magazine

犬の生態 / 気持ち

2019.10.02

愛犬がよく仰向けになってお腹を見せる?その時の気持ちを知りたい!

愛犬と暮らしている人であれば、一度は彼らが仰向けになっているの姿を見たことがありますよね。犬の行動にはすべて理由がありますが、その時の気持ちが理解できるようになれば、大好きな愛犬のことをさらに知ることができます。
ここでは、犬が仰向けになっているときの気持ちと、どんな風に接するのが良いかご説明します。

Author :南健汰/ドッグライター

この記事をシェアする

犬が仰向けになるときの気持ち

犬 仰向け

それでは、本題である犬が仰向けになるときの気持ちについて解説します。様々な理由があるため、まわりの環境も見ながら、いま犬がどのような理由で仰向けになっているのかを考えてみると良いでしょう。

リラックスしている

仰向けは、犬にとっては不自然な姿勢です。なぜなら、突然敵が攻撃してきたときに咄嗟に対応することが出来ない姿勢だからです。犬は伏せの状態で足を横に流すように休むことはありますが、すぐに逃げることが出来るよう、基本的に仰向けになることは少ないです。警察犬が事件や事故現場で休んでいるときも、伏せや座れの姿勢であるのもそのような理由です。しかし、危険のない室内で慣れた人がいる環境の中では、仰向けになりリラックスをすることがあります。

相手に対して降伏・怖いと感じている

しつけの際、犬を叱った後に仰向けになった場合は、犬がその人に対して降伏しているサインです。犬が相手に対して怖いと感じた際にも仰向けになり、「わたしにはあなたを攻撃する意志はありません」と相手にメッセージを送っています。

背中が痒い

ただ単に背中が痒いときに、床に背中をこすりつけるために仰向けになっていることもあります。仰向けの姿勢が楽だから仰向けになることもあります。このような特に意味のない理由でも、犬は仰向けになることがあります。

愛犬が仰向けになったとき、どう反応する?

犬 仰向け

犬が仰向けになった場合、私たちはどのような対応をするのが良いのでしょうか?また、知らないコが仰向けの姿勢を見せてきた時に撫でても良いのかなど、犬が仰向けになったときの対応方法についてご説明します。

お腹を撫でてあげる

愛犬であれば、お腹や手足を優しく撫でてあげると良いでしょう。大好きな飼い主に撫でられることで、さらにリラックスしてくれるかもしれません。
お腹を撫でる際は、愛犬に優しく声をかけながら撫でることで安心するでしょう。日頃から仰向けのときにお腹や手足を撫でていれば、爪切りをしやすくなると言うメリットもあります。さらには、犬を動物病院に連れて行ったときに、診察を楽に済ませることが出来ることも考えられます。

知らない犬には注意が必要

愛犬であれば、撫でられるのが好きな場所を知っています。しかし、知らないコの場合は撫でられるのが嫌いな部位があったり、そもそも撫でられることが苦手なコもいるので注意が必要です。
仰向けになったからと言ってお腹を撫でてしまうと、場合によってはびっくりして噛まれてしまうこともあります。知らないコが仰向けになってお腹を見せてきたら、そのコの飼い主さんに撫でて良いか確認した上で撫でることをおすすめします。

犬が仰向けになるのは気を許しているサイン

犬 仰向け

犬が仰向けになっているのは、危険な場所ではないと認識しリラックスをしているサインです。仰向けになる理由は様々ありますが、もしも愛犬がリラックスをしていると感じたら、優しくお腹を撫でてあげると良いでしょう。
ただし、知らないコに対しては、優しく声をかけるだけにするか、お腹を撫でたいのであれば相手の飼い主さんに確認してからにすると良いでしょう。

  • 公開日:

    2019.09.19

  • 更新日:

    2019.10.02

この記事をシェアする