magazine

犬の生態 / 気持ち

2019.10.02

犬がマーキングをするのはなぜ?排尿との違いや室内でする意味について

オスの犬によく見られることが多いマーキング。散歩中などに、少しずつ色んな場所で排尿をする行為をマーキングと呼びます。
実はこのマーキングには、しっかりとした意味があります。ここでは、犬のマーキングについて解説し、室内でマーキングする意味や排尿との違いについてご紹介します。

Author :南健汰/ドッグライター

この記事をシェアする

犬にとってマーキングとは?

犬 マーキング

犬のマーキングには、縄張りを主張する意味があるというのは有名なことかもしれません。しかし、実は縄張りの主張以外にも、犬にはマーキングをする理由があります。
なぜ少量ずつ様々な場所へ排尿するのでしょうか。

自己紹介をしている

犬の嗅覚は大変優れており、自分以外の犬の尿を嗅いだだけで、その犬の性別や年齢などが分かると言われています。そのため、犬があらゆる場所でマーキングをするのは、自己紹介の意味もあります。ほかの犬の尿を嗅ぐことで、「この犬の行動範囲はここら辺なんだな」などと言った情報もくみ取ることが出来ます。

繁殖相手を探している

マーキングは、オスの犬がするものだと思われがちですが、メスの犬でも見られる行為です。特に発情期に入ると、積極的にマーキングを行います。その匂いをオス犬たちが嗅ぎ、自分が繁殖相手になろうとその上にさらにマーキングをしていくのです。

また、オス犬は足を思い切り高く上げてマーキングをすることがありますが、これは、他のオス犬に新たにマーキングをされないようにするためだと考えられています。

愛犬が室内でマーキングをする理由

犬 マーキング

外でマーキングをするのは、縄張りを主張していたり自己紹介をしていたりと様々な理由がありますが、中には室内でマーキングをするコもいます。なぜ室内でマーキングをするのか、理由をご説明します。

ストレスが溜まっている

飼い主からなかなか構ってもらえなかったり、散歩を満足がいくまでできていなかったりすると、ストレスが溜まって室内でマーキングをすることがあります。室内でマーキングをすることで、飼い主の気を惹こうとしているのです。
そうならないためにも、日頃から散歩や室内での遊びを含め、しっかりと愛犬とコミュニケーションをとりましょう。

トイレを覚えていない

室内で頻繁に、また一気にする場合は、マーキングではなく通常の排尿なこともあります。トイレの場所を覚えていないため、室内のトイレ以外の場所で排尿をしてしまうコも中にはいます。今からでもトイレのしつけをしっかりと行うことにより、室内でのマーキングが治まることもあります。

犬のマーキングと排尿はどう違う?

犬 マーキング

それでは、マーキングと通常の排尿との違いは何なのでしょうか?一番の違いは、マーキングは本能的で行っていることであり、排尿は生理的理由や故意で行うものですが、具体的にはどのように違うのか解説します。

マーキングは少量の尿を出し、垂直に立っているものに対して行う

マーキングでは、飼い主さんが気づかないくらいの少ない量の尿を出すこともあります。これは、多くの場所にマーキングをしなければならないため、少量の尿を様々な場所にする習性があるからです。また、電柱のような垂直に立っているものにマーキングをすることが多いでしょう。排尿であれば草むらなどの場所でも行うことがあります。

マーキングは犬同士の名刺交換。縄張りをアピールする意味も

犬 マーキング

犬のマーキングには、様々な理由と意味が込められています。近くに住む者同士が、自己紹介を兼ねてマーキングをすることもあれば、高い場所にマーキングをすることにより「俺は大きくて強いんだ!」と周りにアピールしていることも。そのほかにも繁殖相手を探していたりと、犬の嗅覚が鋭いことを利用して、犬たちはマーキングをうまく活用して生活をしているのです。

  • 公開日:

    2019.09.18

  • 更新日:

    2019.10.02

この記事をシェアする