magazine

犬を迎える

2019.09.07

シーズーの赤ちゃんはマイペース?人気の理由と妊娠から出産までを解説

鼻ぺちゃでいつもニコニコと愛らしいシーズーですが、子犬の頃は成犬とはまた違った魅力があります。おおらかで明るい性格のシーズーは、赤ちゃんの頃からマイペースさを発揮するので、迎えた日からしっかりと主従関係を教えてあげましょう。
ここではシーズーの赤ちゃんが人気の理由と、妊娠・出産に関する注意点を合わせて解説していきます。

#シーズー

Author :大森きこ/ドッグライター

この記事をシェアする

シーズーの赤ちゃんが人気の理由

シーズー 赤ちゃん

子犬はみんな可愛いのですが、鼻ぺちゃな犬種の子犬にはまた特別な魅力があります。シーズーもそんな短頭種の魅力を持つ犬種のひとつです。
シーズーの子犬が人気な理由を2つご紹介します。

可愛らしい見た目

シーズーの赤ちゃんは毛量が少なく、おでこはツルンとしていてオールバックのよう。少し成長すると鼻の周りを中心に毛が伸びてきて、その姿はまるでタンポポの綿毛のようです。
シーズーのチャームポイントである鼻ぺちゃ感は子犬の頃から健在で、まだ少しつぶらな瞳も子犬の可愛さを増大させているポイントでしょう。

赤ちゃんの頃からマイペース

子犬特有の元気さはあるものの、シーズーの持つマイペースさは赤ちゃんの頃から兼ね備えています。せわしなく遊んでいたかと思いきや、ぼんやりと周りの状況を見ていたり‥。
そんな可愛らしいシーズーですが、子犬の頃からしっかりとしつけをする必要があります。家族に迎えたときから主従関係をはっきりさせておかないと、マイペースで自分の意志をはっきり持っているシーズーはワガママに育ってしまいます。

シーズーの妊娠から出産まで

シーズー 赤ちゃん

シーズーの妊娠は他の小型犬と変わらず交配から63日前後での出産となります。しかし短頭種であるシーズーは出産の際に難産になるリスクが高いため、素人の自宅出産はおすすめ出来ません。
それでは、シーズーの妊娠、出産について注意点を合わせて解説していきます。

シーズーの妊娠と注意点

メスは1年に2回の発情期があります。最初の発情期が来ると妊娠出来る体になったという合図ですが、生後1年未満ではシーズーの体が成犬になりきっていない場合があるので、妊娠は2回目以降の発情期が推奨されています。
妊娠の時期が夏になる場合、短頭種のシーズーは気温が辛くなる場合があります。出産間近でお腹が大きくなるにつれて息苦しくなりますので、空調管理はしっかりとおこないましょう。

シーズーの出産と注意点

犬は一般的に小型犬でも大型犬でも妊娠期間は変わらず、交配から63日前後で出産をします。出産予定日が大幅にずれることはほとんど無いので出産計画は立てやすいですが、シーズーは難産になりやすいので注意が必要です。
シーズーのような短頭種はお腹の中で胎児の頭が大きくなりすぎてしまうことが多く、母犬の骨盤径よりも頭が大きくなってしまうと出産時にひっかかり非常に危険です。素人の自宅出産は母子共にリスクが高いため、動物病院に預け帝王切開での出産をおすすめします。

1回の妊娠で生まれる頭数

シーズーは他の小型犬と同様に1回の妊娠で3~5頭を出産します。しかし、妊娠は個体差やタイミングがありますので、1頭しか妊娠しない場合や5頭以上の妊娠となることも十分にあり得ます。
シーズーが妊娠した場合は、定期的な健診を受けてお腹の中の頭数を把握しておきましょう。

シーズーの赤ちゃんはどれくらいの体重?

シーズー 赤ちゃん

シーズーの赤ちゃんは200g~250gで産まれてきます。赤ちゃんはその後1歳になるまでに急激に成長し、8ヵ月ほどで成犬になります。出生時の体重から比べると約20倍なので、あっという間におおきくなってしまいます。

成犬時の大きさは子犬の両親を見るとだいたい予測がつきますが、両親がわからない場合もありますよね。そのため、成犬を迎える1歳ころまでは子犬の体重推移を気にしてしまう方も多いかと思います。しかしシーズーのような骨格がしっかりした犬は成長にも個体差があるので、あまり気にせず成長を見守ってあげましょう。

シーズーの赤ちゃん特有の可愛い時期を存分に味わって!

シーズー 赤ちゃん

シーズーのような小型犬は、大型犬に比べて成犬になるまでのスピードが早いと言われています。子犬から迎える場合は、赤ちゃん特有の毛の短さや体型を存分に味わい可愛がってあげてください。
また、子犬の頃からしっかりとしつけやトレーニングを行うことで、成犬になってからもずっと良い信頼関係を築くことができます。シーズーは賢いので、赤ちゃんでもしっかりと理解することは出来ます。自家繁殖を考えている方は、難産のリスクを減らすために必ず専門家に相談するようにしましょう。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!