magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. ミニチュアダックスフンドを愛情たっぷりに育てる方法【しつけ編】

2019.09.10

読みもの        

ミニチュアダックスフンドを愛情たっぷりに育てる方法【しつけ編】

短めの足でちょこまかと歩く愛らしい姿に、気品のある顔立ちから日本で人気の高いミニチュアダックスフンド。日本では、愛玩犬として可愛がられていますが、実はヨーロッパでは現役の狩猟犬種として活躍をしています。アナグマ猟で活躍してきたミニチュアダックスフンドと日本で心地よく暮らしていくためには、しっかりとトレーニングをする必要があります。今回は、ミニチュアダックスフンドの育て方の中でも重要な「しつけ・トレーニング」についてご紹介します。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

ミニチュアダックスフンドの性質を知っておこう

ミニチュアダックスフンド 育て方(しつけ編)

ミニチュアダックスフンドは、アナグマを見つけると吠えてハンターに知らせることで活躍していた犬種です。有能な狩猟犬として、活躍してきたミニチュアダックスフンドには、現在でもその性質が色濃く残っています。ミニチュアダックスフンドと心地よく穏やかな生活を送るためには、狩猟犬として活躍してきたミニチュアダックスフンドが持つ性質をよく理解する必要があります。

ミニチュアダックスフンドは毛質によって性質が違う

ダックスフンドを基礎犬として誕生したミニチュアダックスフンドには、「スムース」「ロング」「ワイヤ」の3タイプの毛質があり、それぞれ性質が異なります。

スムースコートは、スタンダードのダックスフンドを小型化したタイプであるため、有能な猟犬としての性質が濃く残っており、よく吠え、警戒心が強い傾向が見られます。

人気のロングコートは、スパニエル系の血が入っているため、人懐っこく、明るい性質が見られます。

また、ワイヤーヘアーは、テリア系の血が入っているため、やや気が強い傾向があり、吠えやすいことも特徴として挙げられます。

ミニチュアダックスフンドのしつけのポイントは「吠え」

ミニチュアダックスフンド 育て方(しつけ編)

毛質によって、基本的な性質が違うミニチュアダックスフンドですが、どのタイプも吠えやすい犬種であることに間違いはありません。前述のように、狩猟犬として育てられたミニチュアダックスフンドは、吠えて教えることを仕事として活躍していた犬種です。よく吠えるのは、狩猟犬としての本能が残っているための行動と言えます。

ミニチュアダックスフンドが吠える原因とは

ミニチュアダックスフンドは、警戒心が強くテリトリー意識が強い犬種と言えます。そのため、飼い主以外の人に対して吠える傾向にあります。また、毎日散歩している場所が自分のテリトリーと認識し、すれ違う人や犬に吠えかかることもあります。ミニチュアダックスフンドは、吠えて人に教えることが本能として備わっているため、何かを伝えたくて吠えることも多々あります。この行動は、結果として要求吠えにつながる可能性があるため、子犬の頃からのしっかりとしたしつけをするようにしましょう。

飼い主との信頼関係を築くことが大切

狩猟犬とした活躍していたミニチュアダックスフンドは、忠誠心の強い犬種です。そのため、飼い主との信頼関係を最も大切にします。まずは子犬期から、しっかりとした信頼関係を築きましょう。

狩猟犬は飼い主であるリーダーとの関係性を重要視します。ミニチュアダックスフンドをきちんとしつけるためには、まず飼い主さんが信頼できるリーダーとなる必要があります。

信頼できない飼い主であると認識されてしまうと、言うことを無視されたり、自分がリーダーになろうと強い態度に出る可能性がありますので、まずはしっかりと信頼関係を築くことを念頭に置きましょう。

子犬期からしっかりとしたしつけを

ミニチュアダックスフンドは、吠える・噛み付くといった問題行動を起こす場合もあります。子犬のうちは、どんなに吠えていても可愛いからといってついつい容認してしまいがちですが、なぜ吠えているのか?その原因を子犬期からしっかりと探ることが大切です。

また、子犬期の甘噛みから本気噛みに発展することもあるため、甘噛みの段階でしっかりと噛んではいけないことを教える必要があります。

ミニチュアダックスフンドに不可欠なトイレトレーニング

ミニチュアダックスフンド 育て方(しつけ編)

小型犬のミニチュアダックスフンドは、室内で育てられることが向いているため、室内でのトイレの仕方を教える必要があります。トイレトレーニングは、はじめが肝心で、子犬の頃から決まった場所でトイレをすることを教える必要があります。

トイレは、ケージやハウスの中など、ミニチュアダックスフンドが好む囲まれたスペースに設置することがコツです。はじめのうちは、トイレシートを広めに敷き詰め、成功したら大げさに褒めてあげましょう。トイレシートの上で排泄することが分かってきたら、だんだんとトイレエリアを小さくしていきます。トイレトレーニングは、タイミングと根気が必要です。失敗したからと言って怒ったりせず、根気よく見守ってあげるようにしましょう。

ミニチュアダックスフンドのトレーニングに役立つ便利なグッズ

トイレトレーニングと暮らしていく上で欠かせないトイレトレーニング。なかなか覚えてくれなくて困るというときには、トイレトレーニングに役立つアイテムを利用するのも1つの手となります。

どこでも手に入る!3つの便利アイテム

囲まれたスペースを作る:清潔好きのミニチュアダックスフンドは、自分の寝床とトイレが一緒のスペースにあることを好まない可能性があります。室内にスペースの余裕がある場合は、サークルなどで囲ったトイレ専用の場所を作ってあげることがポイントです。サークル内には、トイレシートを敷き詰め、どこで排泄しても褒めてあげることで、まずは、その場所がトイレだということを覚えます。

音で覚えさせる:クリッカーなどを使用して、音を鳴らしたらトイレに入ることを教えると、お出かけ前などにトイレに行くことを覚えられるようになります。

トイレグッズを活用:最近では、トイレシートに特殊な臭いをつけて、トイレを覚えやすくしているトイレシートや三方を囲まれた箱型のトイレ、マーキング用のポールなどトイレトレーニング用のグッズが複数発売されているので、ぜひトイレトレーニングに役立ててみてください。

ミニチュアダックスフンドのしつけは愛情たっぷりに

ミニチュアダックスフンド 育て方(しつけ編)

見た目の可愛さから抜群の人気を誇るミニチュアダックスフンドですが、そのルーツは狩猟犬です。狩猟犬は、飼い主との信頼関係を第一に考えるので、家に迎えたその日からしっかりと主従関係を構築することが大切です。どんなに可愛くても、吠えっぱなしになってしまったり、噛み付き癖のあるコに育ってしまっては、愛犬も飼い主さんも不幸になってしまいます。しつけは、子犬の頃に社会性を身につけることから始まります。しつけのポイントを参考にして、ぜひ愛犬を愛情たっぷりに育ててあげてくださいね。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。