magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 犬は「じゃがいも」を食べても大丈夫?犬とじゃがいもの関係について

2019.10.10

読みもの        

犬×食べ物を知る!

犬は「じゃがいも」を食べても大丈夫?犬とじゃがいもの関係について

大切な愛犬に対して、せっかくなら美味しいものを食べさせたい!という気持ちは、犬オーナーさんなら誰でも持っていますよね。しかしながら、世の中に存在する食べ物の中には人間が食べても良くても愛犬には与えてはいけない食べ物がたくさんあります。「じゃがいも」のように、人間でも食べ方や保存に注意しなければならない食べ物だと、なおさらです。そこで今回は、愛犬にじゃがいもを食べさせても大丈夫かどうかを解説していきます。

#Foods

Author :docdog編集部

犬はじゃがいもを食べても大丈夫?

犬 じゃがいも

まず「犬はじゃがいもを食べても大丈夫?」について、結論から述べると「愛犬が食べても大丈夫だけど、食べさせ方には十分注意する必要がある」という点を押さえておきましょう。

実は、穀類にアレルギーを持つ犬用のドッグフードの多くは、じゃがいもを原材料として使用しています。つまり、犬はじゃがいもを食べても基本的には問題ありません。ただし、無条件にじゃがいもを食べても大丈夫ということではありませんので、愛犬の健康を守るためにも注意事項をしっかりと把握するようにしましょう。

犬とじゃがいもの関係性。じゃがいもの栄養素とは

犬 じゃがいも

犬にじゃがいもを食べさせる際に重要なのは「じゃがいもの栄養素」について理解しておくことです。じゃがいもには人間にとって重要な栄養素が豊富に含まれており、犬にも同じことがいえます。しかし、人間にとって無害でも犬にとっては過剰症などのリスクが高まる栄養素もありますので注意が必要です。

ビタミンC

まずは「ビタミンC」です。100gあたり47㎎と豊富に含まれているビタミンCは人間にとって健康と美容に関係する栄養素の代名詞ですが、犬は体内でビタミンCを生成できます。ただし、老化や病気などでビタミンCを生成できない犬の場合、じゃがいものビタミンCは役立つでしょう。

カリウム

次に「カリウム」です。100gあたり553㎎と豊富に含まれているカリウムは、体内の水分や塩分の調節に重要な役割を担います。犬にとっても塩分調節は重要なことであり、高血圧などの予防・改善に役立ちます。

食物繊維

他には「食物繊維」も豊富です。100gあたり1.7gの食物繊維は、便秘を解消して腸内環境を改善したり、糖や脂肪の吸収を緩やかにするといった効果が期待されています。人間だけでなく犬にも同じことがいえますので、飼い犬の健康を守るために重要な栄養素となります。

犬にじゃがいもを食べさせる際の調理法と注意点

犬 じゃがいも

じゃがいもの豊富な栄養は犬にとっても重要なものである一方で、無条件に犬にじゃがいもを与えることが美徳というわけではありません。愛犬にじゃがいもを与えるのであれば「調理法と注意点」をしっかりと押さえておきましょう。

与え過ぎない

調理法と注意点の1つ目は「犬にじゃがいもを与え過ぎない」ことです。じゃがいもには炭水化物およびカロリーも豊富であり、小型犬の場合だと中サイズにじゃがいも(40g程度)丸ごと1個では食べ過ぎになります。適当な大きさに加工して、愛犬のサイズに適した量を与えましょう。食後に嘔吐した場合には食べすぎの可能性がありますので、注意しましょう。

皮と芽は取り除いておく

調理法と注意点の2つ目は「皮と芽は取り除いておく」ことです。皮は消化不良の原因に、芽は人間も同様に有毒物質「ソラニン」の存在が問題です。愛犬にじゃがいもを与える場合、芽を取り除き、皮はむいてあげましょう。

食べやすく調理する

調理法と注意点の3つ目は「食べやすく調理する」ことです。人間も生のじゃがいもは食べられないように、犬も生の状態のじゃがいもを食べると消化不良を起こしてしまう可能性が高いのです。茹でたり蒸したりして、中まで完全に火を通してから与えるようにしましょう。

犬にじゃがいもを食べさせた際に起こり得る症状と対処法

犬 じゃがいも

じゃがいもの中毒症状といえば前述の「ソラニン」だけでなく、実はじゃがいも全体に含まれている「チャコニン」という物質も犬にとって中毒症状を起こす原因になる可能性があります。これは緑色に変色したじゃがいもに含まれている毒素であるため、症状回避のため絶対に愛犬には緑のじゃがいもを与えないようにしてください。

犬がじゃがいもを食べた際の対処法

基本的に少量のじゃがいもであれば犬が食べても対処法は必要ありません。しかし、食べ過ぎてしまうとカロリーオーバー、毒素を取り除けていないじゃがいもを食べると中毒症状を起こすなど、対処法を実施しなければならないこともあります。そうした場合の対処法は、それ以上じゃがいもを食べさせないことと、すぐに動物病院で診てもらうことが重要です。

犬にじゃがいもは基本OK、食べすぎなどに要注意

犬 じゃがいも

人間にも同じことが言えますが、犬にじゃがいもを食べさせるのはカロリーオーバーや毒素の関係で危険なケースもあります。日常的にじゃがいもを犬に食べさせる場合は、犬が勝手に食べないように工夫することと、毒素が含まれているじゃがいもを食べてしまった場合には早めに動物病院に連れて行ってあげることが重要です。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

知りたい情報を検索!