magazine

犬種図鑑

2019.12.03

スルーギってどんな犬種?性格・特徴などの基本情報まとめ

スルーギは、別名アラビアングレイハウンドとも呼ばれる大型犬で、同じく視覚を使って狩りを行なうサイトハウンドであるサルーキーと遺伝子的に共通点の多い犬種です。一時絶滅の危機に瀕していたため個体数はかなり少なく、日本ではほとんど見ることがありませんが、スマートでエレガントな雰囲気が人気の犬種となっています。今回はスルーギという犬種の性格の傾向や特徴などを深掘りしていきます。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

スルーギの歴史

スルーギ

歴史のある犬種スルーギ

スルーギは歴史のある犬種で、記録では2~3000年前には既に北アフリカのモロッコで育てられていた、と言われています。この地域に住む遊牧民ベドゥインに飼育されており、ウサギやガゼル、ダチョウなどの狩りをして人間たちと一緒に暮らしていました。スルーギという名前は、北アフリカのサイトハウンドを意味する「スルーギマグレブ」から由来しています。

スルーギが広まったのは本がきっかけ

スルーギが世界にその名を広めたのは、アルジェリアに駐在したユージン・ドーマス提督が書いた本がきっかけとされており、本での紹介を機に、1800年代終わりにはフランスやオランダなどヨーロッパ各地で育てられるようになりました。第二次世界大戦中に、飼育頭数が激減し、一時絶滅の危機にありましたが、戦後に積極的な繁殖が行われ、現在では飼育頭数が回復しつつあります。

イスラム教では地位が高い

イスラム教において不浄な生き物として犬は軽蔑されることも多いのですが、スルーギは例外で、現代のように家族として扱われていました。人間の女性よりもオスのスルーギは地位が高かった時代もあったほどで、スルーギが亡くなると家族は冥福を祈り、家族全員の頭髪を全て剃り落として魂を天に送るための儀式をしていたと言われています。

スルーギの性格

スルーギ

スルーギは愛情深い性格で、家族との絆を大切にします。警戒心が強めのため、周りの音や声などが気になってしまう場合があります。小動物を狩っていた狩猟犬種のため、小さい動物に対して攻撃性が高くなってしまうこともあります。繊細な面があるため、さまざまなものや人に慣れさせて、ストレスを感じさせないように注意しましょう。しつけは褒めて伸ばす方法がおすすめです。

スルーギの特徴と育て方

スルーギ

スルーギは、スリムな体の割にパワフルな力がある犬種です。大型犬に分類され、運動量も多い犬種ですので、体力に自信のある方に推奨されます。短毛種のため、お手入れは簡単で、運動量さえクリアできれば育てやすい犬種と言えます。しかし個体数が少なく、そのほとんどがモンゴルで生活しているため、日本では見かけることが少なく、自宅に迎え入れるには高額な出費が必要でしょう。

スルーギは砂漠で目立ちにくい灰色のコが多い

スルーギは体高61~72cm、体重は20~27kgの大型犬で、筋肉質ですがスマートな見た目が特徴的です。マズルや首、胴体、足、尾などが長く、耳は垂れており、尾はサーベル状で垂れています。毛色は砂漠で生活していたため、保護色である灰色が多い傾向にあります。

スルーギの罹患しやすい病気

スルーギは骨折や皮膚疾患などに罹患しやすいと言われています。パワフルで運動が大好きな犬種ですが、ジャンプしたり足に負担がかかる動きは危険です。アジリティなどは注意ながら楽しむ方がいいでしょう。

スルーギはスタミナ豊富!

スルーギは狩りを行っていた犬種のため、運動量も多く必要となります。スタミナも豊富で、1日に1時間以上散歩を2回ほど行う必要があります。遊ぶのも大好きですので、体力に自信のある方ではないと育てるのは難しいと言えます。逆に愛犬と一緒にアクティブに遊びたい方にはオススメです。

スルーギのお手入れは簡単

スルーギは、毛が短めの短毛種ですので、お手入れも比較的簡単です。ブラッシングも最低限でよく、ラバーブラシなどでマッサージするようにブラッシングしてあげると良いでしょう。一方で、肌が弱いため、シャンプーのしすぎは肌荒れの原因になってしまうこともあります。汚れはその都度濡れタオルなどでやさしく拭いてあげてください。

スルーギと過ごす幸せな時間

スルーギ

スルーギはスマートで優雅な見た目が大人気の大型犬ですが、数が少なく日本ではほとんど見かけることがありません。運動量は多く必要な犬種となりますが、お手入れなどは行いやすく、育てやすい犬種と言えます。愛犬と一緒にアクティビティやアジリティを楽しみたい方・体力に自信のある方はぜひ「スルーギ」を検討してみてくださいね。

  • 公開日:

    2019.10.06

  • 更新日:

    2019.12.03

この記事をシェアする