magazine

お出かけ / 遊び

2020.03.11

トイプードルと楽しく遊ぶ!おもちゃや遊び方についてご紹介

トイプードルはとても活発で、飼い主と遊ぶことも大好きな犬種です。
また、トイプードルは大変賢く、数ある犬種の中でもボーダーコリーに次いで頭が良いと言われています。
テディベアのような見た目で大人気のトイプードルと楽しく遊ぶ方法についてご紹介します!

#トイプードル

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

トイプードルの運動量

トイプードル

トイプードルは小型犬ですが、毎日に必要な運動量はどのくらいなのでしょうか?
過去には鳥猟犬としても活躍していたこともある、トイプードルの運動量について解説します。

運動量は豊富

トイプードルは比較的運動量を必要とする犬種です。
小型犬でありながら、目安として1日に朝晩2回、各30分ずつの散歩時間が目安となります。
愛犬のペースに合わせながら、時折おもちゃ遊びや一緒に走ったりすることで、コミュニケーションを取る時間にもなります。

トイプードルとの散歩コース

トイプードル

散歩の仕方によっては、飼い主よりも先に進もうとして、引っ張り癖がついてしまうことがあります。
それでは、どのような散歩コースにすると、トイプードルに引っ張り癖がつかないのでしょうか。

散歩コースは毎回変えることをおすすめ

散歩コースは、毎日変えるのがおすすめです。そうすることで、「今日はどのコースを歩くんだろう?」と、飼い主の様子を伺いながら歩くようになります。そうすると、引っ張り癖がつくことなく、毎回新鮮な気持ちで散歩をすることができるでしょう。
毎日の散歩コースを変えることはマンネリを防ぐことができ、気分転換にもなりおすすめです。

トイプードルと一緒に競技会に参加しよう

トイプードル

トイプードルを飼っている人は、その運動能力の高さをご存知でしょう。
と言うのも、トイプードルは大変足が速く、頭も良いためドッグスポーツに向いています。
もしもやる気があるのであれば、トイプードルと一緒に協議会に参加してみてはいかがでしょうか?

アジリティーが得意

アジリティーは、ドッグスポーツの中でも人気があります。人間がハンドラーとなって、犬と一緒に障害物競争をする競技です。
世界大会も行われているドッグスポーツで、小型犬では多くのトイプードルが活躍しています。トイプードルは頭が良く足も速い、さらには小回りも効くため、アジリティーに向いている犬種と言えるでしょう。
アジリティーは、犬との信頼関係を築く意味でも大変良い機会です。もしも興味があるのであれば、近隣のアジリティーを指導してくれる犬の訓練所に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

トイプードルにおすすめのおもちゃ

トイプードル

トイプードルは、飼い主と遊ぶことも大好きです。トイプードルにおすすめのおもちゃをご紹介します。

ボール

トイプードルは、鳥猟犬として活躍していた歴史もあり、ボール遊びが大好きです。ボールに紐がついているようなおもちゃであれば、愛犬と一緒に引っ張り合いも楽しめるでしょう。

トイプードルとの遊び方

トイプードル

トイプードルは好奇心旺盛であるため、様々な遊び方を楽しむことができます。
おもちゃを隠して探したり、一緒におもちゃの引っ張り合いをしたり、時には飼い主も一緒になって遊んでみましょう。トイプードルとの上手な遊び方についてご説明します。

とにかく人間も楽しむ!

トイプードルとの遊び方としては、人間も一緒に楽しむことが一番大切です。
愛犬の名前を呼んだり、「すごい!」「えらい!」などと声をかけてあげましょう。そうすることで、犬は飼い主に対して「この人は一緒に遊ぶといつも褒めてくれて、一緒に楽しんでくれてうれしい!」と理解するようになります。外では他人の目が気になるかもしれませんが、一度プライドを捨ててはしゃいでみると良いでしょう。

一方で、愛犬が噛んだり必要以上にしつこく引っ張って来たりする場合は、メリハリを付けて低い声で短く叱ることも大切です。高い声で騒ぎ立てると、愛犬にとってはまだ一緒に遊んでもらっているとしか理解できないので、必ず声色を変えるよう心がけます。もし、それでも辞めない場合は、辞めるまで無視をするのが良いでしょう。

トイプードルは遊び上手!楽しく一緒に遊びましょう

トイプードル

以上のように、トイプードルは大変運動量豊富で遊び好きな犬種です。
散歩をしながらでも、室内でも飼い主と一緒に楽しく遊ぶことができます。
犬の好奇心を刺激しながら、お互いに楽しく一緒に遊んでみてはいかがでしょか?

  • 公開日:

    2019.10.30

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする