magazine

お手入れ

2020.03.11

トイプードルを飼い始めたら、知っておきたいトリミングについて!

今はたくさんのご家庭で小型犬が飼われていますね。家族の一員として大切に育てている飼い主さんは多いはず。そんな小型犬の中でもトイプードルは、クルクルとカールした可愛い被毛が特徴的な、とても人気が高い犬種です。
今回はそんなトイプードルについて、被毛の特徴からお手入れの仕方、トリミングについて詳しくご紹介していきます。

#トイプードル

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

トイプードルの毛質・換毛期について知っておこう!

トイプードル トリミング

犬を飼っている多くの飼い主さんの悩みの1つは抜け毛です。毎日のお掃除にも手間がかかるのではないでしょうか。しかし、トイプードルの毛質は他の犬種に比べて抜け毛が非常に少ないという特徴があり、床に毛が落ちることはほとんどありません。

犬の被毛のタイプは、シングルコートとダブルコートの2種類があります。シングルコートは上毛のみの単毛、ダブルコートは上毛と下毛の二重毛となります。この下毛が、換毛期になると大量に抜け落ちるのですが、トイプードルはシングルコートなので抜け毛が少ないのです。

また他の犬種と同様、春と秋に換毛期はありますが、やはり抜ける量は少なく、抜けた毛はカールした被毛に絡んでいる状態になります。
換毛期には、丁寧なブラッシングで被毛に絡んだ抜け毛を取り除いてあげるとよいですね。

トイプードルのトリミングの頻度や内容、値段は?

トイプードル トリミング

トイプードルは1ヵ月から2ヵ月に1回程度の、定期的なトリミングが必要になります。毛が伸びると絡まりやすく、毛玉ができてしまうこともあります。そのまま放置しておくと汚れが溜まりやすくなり、被毛を清潔に保てないため皮膚炎の原因となることがあります。注意しておきましょう。

【トリミングの内容】
・全身カット
・シャンプー
・爪切り
・肛門のう絞り
・肛門バリカン
・足裏バリカン
・足回りのカット
・お腹のバリカン

トリミングのお値段は、サロンにより様々で、6000円~10000円くらいのサロンが多いようです。また、トイプードルのカットは他の犬種より手間がかかるため、お値段を少し高めに設定しているサロンもあります。

トリミングで追加料金が発生するのはどんな時?

トイプードル トリミング

トイプードルのトリミングでは追加料金が発生することがあります。それは被毛のもつれによる毛玉カットの場合がほとんどです。毛玉は早い段階でほぐさないと、どんどん固まりフェルト状になってしまいます。

【毛玉ができやすい場所は?】
・脇の下
・内股
・足先
・耳の裏の付け根部分

こまめに愛犬のブラッシングをしていても、上記のような部分には毛玉ができやすいものです。また、足先のブラッシングを嫌がる犬が多いため、大きな毛玉が足先にできてしまうことがよくあります。毛玉の量が多くなると、手間がかかるために500円から1000円程度の追加料金が発生してしまいます。他には、バリカンを使わずオールシザー(全身ハサミでカット)の場合、プラス1000円程度の追加料金があります。

トリミングの前に飼い主さんがやっておきたいこと!

トイプードル トリミング

今回はトイプードルのトリミングについてのご紹介をさせていただきました。トイプードルのトリミングには、およそ2~3時間かかります。慣れない場所で不安になりストレスを感じる犬も多いはず。トリマーさんのお話では、毛のもつれが多い子は、最初のブラッシングにかなり時間がかかるということです。飼い主さんは、少しでも愛犬のストレスを減らすためにも日頃からこまめなブラッシングを心掛け、特にトリミング前は丁寧にブラッシングしておくとよいかもしれませんね。

  • 公開日:

    2019.10.16

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする