magazine

お手入れ

2020.03.12

ゴールデンレトリバーの毛色は何種類?愛情を込めて被毛をお手入れしよう!

愛情深く、優しい表情で人々を魅了するゴールデンレトリバー。 その名前の通り「ゴールド」の毛色をイメージする方が多いと思いますが、実はゴールデンレトリバーには複数の毛色の種類がいることをご存知でしょうか? 今回は、ゴールデンレトリバーの魅力のひとつである毛色の秘密を探ると共に、一緒に生活する上での抜け毛、被毛のお手入れ方法を解説していきます。

#ゴールデンレトリバー

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ゴールデンレトリバーの毛色は2種類

日本国内での犬の品種認定や犬種標準(スタンダード)の指定、血統書の発行するJKC(ジャパンケネルクラブ)では、ゴールデンレトリバーの毛色の種類はゴールドまたはクリームの色調で、胸にわずかに見られるホワイトは許容されるとあります。実はゴールデンレトリバーという犬種には2種類の系統があって、どこの国で世代交代をしてきたかによって、少しだけ毛色の違いが見られます。

ゴールド(アメリカ系)

ゴールデンレトリバー 色

皆さんが最もイメージしやすいゴールデンレトリーバーの毛色が「ゴールド」ではないでしょうか?薄めの淡いゴールド~赤みがかかったゴールドなど、色の濃淡の差はありますが、きらきらと輝く金色の長い飾り毛が風になびく姿は、とても優雅ですよね。諸説はありますが、少し濃いめのゴールドや赤茶色は、アメリカで交配しながら世代交代をしてきたと言われており、日本にいる多くのコたちは、この系統と考えられています。

ホワイト(イギリス系)

ゴールデンレトリバー 色

ゴールデンレトリーバーには、白色っぽい毛色のコもいます。日本ではゴールドの毛色のコに比べて飼育頭数は多くありませんので、出会えたら今日はラッキーだな、なんて思えそうですよね。ゴールデンレトリーバーは、生まれたときはかなり白色っぽい毛色をしているコが多いのですが、成長するにつれて徐々にクリーム色が見えてくることがよくあります。こちらの白色っぽい毛色のコは、イギリス系統と考えられています。

番外編・ブラック

ゴールデンレトリバー 色

ゴールデンレトリーバーのような姿と見た目で、黒色~茶色がかった毛色を持つのは、フラットコーテッドレトリバーという犬種です。ゴールデンレトリバーよりもやや細身で小さめな体をしています。

ゴールデンレトリバーの被毛と抜け毛

ゴールデンレトリバー 色

ゴールデンレトリバーと共に生活する上で、被毛と抜け毛のお手入れは気になるところですよね。 特に室内で飼育している場合、抜け毛の問題はより身近なものになります。ゴールデンレトリバーの被毛と抜け毛について考えてみましょう。

被毛の構造

ゴールデンレトリバーの被毛は二重構造になっており、表面に見える上層部の長い上毛(トップコート)と、トップコートより細く短い下層部の下毛(アンダーコート)があります。下毛は密に生えており、防水性や保温性に優れています。そして上毛は弾力性があり、直毛もしくはウェーブがかかっています。

抜け毛

下毛には保温性があるため、冬は体温を保つ役割を果たします。しかし、春先には下毛が必要なくなるので抜け毛が多くなります。

また、秋から冬にかけても同様に毛の生え変わりの時期があります。 換毛期は身体を振っただけでも毛が舞うようになるため、ゴールデンレトリバーを室内で育てることが一般的になりつつある今、抜け毛対策は必要不可欠と言えそうです。

ゴールデンレトリバーの被毛のお手入れ方法

ゴールデンレトリバー 色

ゴールデンレトリバーの被毛は、手入れを怠ると毛玉ができたり、通気性が悪くなり皮膚病の原因になることがあります。 正しいお手入れ方法をマスターし、美しい被毛の健康を守りましょう。

ブラッシング

被毛のお手入れ方法の基本はブラッシングです。
ゴールデンレトリバーの下毛は細く柔らかく、毛玉になることがあります。

特に耳の後ろは毛玉ができやすい場所です。
一度毛玉になるとほぐすことが難しく、毛を切らなければならなくなることもあるので、毛玉になる前にこまめにブラッシングで毛をといておくことがお手入れ方法のコツです。
散歩の後に行うと身体に付着したゴミや害虫も一緒に落とすことが可能です。

●スリッカーブラシの使い方

スリッカーブラシは抜け毛の除去に効果的です。 余分な下毛を効率的に取り除き、被毛のもつれをとくことができます。

ただし、ピン先が鋭いので使い方には注意が必要です。上からスリッカーブラシを握るように持ったり、強い力で皮膚に当ててしまうと擦過傷になってしまいます。 下から鉛筆を持つように軽く握り、力を込めずに皮膚に対して平行にブラシをかけましょう。

●シャンプー

シャンプーは月に2回が目安です。 人用のシャンプーはもちろん犬には合わないので、犬用のシャンプーを用意しましょう。 シャンプー剤には希釈が必要なものもあるので、パッケージを確認してから使用します。

全身の被毛をぬるま湯でよく湿らせてから、シャンプー剤を全身に行き渡らせ、指の腹を使って皮膚を揉むようにして洗いましょう。
すすぎ残しは皮膚病の原因になるので、ぬめりが残っていないか確認しながら洗い流します。

シャンプー前のブラッシングの重要性

ブラッシングせずにシャンプーを始めてしまうと、もつれがひどくなったり、乾かす時に時間がかかってしまうことがあります。
シャンプー前にはブラッシングで出来るだけ抜ける毛を除去し、先にもつれを解いておきましょう。

ゴールデンレトリバーの被毛は愛情を込めてお手入れを!

ゴールデンレトリバー 色

ゴールデンレトリバーの金色の美しい被毛・クリームがかかったホワイト色を維持するためには、飼い主さんが正しい方法でケアしてあげる必要があります。 被毛のお手入れはコミュニケーションを増やす機会にもなりますので、ぜひ愛情をいっぱい込めてケアをすることを心掛け、充分な時間を取ってあげましょう。

  • 公開日:

    2019.10.05

  • 更新日:

    2020.03.12

この記事をシェアする