magazine

グッズ

2019.11.02

換毛期に大活躍。犬の抜け毛取り・クリーナーを機能別に紹介

犬は全身を被毛に覆われており、ダブルコートと呼ばれる被毛タイプの場合は、特に抜け毛が沢山でます。犬種によって抜け毛の量は異なりますが、1日に1度は掃除機などでしっかり掃除を行わないと、部屋が抜け毛だらけになることも。ここでは、換毛期や日頃に使える犬の抜け毛取り・クリーナーをご紹介していきます。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

抜け毛が多い時期はいつ?

犬 抜け毛取り・クリーナー

基本的に抜け毛が多い時期は、春や秋などの季節の変わり目です。ダブルコートの子は、シングルコートより抜け毛が多いです。春はこれからの暑さに耐えられるように、秋はこれからの寒さに耐えられるよう、被毛の種類を変えるために被毛が入れ替わります。最近では室内で1年中暮らしてるため、換毛期が起きないこともあります。

ブラッシングしながら抜け毛取り!

犬 抜け毛取り・クリーナー

抜け毛の多い時期、抜け毛を防ぐためにはブラッシングを行い、抜け毛を取り除いてしまうことが重要です。ブラッシングで必要ない毛を抜いてあげることで、毛の抜け替わりを促すだけでなく、皮膚トラブルを防ぐこともできます。ここでは、「抜け毛取り」に便利なツールを紹介します。

グルーミンググローブ

グルーミンググローブは手にはめるタイプのブラシで、手のひら部分にシリコンの突起がついています。突起を使って被毛を撫でることにより、ブラッシングができます。
体の被毛をかき分け、根本から突起がついた手のひらを使って体を優しくなでます。撫でるだけで無駄毛を除去することができる一方で、シャンプーでもマッサージの目的で使用できます。ブラッシングが苦手な子でも、撫でるだけなので嫌がることが少ないのが特徴です。

Amazon商品ページはこちら

ファーミネーター

ファーミネーターは、抜け毛をしっかりと取り除いてくれるブラシです。抜けるはずの被毛を除去してくれるので、部屋に落ちる被毛量が減少します。
ファーミネーターは、毛の長さや体の大きさによりサイズが異なるのでぴったりものを選びましょう。アンダーコートの生えていない犬種は使用できないので注意が必要です。さらに、皮膚が弱い犬や皮膚の弱い部分などに使うのは控えましょう。

Amazon商品ページはこちら

ペットの抜け毛をお掃除!抜け毛クリーナー

犬 抜け毛取り・クリーナー

ブラッシングをこまめに行なっても、洋服や絨毯、ソファなどに抜け毛はついてしまうものです。ここでは、抜け毛が付いてしまったファブリックから抜け毛を取り除くためのクリーナーをご紹介します。

抜け毛取りクリーナー ペットブラシ

ペットブラシの抜け毛取り効果は抜群で、ブラシで軽く撫でるだけで抜け毛を除去することができます。クリーナーブラシ自体の掃除もとても簡単で、底部にあるゴミ箱を除去するだけです。洋服、ソファ、車内、寝具、カーペットなどにも利用することができます。

Amazon商品ページはこちら

一毛打尽 ハンディタイプ

一毛打尽 ハンディタイプは、四角い本体を洋服やソファ、カーペットなどの上でスライドさせることで抜け毛を除去できる便利ツールです。目には見えない細かい突起があり、なかなか取り除くことができなかった毛なども取り除くことができます。本体には被毛がつかないため、お手入れが簡単な点でもおすすめです。

Amazon商品ページはこちら

番外編|ペットキレイ ケトリーナ

抜け毛取りやクリーナーではありませんが、ブラッシングをするとき吹きかけることで、抜けた被毛が舞うのを防ぐことができる便利グッズをご紹介します。べたつくこともなくふんわり仕上がり、ニオイも抑えてくれるので、抜け毛が気になるときに併用して使用してみてはいかがでしょうか。

Amazon商品ページはこちら

犬も家もグッズを活用して清潔に!

犬 抜け毛取り・クリーナー

ここでは、日頃使える犬の抜け毛取り・クリーナーをご紹介しました。 抜け毛を取り除くのは、ブラッシングをすることが一番効果的ですが、ブラッシングの効果をより出してくれるグッズもたくさん販売されています。しかし、中には抜け毛を除去しすぎて皮膚トラブルを起こしてしまうこともあるため、使用には注意が必要です。

部屋に落ちてしまった被毛に対しては掃除機だけでなく、クリーナーの使用も効果的です。手で丁寧にスライドさせることで残った被毛も取り除けます。グッズを効果的に利用して清潔を保つようにしましょう。

  • 公開日:

    2019.10.15

  • 更新日:

    2019.11.02

この記事をシェアする