれん草にはビタミンKも多く含まれています。ビタミンKは骨粗しょう症や骨折を予防する効果も期待されます。

カリウム

カリウムは、摂取しすぎた塩分を体外に放出してくれる栄養素のひとつです。ほかにも血圧を下げる効果もあります。

愛犬にほうれん草を与える際の注意点

犬 ほうれん草

それでは最後に、犬にほうれん草を与える際の注意点についてご説明します。
ほうれん草を犬に与えても問題ありませんが、環境省が発行している「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」には「注意が必要なもの、与えすぎないほうが良いもの」にほうれん草がリストアップされています。
それはなぜなのか、もし犬にほうれん草を与えるならどのように与えれば良いのかについても解説します。

ほうれん草は茹でて与える

ほうれん草にはシュウ酸が多く含まれています。シュウ酸は、摂取しすぎるとシュウ酸カルシウム尿石症の原因になってしまいます。
そのため、犬にほうれん草を与える際には、必ず茹でてアク抜きをした後で与えましょう。茹でてアク抜きをすることで、ほうれん草に含まれるシュウ酸の量を減らすことが期待出来ます。

細かく刻んで与える

犬にほうれん草を与える際には、茹でてアク抜きをした後に、細かく刻んだりすり潰したりして与えると良いでしょう。
そうすることで、ほうれん草に含まれる栄養素が吸収されやすくなります。

ほうれん草は犬の身体にとても良い野菜。ただし与え方に気を付けて

犬 ほうれん草

ほうれん草は、犬の身体にとってとても有能な野菜のひとつです。一方で、生でほうれん草を与えてしまうと、シュウ酸カルシウム尿石症のリスクが高まってしまいます。そのため、犬にほうれん草を与える際は、必ず茹でてアク抜きをし、細かく刻むなどして与えましょう。
与えすぎに注意し、適量を犬に与えることで、犬の日々の健康を支えてくれるかもしれません。手作りのドッグフードを与えたい人は、是非ともほうれん草を加えてみることをおすすめします。

  • 更新日:

    2019.10.19

この記事をシェアする