magazine

お出かけ / 遊び

2019.10.02

愛犬と楽しく遊ぶためのポイントって?犬と一緒に遊ぶ意味と遊び方

最近、愛犬と遊んでいますか?
「家に迎えたての子犬の頃には、毎日遊んであげていたけど、今はほとんど遊んでないなぁ」という飼い主さん。 もしかしたら愛犬はもっと遊んでもらいたいと思っているかもしれません。 今回は、愛犬と楽しく充実した時間を過ごすためのポイントをご紹介します。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

愛犬と遊ぶときの楽しみ方

犬と遊ぶ

上の写真をご覧ください。お散歩でよく会うコなどに向けて、このポーズをしている愛犬を見た事ありませんか? このポーズは「プレイバウ」と呼ばれ、犬が相手を遊びに誘う時にするポーズです。

愛犬が飼い主さんに向けてこのポーズをしているなら、飼い主さんと遊びたいと思っているはず。迷わず一緒に遊んであげましょう。
飼い主さんの前におもちゃを加えて持ってくるのも、一緒に遊びたがっているサインです。

しつけも同時にできる遊び方

愛犬とおもちゃで遊ぶ時には、ロープやボールでおもいっきり楽しませた後、「オフ」や「はなせ」「リーブイット」などのコマンドでおもちゃを口から出す練習もしておきましょう。

口から離すことができたら、とびっきりのオヤツをあげてほめてあげてください。 「オフ」のコマンドが完璧にできるようになると、お散歩などで拾い食いをしてしまった時などに役立ちます。

犬と遊ぶことの意味

犬と遊ぶ

愛犬と一緒に遊ぶことには、大きな意味やメリットがあります。特に、子犬の頃の遊びは、学びと同じ意味を持つのでとても重要といえます。この時期に他の犬と遊ぶことで、相手とのコミュニケーションの取り方やパワーバランスなどを学ぶことができます。
遊びを通して自然と社会のルールが身につく時期なので、子犬の頃にいろんなコと積極的にコミュニケーションをとれる環境を作ってあげることが大切です。

成犬にも遊びは必要

子犬にとっての遊びが大切なように、成犬にとっても遊ぶことは重要な意味を持ちます。
一緒に遊んであげる事で、愛犬とのコミュニケーションをとることができ、愛犬のストレス発散にもつながるほか、日々のしつけにも役立ちます。
歳を重ねてくると、愛犬もあまり遊びに興味を持たなくなってくるかもしれません。そんな時は遊び方を変えてみましょう。簡単なのは、おもちゃを変えることです。いつも同じおもちゃだと愛犬も飽きてしまうので、いくつかのおもちゃを用意してローテーションで遊んであげれば新鮮な気持ちで遊べるようになります。

愛犬と遊ぶときには年齢も考えよう

犬と遊ぶ

愛犬と一緒に遊ぶときには、愛犬の年齢も考慮してあげる必要があります。犬の寿命は人間よりもはるかに短く、まだうちのコは若いからと思っていても、人間の年齢になおすと、実はもう還暦を超えている!なんてことも。 人間でも、若い頃と歳を重ねたときとでは、遊び方も違ってきますよね。
それは愛犬も一緒です。体力が弱くなってきている場合には、ボール遊びをするのではなく、オヤツをどこかに隠して嗅覚を刺激する「おやつ探しゲーム」などの頭を使った遊びをしてあげるのもおすすめです。

愛犬と遊ぶおすすめの季節

犬と遊ぶ

愛犬と遊ぶのにおすすめの季節はやっぱり、春や秋などの過ごしやすい季節です。この季節は、人も犬も快適に過ごすことができるので、普段よりちょっと足をのばして、ドッグランなどで遊ぶのもいいですよね。

犬は一般的に暑さに弱いため、夏場に外で遊ぶ場合には時間が限られてしまいます。夏に愛犬と遊ぶ時には、早朝などを選び、涼しく水遊びなどをしてみてはいかがでしょうか。 寒さに強い犬種の場合には、冬も絶好のレジャーシーズンと言えます。雪の中を思いっきり走らせてあげましょう。

おすすめの季節は春夏ですが、どの季節でも遊び方を変えればベストシーズンになります。季節ごとに愛犬を喜ばせる遊びを考えてあげましょう。

楽しく愛犬と遊ぶには飼い主さんの工夫と愛情が必要

犬と遊ぶ

愛犬と遊ぶことは、私たち飼い主にとってもこの上ない喜びです。愛犬がいくつになっても工夫次第で楽しく遊ぶことはできるので、「いつまでも飼い主さんと一緒に遊びたい!」と思ってもらえるよう、愛犬にとって魅力的な飼い主であり続ける努力をしましょう!

  • 公開日:

    2019.09.09

  • 更新日:

    2019.10.02

この記事をシェアする