magazine

しつけ

2020.03.11

ポメラニアンのしつけは難しい?性格や年齢に合わせた、しつけの手順とコツとは

ポメラニアンを育てる上で、しつけトレーニングをすることは、飼い主さんと愛犬の双方の幸せのために大切なことです。しかし、飼い始めたばかりのときは、しつけはいつから始めるべきなのか、どのような手順で行っていけばいいかなど、ポメラニアンのしつけに関して悩む機会も多いですよね。そこで今回は、ポメラニアンのしつけの手順とコツ、性格・年齢に合わせたしつけ方法、しつけに関する悩みの解決方法などを紹介していきます。

#ポメラニアン

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

性格・年齢に合わせたポメラニアンのしつけとは

ポメラニアン しつけ

ポメラニアンのしつけを考えるときに、ポメラニアンの性格・年齢に合わせたしつけ方法を考えることも大切です。ポメラニアンという犬種はもちろんのこと、そのコ自身の性格・年齢に合わせることで効率よくしつけを覚えさせることができます。

ポメラニアンの性格としては、非常に好奇心旺盛だけど臆病でもあるという傾向があります。こうした性格である場合、人や犬・物に対して興味があって近寄っていくけど、いざ近づいたら怖くなって吠えてしまい、吠え癖がついてしまうケースも少なくありません。

犬は生後3ヶ月から半年くらいまでは、恐怖心があまりないと考えられていますので、この時期にできるだけたくさんの人や犬・物などに慣れさせておくことで、その後、恐怖心が強くなってしまうことを防ぎ、吠え癖の防止につながります。このように性格・年齢を意識してしつけをおこなうとより高い効果が期待できます。

ポメラニアンのしつけはいつから始めるべき?

ポメラニアンのしつけは早ければ早いほどよいといわれています。具体的には生後2~3ヶ月くらいから始めるのがおすすめです。この時期は犬にとって好奇心が出てくる時期で、特にポメラニアンは好奇心旺盛なコが多いため、この時期にしつけをすることで、どんどんメニューを覚えていきます。

しかしながら、この時期を逃してしまったり、成犬に成長した場合でもしつけをするのに遅すぎることはありません。しかし、悪習を正すところから始めることになるので子犬のとき以上に根気強くしつけていくことが必要になります。

ポメラニアンのしつけの手順とコツについて

ポメラニアン しつけ

ポメラニアンのしつけのコツとしては、まずはダメな行為をしたときに、ダメな行為をしたことを認識させることができるようになることが手順とコツのなかでも最も大切になります。

ダメな行為をしたときに、飼い主が叱っても言うことを聞かないという場合、何に対して叱られているか伝わっていなかったり、叱られていること自体わかっていないケースもあるので正しい手順とコツで覚えさせることが大切です。

注意された時にこれはダメな行為なのだと理解できるようになれば、お手、おすわり、トイレなど、その後のしつけを教えていくときに効率よく覚えさせることができるので、最初にしっかりと「ダメ」が分かるようにトレーニングしていきましょう。

ダメな行為を認識させる手順とコツ

ダメな行為を認識させるために、一番のポイントになるのが必ずその瞬間に注意するということです。後から注意しても何に対して注意されているのかわからず困惑してしまいます。

注意をするときは「いけない」「だめ」と1つフレーズを決めておき、ポメラニアンが困惑しないようにいつも同じフレーズを使うのがポイントです。また、注意する時は厳格な態度をとって普段とメリハリをつけることも大切です。

注意して言うことを聞いた場合はしっかりと褒めてあげたり、注意した後は遊んであげたりご褒美をあげたりするなど気分転換させてあげることも大切です。

ポメラニアンのしつけに関する悩み別解決方法

ポメラニアン しつけ

ポメラニアンのしつけの悩みで多い「噛み癖」と「無駄吠え」の解決方法を紹介します。

噛み癖をなくす方法

噛み癖の解決方法は、子供の頃の甘噛みのときからやめさせることです。ポメラニアンは口元も小さいため、甘噛みは痛くなく、見た目やしぐさも可愛いため、ついつい放置してしまいますが、甘噛みをしてきたら辞めさせて構うのを止める、というのをくり返します。

無駄吠えを減らす方法

無駄吠えの解決方法は、無駄吠えをした時に構わないことです。一度注意をして無駄吠えをやめるまで無視し、吠えるのをやめたら褒めてあげましょう。 また、不安や警戒心で無駄吠えしている場合は、安心できるスペースを用意してあげることで無駄吠えが減ることもあります。

ポメラニアンのしつけは少しずつ確実に

ポメラニアン しつけ

今回は、ポメラニアンのしつけ・トレーニングについてご紹介しました。しつけ・トレーニングをきちんと行なうことは飼い主さんが育てやすくなるというだけではなく、ポメラニアンが安心して暮らしていくためにも必要なこととなりますので、毎日少しずつ確実に覚えさせていくようにしましょう。

  • 公開日:

    2019.09.06

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする