magazine

住まい / 生活

2020.09.03

犬を新幹線に乗せるときのルールとは?愛犬との快適な過ごし方

愛犬との帰省や旅行に行く際の移動手段は、車の方が多いでしょうか?少し遠くまで旅行に行くのであれば、新幹線が速くて便利ですね。ただし、どの犬種でも新幹線に乗れるという訳ではありません。今回は、犬を新幹線に乗せるときのルールや注意点、快適に過ごすためのおすすめアイテムをご紹介します。

Author :大森きこ/ドッグライター

この記事をシェアする

犬を新幹線に乗せる際の乗車ルール

犬 新幹線

犬を新幹線に乗せる場合、各鉄道会社のルールを守ることが必須条件となります。新幹線にはたくさんの人が乗り降りするため、乗車をする際には周りの人に十分に配慮しましょう。
ここではJRを例に、犬を新幹線に乗せる際のルールをご紹介します。鉄道会社ごとに規則の違いがありますので、乗車する際には事前に確認しておきましょう。

犬を乗車させる際のJRのルール

犬を乗車させる際には、JRでは以下の規定が定められています。

・長さ70cm以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90cm程度のケースにいれたもの
・ケースと動物を合わせた重さが10kg以内のもの
・手回り品料金は、1個につき290円

犬は「手回り品扱い」となり、手回り料金が必要となります。距離や乗車時間の制限はありません。 犬は必ずキャリーバッグなどのケースに入れる必要があります。しかし、タテ・ヨコ・高さの合計が90cmとなると小型犬サイズのものが限度になるでしょう。キャリーバッグの素材の規定はありませんが、自立しない布製のドッグスリングやペットカートのようなものはNGとなります。

乗車時のマナーと注意すべき点

新幹線に犬を乗せる時には、周りの人に迷惑にならないよう細心の注意が必要です。愛犬との旅行を楽しむためにもマナーを守り乗車しましょう。

・駅や車内ではケースから犬を出さない
・車内では吠えさせない
・トイレは乗車前に済ませておく
・キャリーバッグは足元や膝の上に置く

犬と新幹線に乗るときに便利なおすすめアイテム

犬 新幹線

新幹線に犬を乗せるためには規定内に収まるサイズのキャリーバッグが必要です。キャリーバッグの種類の多さにどれを選んだらいいのか迷いますよね。ここでは、新幹線に乗せるときにおすすめのキャリーバッグをご紹介します。さらに、乗ってる間に愛犬が退屈しないようなおもちゃもぜひ用意してあげてくださいね。

犬の安全を考えたキャリーバッグ

犬と一緒に新幹線に乗るときは人のキャリーケースや犬のキャリーバッグなど、荷物の量が多くなります。できれば持ちやすく、多機能なキャリーバッグだと嬉しいですよね。このキャリーバッグは、手持ちだけではなく、ショルダーやキャリーケースに固定できるようになっています。新幹線の中では、上部についてるメッシュの窓から愛犬の様子が確認できます。また、宿泊先では両サイドを開いて拡張することで、犬が足を伸ばしてくつろぐこともできます。機能性抜群なので愛犬との旅行で活躍してくれるキャリーバッグとなるはずです。

商品情報

退屈しないためのおやつやおもちゃを用意しよう

キャリーバッグの中に長時間いる犬が飽きてしまわないようにおやつやおもちゃを用意しておきましょう。噛むおやつやおもちゃであれば、夢中になってカミカミしてくるはずです。ただし、匂いがきついおやつや音が鳴るおもちゃは周りの人に迷惑となりますので避けてくださいね。

商品情報
商品情報

犬と乗る新幹線!どの席が快適?

犬 新幹線

新幹線には、自由席や指定席・グリーン車など席のタイプによって広さや座り心地などが違います。犬を新幹線に乗せるときは、どの席のどの位置が快適に過ごせるのでしょう?

指定席の最前列がおすすめ

犬連れの新幹線では、指定席の最前列がおすすめです。最前列は前に座席がないので、シートを倒される心配もないですし、2列目以降より足元が若干広いため圧迫感が少なくなります。

キャリーバッグを置くことや乗り降りのことを考えると、犬と乗車する際には最前列がおすすめです。ちなみに、指定席の車両に犬を乗せる際には追加料金はかかりませんのでご心配なく。

ルールを守り愛犬との新幹線の旅を楽しもう

犬 新幹線

新幹線には愛犬も一緒に乗車することができます。そのためには、ルールを守り、周りの人に迷惑とならないよう配慮することも必要です。乗車するときになって乗れなかったとならないよう、事前に乗車する鉄道会社にルールを確認してくださいね。ぜひ、愛犬との楽しい思い出を作るために、新幹線での旅行を計画してみはいかがでしょうか。

◎ライタープロフィール
KANAKO トリマー

KANAKO/トリマー

ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。
普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。

  • 公開日:

    2019.09.01

  • 更新日:

    2020.09.03

この記事をシェアする