magazine

犬種図鑑

2020.03.12

キャバリアの性格はこんなに魅力いっぱい!性格を踏まえた育て方・遊び方とは

キャバリアは小型犬に分類されていますが、その中では比較的大きめの体格をしているイギリス原産の犬です。どんな犬種にも魅力的なところはありますが、キャバリアにはどんな魅力があるのでしょうか。ここではキャバリアの魅力や特徴などをご紹介します。

#キャバリアキングチャールズスパニエル

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

キャバリアの性格とは?

キャバリア 性格

キャバリアは、活発な一面もあれば、穏やかでおっとりしている一面もあります。噛む・吠えるなどの問題行動を起こす子は少なく、「一緒に暮らしやすい犬種」と言われることも多いです。ここでは、キャバリアの魅力や特徴についてご紹介します。

キャバリアの魅力について

キャバリアは人懐こく、人だけでなく犬に対しても友好的な性格をしています。しつけもしやすく、問題行動もあまり起こすことがないため、暮らしやすい犬種です。飼い主と一緒に遊ぶことが大好きで、外で一緒に運動することも好きです。初めての場所に連れて行くことも比較的ハードルが低く、飼い主のお友達ともすぐに打ち解けることができる点も魅力のひとつです。

キャバリアの特徴について

動き一つにしてもバタバタすることはあまりなく、優雅に歩きます。体高より体長が長く、耳は垂れていて、目はくりくりと大きいです。耳周り、胸、足回り、尻尾などの被毛は長く、被毛には艶があります。

キャバリアの性格を踏まえた上手な育て方

キャバリア 性格

人に対して警戒していることも少ないため、比較的早く家に慣れてくれます。子どもや他の犬に対しても友好的に接してくれるため、一緒に暮らす上で困ることは少ないでしょう。

しかし、このような性格は飼い主との接し方や環境なども関係していきます。キャバリアの接し方として座れ・伏せ・待てなどの基本的なトレーニングはしっかり行い、ダメなことはダメと叱り、良いことは褒めメリハリをつけましょう。

キャバリアと暮らす上で気を付けること

キャバリアとの過ごし方では運動量に気をつけましょう。キャバリアは小型犬ですが、1日30分以上の運動量を必要とします。1日2回に分けて外に連れ出してあげましょう。
かかりやすい病気として心臓病、白内障・角膜炎などの眼科疾患が代表的です。特に心臓病が多く見られるので、心臓の検査は定期的に行うと病気の早期発見につなげることができます。

キャバリアの性格に合った遊び方

キャバリア 性格

キャバリアの運動量は他の小型犬より多く、運動不足になるとストレスにより物を壊すなどの破壊行動を引き起こすこともあります。物を壊すだけでなく、ストレスが溜まると病気になりやすくなり、破壊行動が悪化し、吠える・噛むなどの攻撃行動を起こすこともあるので、非常に危険です。ここではキャバリアとの遊び方についてご紹介します。

ボールで遊ぶ!

キャバリアは飼い主と遊ぶことも好みます。そのため、ボールなどのおもちゃを投げる遊びなども楽しむことができます。ボールだけでなく、おもちゃを使い綱引きのように遊ぶことも好きなので、いろんな遊び方を試し、その犬が好む遊びを見つけましょう。キャバリアは後発犬種ではないものの、膝蓋骨脱臼を起こすこともありますのでジャンプのしすぎには注意しましょう。引っ張りっ子なども力を加減しながら遊びましょう。

室内で工夫して遊びましょう!

室内遊びには「おもちゃを投げて持ってくる遊び」と「物を探す遊び」があります。おもちゃを投げて持ってくる遊びはどんな犬も好きな遊びです。中には興味を示さない犬もいるのでその犬が一番好きなおもちゃを使って遊んでみましょう。あまり興味を示さない場合は「物を探す遊び」に切り替えます。物を探す遊びはその犬が好きなおもちゃ、おやつなどを使用します。はじめはすぐ見つけられるような場所へ隠し、どんどん難易度を上げていきます。体だけでなく頭も使う遊びなので、犬も飼い主も楽しめますよ。

キャバリアの性格は穏やかで利口!

キャバリア 性格

ここではキャバリアの魅力についてご紹介しました。キャバリアはとても賢く、穏やかで利口な犬種です。その性格から運動はそんなに必要ないのではと思う方もいますが、しっかり運動が必要なので、たくさん遊んであげましょう。しつけなどのトレーニングも比較的早く覚えてくれるのでしつけしやすいです。一緒にいるとこちらまで穏やかになるような魅力的なキャバリア、ゆっくり過ごす時間だけでなく、一緒に体を動かす時間なども大切にし、生活してみてはいかがでしょうか。

  • 公開日:

    2019.10.14

  • 更新日:

    2020.03.12

この記事をシェアする