magazine

食べもの

2020.02.03

犬はマグロの刺身を食べてもいい?部位別のマグロの栄養価・食べさせる際の注意点とは

犬が、ペットとしてではなく家族の一員として共に暮らすようになった今、食事の在り方も変わってきました。最近では、手作り食やトッピングご飯などが人気で、私たちが口にする食材も犬が食べる機会が増えてきました。ただし、犬には食べられる食材と食べてはいけない食材があるため、与える前に下調べが必要です。そこでここでは、私たち日本人と馴染みが深い【マグロの刺身】を愛犬が食べてもいいのか?を徹底解説していきます。

#Foods

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬はマグロを食べても大丈夫?

犬 刺身

魚と言えば猫のイメージも強く、犬に生魚を与えるということに、抵抗や疑問を抱く方も多いかもしれませんが、実は犬はマグロの刺身を食べても問題はありません。

なぜ愛犬に生魚を与えても大丈夫なの?

まだ犬が野生だった頃、狩りをして生活をしていた彼らは生肉が主食でした。今では人間と共に暮らすようになり、ほぼ雑食となってきた犬たちですが、野生時代の食分化の名残りがあるため、生肉と同様にタンパク質が豊富で、同じような栄養素で構成されている「生魚」を与えても大丈夫ということになります。

マグロ特有の栄養素も

マグロをはじめとする魚類には、たんぱく質が豊富に含まれているため、実際にドッグフードの主原料としても使用されています。また、マグロにはオメガ3不飽和脂肪酸も豊富に含まれているので、皮膚・筋肉・血液・被毛・骨などの健康維持に取り入れたい栄養素でもあります。

その他、マグロの血合いにはタウリンや必須アミノ酸の1つであるビタミンB6も含まれているので、健康を維持したいときにぴったりの食材であると言えます。

もちろん大量摂取は禁止!

ただし、健康的な食材であっても与えすぎには気を付けなけれはなりません。 マグロをはじめとする魚介類には、水銀が含まれているため多量に摂取してしまうと中枢神経に悪影響を及ぼすことがあります。

私たちの場合も、妊婦・幼児は特に気を付ける必要があり、週に1~2回程にとどめておいた方が良いと言われています。そのため、愛犬にマグロの刺身を与える際は、同じように与えすぎないよう少量にすることが望ましいです。

愛犬にマグロの刺身を与えるならどの部位?

犬 刺身

一言でマグロといっても、マグロには色々な部位があり、その部位によって栄養価も異なります。

赤み

魚介類の中で、マグロの赤みはNo.1のたんぱく量です。また、脂肪が少ないため、高たんぱく低カロリーです。

血合い

血合いは、たんぱく質だけでなく鉄分・タウリン・ビタミンEが豊富に含まれています。

トロ

脂肪分が多いトロは、赤身の約3倍のカロリーがあり、EHA・DHA・ビタミンA・D・Eも豊富に含まれています。DHAに関しては、記憶力や集中力効果が期待できるとのことで、実際に子犬用のドッグフードにも含まれている栄養素です。

マグロを食べさせる際の注意点

犬 刺身

マグロには、与えすぎること以外にも愛犬に与える際の注意点いくつかあります。 間違った食べさせ方をしてしまうと、健康のために食べさせたつもりがかえって体調不良を引き起こしてしまうこともあるため、十分に注意しましょう。

新鮮なものを食べさせる

私たちもそうですが、鮮度が落ちたものは体に良くありません。食べさせる際は、購入したばかりの新鮮なものにしましょう。

わさびや醤油は使用しない

味がなくて可哀想と思うかもしれませんが、わさびやしょうゆは刺激が強く健康によくありません。犬には優れた嗅覚があるので問題はないので、何も味付けはせずそのまま食べさせましょう。

少量から食べさせること

はじめてマグロを食べさせる際は、少量からスタートし体調に変化がないかチェックしてから量を増やしましょう。とくに、日頃から消化不良になりやすく下痢や嘔吐をしがちな子に食べさせる際は特に注意が必要です。

寄生虫に注意すること

販売されているものにはまずないかもしれませんが、稀に寄生虫が付着していることがあります。そのため、食べさせる際は、目でよく確認したり、包丁で細かく切ってから食べさせましょう。

マグロの刺身で愛犬の食生活を豊かに!

犬 刺身

いかがでしたでしょうか?
生魚であるマグロの刺身も、食べさせ方に気を付ければ問題ないということが分かりました。栄養価が高いマグロ、犬の健康状態に合わせてちょっとしたご褒美で食べさせてあげると、きっと喜んでくれるでしょう。気になる方は、ぜひ注意点を考慮した上で、少量からトライしてみてくださいね。

  • 公開日:

    2019.10.07

  • 更新日:

    2020.02.03

この記事をシェアする