magazine

住まい / 生活

2020.02.20

犬の仕事を知ろう!

ドッグ検定とはどんな資格?試験内容や受験資格などをご紹介!

これから犬を迎えたいと考えている方、また、大好きな愛犬のために必要な知識を付けたいと考えている方、ドッグ検定をご存知でしょうか。ドッグ検定は、一般の愛犬家から専門家まで、毎年幅広い層に受験されている検定です。
今回は、犬が大好きだからもっと知りたい、そんな方におすすめしたいドッグ検定について、試験内容や資格などを解説します。

#犬にまつわる仕事/資格

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ドッグ検定とは?どんな人におすすめ?

ドッグ検定

ドッグ検定は、一般社団法人 日本ペット技能検定協会が主催している検定の一つで、犬の種類や種類に関する歴史、犬にまつわる事件やニュース、ことわざなど、幅広い範囲から出題されます。

ドッグ検定は、どんな人におすすめ?

ドッグ検定は、犬に関する専門的な内容からちょっとした豆知識まで幅広い範囲から出題されるため、楽しみながら犬について学ぶことができる検定です。そのため、これから犬を迎えようと準備している方や、愛犬との生活をもっと豊かにしたい方におすすめです。愛犬の健康維持のために役立つ知識や、トレーニング、種の歴史、ちょっとした豆知識など、普段接する中では得られないような専門的で学術的な知識を学べるので、愛犬への誤解を解いたり、愛犬のことをより想って接するために役立つでしょう。

ドッグ検定の資格取得までの流れ

ドッグ検定

ドッグ検定の試験は送られてきた案内をもとに、自身で試験を行う自宅受験です。
ここでは、申込みから試験内容、合格基準についてご紹介します。

申込みから試験までの流れ

ドッグ検定には、日本ペット技能検定協会のホームページから受験を申込むことができます。

検定の種類を選択後、支払方法(銀行振込、代金引換、クレジットカードの3種類)を選び、受験料の支払いが済むと認定テキスト(ドッグ検定1級にはテキストはありません)と模擬/本検定問題が自宅に送られてきます。

自宅で模擬試験・本試験を受験し、試験後は、記入済みの解答用紙を検定事務局に郵送します。提出から10日程度で、検定合格者に認定書などが送られてきます。

■ ドッグ検定の申し込みはこちらから!

試験内容とはどんなもの?

2級の試験は、犬に関する事件、歴史、ことわざ、法律などの専門知識問題が4択式で出題されます。
一方、1級は2級の合格者のみが受験できます。内容はより深い知識を問うもので、時事問題や社会問題などを多く含むため参考書が存在しません。こちらも、4択式です。

合格基準はどれくらい?

ドッグ検定の合格基準は2級が100問中50点以上、1級が100問中70点以上です。勉強していれば合格できる基準ですので、予習復習をしっかり行い、試験を受けるようにしましょう。

ドッグ検定に合格したら...?

ドッグ検定

ドッグ検定に合格すると、認定書や認定カードが授与されます。
ドッグ検定2級、そして1級と合格した場合は、ドッグヘルスアドバイザーやドッグトレーニングアドバイザーなどの資格に挑戦する方も多いようです。
また、これらの資格をすべて取得すると、ドッグ博士という認定資格を受験できるようになります。ドッグ博士は100問、130点満点中100点以上で合格です。犬に関するすべての範囲から出題されるため難易度は一番高い資格です。

犬との暮らしを専門的知識でもっと楽しく

ドッグ検定

ドッグ検定は、すでに愛犬と暮らしている方から、これから迎える方、そして犬に携わる職業の方まで、幅広く受験できる検定です。自宅受験なので、自分のペースで勉強して仕事の合間に受験できる点で、非常に受けやすい資格だと言えます。
少しでも興味を持った方は、ドッグ検定に向けて、愛犬との生活や犬に関する活動をより豊かにする専門知識を学んでみませんか?

  • 公開日:

    2019.09.07

  • 更新日:

    2020.02.20

この記事をシェアする