magazine

グッズ

2020.03.11

柴犬におすすめの首輪って?サイズの測り方や選び方を紹介

デザインもバリエーションも豊富な犬の首輪。柴犬には、どんな首輪が適しているのでしょうか。柴犬におすすめの首輪をはじめ、首輪のサイズの測り方や選び方などについてご紹介します。

#柴犬

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

柴犬の首周りのサイズの測り方

柴犬 首輪

首輪のサイズは、正しい位置での測定が非常に重要です。サイズが小さすぎるとストレスになるうえ、病気を招くことがあります。かといって大きめにしてしまうと、散歩の途中で外れてしまう可能性があり事故につながりかねません。

犬の首は、首の根元に向かうにつれて太くなっていますが、首周りのサイズは首の最も細い箇所を測定します。耳の後ろから下あごの付け根をメジャーでぐるりと1周させて測りましょう。柴犬は被毛が厚いため、地肌になるべく密着するようにメジャーを押し当てて、ぴったりと測ってください。

一般的に首輪のサイズは、「Mサイズ:30cm~40cm」といったよう下限と上限の数字が表示されています。首輪を購入する際は、例えば測った首周りの寸法が30cmの場合、下限の数字と同じサイズのものを選びましょう。下限の数字に合わせて選んで、指2本分ほど入る程度に長さを調整すれば、きつすぎることも緩すぎることもなく安心して使用できます。

柴犬の首輪を選ぶときのポイント

柴犬 首輪

犬の首輪は、素材も形状もさまざまなタイプがありますが、子犬のうちは軽くて柔らかい素材で作られているバックルタイプが向いています。バックルタイプとはプラスチック製の留め具により、カチッとワンタッチで脱着ができる首輪です。子犬は首輪に慣れていないため、簡単に脱着できるバックルタイプであれば、愛犬も飼い主もストレスが少なくてすむでしょう。また、成長中でまだまだ力が弱いことから、布製やナイロン製、ポリエステル製など、軽量の素材で作られている首輪にしてあげると、首にかかる負担が軽減できます。

成犬になったら、ベルトタイプなどがよいでしょう。ベルトタイプの首輪は、人間のベルトと同様の構造で、首周りのサイズに応じてストッパーをベルトの穴に差し込んで使用します。主に革製が多く耐久性が高いのが特徴です。そのため、活発といわれている柴犬でも安心して使用できます。

柴犬におすすめのおしゃれな首輪

柴犬 首輪

バリエーション豊富な犬用の首輪の中から、柴犬におすすめのおしゃれな首輪をご紹介します。

サクラ犬具製作所 滑らかソフト首輪 唐草模様

日本犬である柴犬には、サクラ犬具製作所の唐草模様の首輪はいかがでしょうか。和テイストの首輪は、日本犬ならではの素朴な雰囲気の柴犬によく合うでしょう。素材は、日本製又は日本メーカーのものにこだわっており、耐久性にすぐれる高品質ポリエステルテープでつくられた首輪です
Amazon商品ページはこちら

本革手仕上げ真鍮金具首輪

SAKURA DOGWARE FACTORYの本革手仕上げ真鍮金具首輪は、植物なめしの革を使用し、職人によって丁寧に作られた首輪です。優れた耐久性と柔軟性を誇り、使いこんでいくほどに馴染んでいくのが特徴です。
また、首輪には愛犬の名前や連絡先を刻印することができるので、首輪と迷子札の両方の役割を果たしてくれます。
Amazon商品ページはこちら

最適な首輪を選び柴犬と散歩を楽しもう

柴犬 首輪

首輪は毎日使うものなので、ストレスなくつけていられる種類を選んであげることが大切です。首周りを正しく測って購入しましょう。また、首輪に慣れていない子犬のうちは、なるべく違和感なくつけられるものが適していますが、成犬になったら力が強くなるため、つけ心地がよいことはもちろん、耐久性の高いものを選びましょう。柴犬に似合う最適な首輪をつけて、毎日の散歩を楽しんでください。

  • 公開日:

    2019.09.08

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする