magazine

犬種図鑑

2020.05.05

【レア犬種】グラン・バセット・グリフォン・バンデーンってどんな犬種?

グランド(グラン)・バセット(バセー)・グリフォン・バンデーンという犬種名、聞いたことがある方がどれくらいいらっしゃるでしょうか? 犬に詳しい方でも、なかなかこの犬種を知っているという方は少ないと思います。それくらいにレアな犬種であるグランド・バセット・グリフォン・バンデーン。 見た目もかわいらしく、家族への愛情もたっぷりなこの犬種、知名度が低いのはとても残念で、ぜひ多くの方に知っていただきたいと思います。今回はこの犬種の歴史や魅力についてたっぷりとお伝えします。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

グランド・バセット・グリフォン・バンデーンの歴史

グランド・バセット・グリフォン・バンデーン

グランド・バセット・グリフォン・バンデーンをご存知ないという方も、プチ・バセット・グリフォン・バンデーンなら聞いたことがあるかもしれません。プチ・バセットは日本でも人気の犬種ですよね。
「バンデーン」という名前のつく犬種は現在4種類いて、元はそれぞれ狩猟犬として活躍していました。
グランド・バセットはその中でも野ウサギ狩りを得意とする犬種です。

野ウサギ狩りのために改良された犬種

バンデーン種は他に、「グラン・グリフォン・バンデーン」と「ブリケ・グリフォン・バンデーン」があり、どちらもグランド・バセット・バンデーンよりもサイズが大きい犬種です。

グランは、オオカミやシカなどの狩りをしていましたが、それら大型の獣が少なくなると今度は、野ウサギを狩るために、体高の低いグランド・バセット・グリフォン・バンデーンが生み出されました。野ウサギは危険を感じると、巣穴や藪の中へ逃げ込む習性があるため、それを追いかけるのに適した体形に改良されたという歴史があります。

さらに16世紀当初はまだ、グランド・バセットとプチ・バセットの区別はなく、同一種と考えられていました。その後にサイズ別で犬種が分けられ、現在ではグランドとプチの交配は禁止されているそうです。

グランド・バセット・グリフォン・バンデーンの特徴

グランド・バセット・グリフォン・バンデーン

グランド・バセット・グリフォン・バンデーンの特徴は、すべてその名前に表れています。 グランド(大きい)・バセット(体高が低い)・グリフォン(剛毛な)・バンデーン(フランスのバンデーン地方)という意味です。 つまり、フランスのバンデーン地方でうまれた大きくて足の短い剛毛な犬種ということですね。

硬い被毛は野ウサギ狩りのため

グランド・バセット・グリフォン・バンデーンの被毛が硬いのには理由があります。

グランド・バセット・グリフォン・バンデーンが狩りで野ウサギなどを追う際に、イバラや藪の中へ分け入ることから、皮膚へのダメージを軽くするために毛が硬くなったと言われています。

グランド・バセット・グリフォン・バンデーンの性格

グランド・バセット・グリフォン・バンデーン

グランド・バセット・グリフォン・バンデーンの性格は、そのかわいい見た目の通り、陽気で友好的な性格で、特に家族にはとても深い愛情を示します。

もともと狩猟犬ということもあり、自分の頭で判断するという能力にも長けているので、一緒に遊ぶ時にも頭を使う遊びなどをすると喜んでくれることでしょう。落下地点などを予測して、そこまで全速力で疾走する、フリスビーなどがおすすめです。

慣れればドッグランでも楽しめる

家族にはとても深い愛情を注ぐグランド・バセット・グリフォン・バンデーンですが、他の犬に対しては多少よそよそしいところもあるようです。 ですが、警戒心がとても強いというわけではないので、慣れてしまえばドッグランなどでも他のコたちとも仲良く遊ぶことができるでしょう。

グランド・バセット・グリフォン・バンデーンはおすすめなレア犬種

グランド・バセット・グリフォン・バンデーン

グランド・バセット・グリフォン・バンデーンは、本場フランスでは人気の犬種です。 残念ながら日本では、2014年に1頭だけジャパンケネルクラブに登録があったきりですが、見た目もかわいらしく飼いやすい犬種ですので、他ではあまり見かけない珍しい犬種をお探しの方にはぜひともおすすめしたい犬種です。

  • 公開日:

    2019.10.29

  • 更新日:

    2020.05.05

この記事をシェアする