magazine

お出かけ / 遊び

2020.03.11

ポメラニアンと楽しく遊びたい!散歩やおもちゃで誰よりも楽しもう

フワフワで美しい被毛を持つポメラニアンは、遊ぶことが大好きでちょこちょこと動き回っては何が楽しいことはないかと探しています。
そんな好奇心旺盛のポメラニアンと楽しく遊ぶためには、一体どんなことに気を付けて、どんな遊びをすれば良いのでしょうか?ここでは、ポメラニアンと遊ぶときに役立つ情報を解説していきます。

#ポメラニアン

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ポメラニアンとの散歩

ポメラニアン

動き回ることが大好きなポメラニアンとお散歩する時は、一体どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

散歩する時間

平均体重が1.8kg~2.3kgでありながら、散歩することが大好きな犬種です。ただし、被毛が分厚いために、熱がこもり熱中症になりやすい傾向にあります。特に夏場の散歩時間には注意し、比較的涼しい時間に散歩に行くようにしましょう。
散歩が大好きですが骨が細く骨折しやすいポメラニアンは、1日2回(各15分程度)の散歩で十分な運動ができます。関節も弱いので、長時間の散歩はしないようにしましょう。

散歩コース

基本的には、散歩コースはいつもと同じで大丈夫です。
愛犬の思うままに散歩をさせると、主従関係が逆転する可能性もあります。気分転換で散歩コースを変える時も、飼い主さんが主導で行き先を決めるようにしましょう。

ポメラニアンとの遊び方

ポメラニアン

遊ぶことが大好きなポメラニアンのためにも、一緒に遊ぶことは必要不可欠です。それでは、一体どのような遊びをしてあげればポメラニアンは喜んでくれるのでしょうか?
ここでは、ポメラニアンとの遊び方について紹介していきます。

競技で遊ぶ

競技と言えば、アジリティを思い浮かべる方も多いかもしれません。アジリティと言うと、ボーダーコリーのような中型犬以上が行うものだと思いがちですが、実際には小型犬も参加できます。
骨や関節に負担が掛からない程度に、少しずつチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。好奇心旺盛なポメラニアンですから、アジリティに夢中になることでしょう。

おもちゃで遊ぶ

動くのが大好きなポメラニアンは、おもちゃ遊びも大好きです。おもちゃ遊びで大切なのは、遊んでいいおもちゃと遊んではいけないモノの区別をつけることです。衣類や靴下、タオルなどを丸めておもちゃにする方もいますが、犬にとってみれば区別がつきにくいため、犬用おもちゃで遊ぶと決めるのがよいでしょう。

ゴム製ボール・犬用ガム・引っ張りっこできる綱などを使用し、コミュニケーションを取りながら一緒に遊びましょう。また、散歩に行けない日は、室内遊びをしてあげることで気分転換にもなるのでおすすめす。

ポメラニアンと遊ぶ際に気をつけること

ポメラニアン

好奇心旺盛で活発なポメラニアンは、骨や関節が弱いため骨折しやすい体質です。一緒に遊んでいると、つい我を忘れて遊びに夢中になってしまうこともあり、興奮した勢いでケガをしてしまったというトラブルもあります。
ポメラニアンと遊ぶ際は、以下の点に気を付けるようにしましょう。

床に気を付けよう

カーペットや和室など、床が凹凸のあるタイプなら問題ないのですが、ツルツルしたフローリングは滑りやすく骨や関節に負担がかかります。遊ぶ時は滑らない場所で遊ぶようにしましょう。
遊ぶ場所にだけコルクマットや滑り止め防止できるラグを敷いてあげるのも効果的です。

家具に気を付けよう

誤飲・誤食をしないためにも、室内の家具の配置には十分注意しましょう。電源コードなどは、遊んでいる勢いで足を絡ませてしまいケガにも繋がりかねません。コード類は、隠したり固定するなどの工夫も必要です。

遊ぶ時間に気を付けよう

散歩時間が15分程度なので、一緒に遊ぶ時間も15分程度で問題ありません。遊びすぎてしまうと、興奮状態が長く続いてしまい、骨や関節に負担が掛かってしまいます。
興奮してきたら遊ぶのをやめるなど、愛犬の様子を見ながら時間調整をしましょう。

愛情も持ってポメラニアンと遊ぼう

ポメラニアン

一緒に遊ぶということは、ただ楽しむだけでなく、お互いの信頼関係を築く時間としても非常に大事です。
ポメラニアンは、飼い主に忠実で従順です。毎日一緒に遊びコミュニケーションを取ることで、より良い関係性が築けるでしょう。ぜひ、ポメラニアンと遊びながら楽しい時間とより良い関係を築きましょう。

  • 公開日:

    2019.10.29

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする