magazine

住まい / 生活

2020.03.11

ミニチュアダックスフンドにおすすめの散歩コースや向いている競技

ミニチュアダックスフンドは元猟犬ですので、運動量も多く遊ぶのが大好きな犬種です。特に穴掘りが大好きで、砂場などで穴掘りの時間を作ってあげるのもおすすめです。ミニチュアダックスフンドの特性を知って、喜ぶ散歩コースや得意な競技、お気に入りのおもちゃを見つけて一緒にたくさん遊びましょう。

#ミニチュアダックスフンド

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ミニチュアダックスフンドにおすすめ散歩コース

ミニチュアダックスフンド 遊ぼう

ミニチュアダックスフンドには、1回20分~30分程度のお散歩を1日2回おこなうのがおすすめです。暑い夏場は散歩時間に注意が必要ですが、可能な範囲で外に出て、自律神経を刺激して新陳代謝を高めるようにしてください。お散歩コースは、脳を刺激するためにも毎日違う道順で歩かせたり、速度を調整してみたり、公園やドッグランなどに立ち寄るなど工夫してみましょう。

散歩コースを変える

毎日同じ散歩コースと別のコースを散歩するのとでは、脳への刺激が違います。同じコースを逆回りするだけでも脳への刺激となります。普段と違う景色や匂い、音など、変化を楽しむことで散歩がより楽しく、愛犬にとって満足度の高い時間になります。

速度で緩急をつける

散歩中に、早歩きしたり、逆にゆっくり歩いてみたり、速度に変化をつけるのもおすすめです。速度が変わることで、脳への刺激にもなりますし、同じ距離でも早歩きすると有酸素運動となり、ダイエットにも効果的です。愛犬にとって無理のない範囲で、速度の緩急をつけてみるのも良いでしょう。

公園やドッグランに立ち寄る

散歩は情報収集の時間でもあるため、匂いを嗅ぎ回る場所を用意するのもおすすめです。また遊びの時間として、公園などで穴掘りやボール遊びを行ったり、ノーリードで走り回れるドッグランなどを活用し、普段よりも全力で運動できる時間を作るのも大切です。

ミニチュアダックスフンドにおすすめの競技

ミニチュアダックスフンド 遊ぼう

ドッグスポーツにはアジリティやフリスビーなど様々な種類があります。ミニチュアダックスフンドには、アジリティやドッグダンスなどがおすすめです。

アジリティ

アジリティはハードルやトンネル、シーソーなどの障害物を乗り越えてタイムを競う競技で、基本的にはジャンプやターンなどの動きが得意な犬種に向いている競技です。難易度や障害の高さには色んな種類がありますので、動くのが大好きなミニチュアダックスフンドも楽しむことができるでしょう。

ドッグダンス

ドッグダンスは、音楽に合わせて踊るスポーツで、もともとは服従訓練を披露する意味合いもありました。飼い主と一緒に動くスポーツですので、飼い主の運動不足にも効果があり、互いの絆を深めるきっかけにもなります。グループで行うドッグダンスもあり、楽しく運動できるのでおすすめです。

ミニチュアダックスフンドにおすすのおもちゃ

ミニチュアダックスフンド 遊ぼう

ミニチュアダックスフンドは頭のいい犬種ですので、知育おもちゃがおすすめです。「コング」や「スライドパズル 」など有名なものをご紹介します。

コング

コングは内側の空洞にフードを入れ、犬が中身を取り出すおもちゃです。お留守番時のおもちゃとしても活躍し、天然ゴムを使用しており安心して使用できるユニークなおもちゃです。不規則に転がったりバウンドしたりと、興味津々で遊んでくれます。強度やサイズなどたくさん種類がありますので、愛犬にあったタイプを選んであげてください。

Amazonで商品を見る

スライドパズル

スライドパズルは一箇所におやつを入れ、犬が匂いを頼りに鼻でパズルをスライドさせおやつを見つけるおもちゃです。ストレス解消や認知症予防にも効果があるそうです。知育としての効果もあり、パズルの数が増えると難易度もアップします。ゲーム感覚で遊べ、繰り返し行えるので「できる」喜びを共感できます。早食いを防止できる点もおすすめです。

Amazonで商品を見る

ミニチュアダックスフンドと色んな遊びを通じて楽しく過ごそう

ミニチュアダックスフンド 遊ぼう

ミニチュアダックスフンドは小型犬ですが、活発なため、一緒にいろんな遊びを行うことができます。もちろん無茶をするのは禁物ですが、可能な範囲で、ご家庭にあった遊びを取り入れて愛犬との生活をより豊かにしましょう。

  • 公開日:

    2019.09.18

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする