magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 【番外編】ソルティドッグはなぜドッグ?「犬」と名前がつくものを調査
犬にまつわる雑学

2019.09.01

【番外編】ソルティドッグはなぜドッグ?「犬」と名前がつくものを調査

カクテルとしておなじみのソルティドッグ。直訳すると「しょっぱい犬?」になりますが、何だかよく分かりませんよね。 なぜこのような名前になったのでしょうか?実は『ソルティドッグ』という名前にはちゃんとした由来があるんです。
そう、今回は番外編。『ソルティドッグ』や、その他の「犬」という名前がつく飲み物や食べ物をご紹介しちゃいます!

#Lifestyle

Author :docdog編集部

そもそもソルティドッグって?名前の由来と作り方

ソルティドッグ 犬

イギリス発祥のソルティドッグの歴史は古いものです。1940年代に船で働くイギリスの海軍の水夫が、甲板で潮風を浴び汗まみれになって働く姿をイメージして作られたカクテルが「ソルティドッグ」という名前の由来となります。

水夫が犬のように働く姿が「ドッグ」、汗まみれが「ソルティ」というイメージのようで、当時のソルティドッグは、ウォッカではなくジンが使われていました。

1960年代、アメリカへ伝わったソルティドッグは、現在使われているウォッカベースへと変わっていきました。

ソルティドッグはどんな味のカクテル?

ソルティドッグは、ウォッカ+グレープフルーツをベースに作られ、グラスのフチに塩がついている、とても特徴的なカクテルです。一般的には、グラスのフチに、レモンやグレープフルーツ等の柑橘を擦りつけることによって、塩を付着しやすくして作られています。

ベースはアルコール度数の高いウォッカですが、グレープフルーツジュースの甘味で飲みやすいカクテルとなっています。甘味、酸味、しょっぱさが同時に楽しめる、魅惑のカクテルです。

あまり知られていない?カクテルのブルドッグ

ソルティドッグ 犬

続いて「ブルドッグ」というカクテルをご紹介します。日本での主流は、ウォッカをグレープフルーツジュースで割ったカクテルを「ブルドッグ」と言いますが、実はその国によってベースのお酒と混ぜる材料が異なります。海外で注文される際にはご注意くださいね。

日本では「ブルドッグ」と呼ばれるカクテルですが、海外では「グレイハウンド」「テールレスドッグ」等と呼ばれることもあります。

なぜカクテルなのに「ブルドッグ」?

「ソルティドッグ」の塩が付いていないバージョンを「ブルドッグ」と言いますが、 このように「塩が"ない"(英語では~less)」ことを「尻尾がない(テールレスドッグ)」とだじゃれのように例えたことが「ブルドッグ」の名前の由来と言われています。

ちなみに、アメリカのブルドッグは、ラム酒ベースにチェリーブランデー、ライムジュース。 ヨーロッパではジンとオレンジジュース、さらにジンジャーエールを使って作るロングカクテルをブルドッグと呼ぶそうです。国によって多種多様に進化しているんですね。

豆知識のカクテル言葉

世界中には、たくさんの種類のカクテルがありますが、花言葉のようにカクテル言葉というものがあるようです。 よく知られてるカクテル言葉をご紹介します。

・ソルティドッグ(寡黙)
・ブルドッグ(守りたい)
・モスコミュール(仲直り)
・ドライマティーニ(知的な愛)
・スクリュードライバー(あなたに心を奪われた)
・ジントニック(強い意志)
・バイオレットフィズ(私を覚えていて)
・カンパリオレンジ(初恋)

犬の名前が入るホットドッグやアメリカンドッグは?

ソルティドッグ 犬

手軽に食べることができるホットドッグやアメリカンドッグも犬の名前が入っていますね。 ホットドッグは直訳すると「熱い犬」になりますが、どういう意味なのでしょうか?

ホットドッグの名前の由来

日本のホットドッグはパンにソーセージを挟んでケチャップやマスタードをかけたものが一般的です。 もともとソーセージを売っていた屋台の店主が、その熱々のソーセージを売るためにパンに挟んで食べやすくしたのがホットドッグの始まりとされています。

実は、名前の由来には諸説があるのですが、そもそもソーセージが細長くて"ダックスフント"に似ていることから、ダックスフントソーセージ等と呼ばれていました。そして、ニューヨークの野球場などで「アツアツのダックスフントソーセージをどうぞ!」と売り出したところ、一躍人気の商品となったようです。

その後、ソーセージの代わりに本物のダックスフントがパンに挟まっている漫画を描いた漫画家がおり、その漫画は「ホットドッグをどうぞ!」というタイトルがつけられました。そして、この漫画が評判になり、ソーセージを挟んだパンのことを『ホットドッグ』と呼ぶようになったそうです。

▼こんな商品も・・・!▼
Amazon商品ページはこちら

アメリカンドッグの名前の由来

日本でもおなじみのアメリカンドッグは、アメリカで生まれたおやつです。 しかしアメリカでは「アメリカンドッグ」ではなく「コーンドッグ」と呼ばれています。日本では小麦粉を使って作りますが、アメリカではコーンミールを使うことからそう呼ばれているのです。

ホットドッグと同じように、ドッグはソーセージから由来しており、アメリカからやって来たおやつなので日本ではアメリカンドッグと呼ばれるようになりました。

興味深い!犬の名前がつく物の由来について

ソルティドッグ 犬

モノの名前の由来には、様々な説がありますが、普段何気なく食べているホットドッグにも意外と長い歴史があったりして、 当時の背景が垣間見えたりして面白いものですよね。今回は番外編としてカクテルや食べ物に「犬」の名前がつく物をご紹介しました。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!