magazine

グッズ

2019.11.20

お散歩バッグで愛犬との散歩を快適に!タイプ別にぴったりのバッグを選ぼう

愛犬のお散歩の時に、お散歩に必要なアイテムを入れておける「お散歩バッグ」。見た目に可愛いものから機能性のあるものまで幅広いお散歩バッグが販売されているのをご存知ですか?ぜひともお気に入りのお散歩バッグを見つけて、楽しく快適に、マナーを守って愛犬とのお散歩をエンジョイしましょう。ここでは、お散歩バッグに入れておきたい必須アイテム6選から、それらを収納するための必要なオススメのお散歩バッグを、タイプ別にご紹介します。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

愛犬用のお散歩バッグに入れておきたい必須アイテム6選

犬 散歩バッグ

お散歩バッグを検討する前に、まずは、愛犬とのお散歩を快適に、かつ、マナーを守って楽しむために必要なアイテムをチェックしてみましょう。例えば、梅雨の時期には急な雨に備えて、愛犬の体温の低下を防ぐためのカッパなどを入れておくのも有りです。

1.犬用ウンチ袋・ペットシーツ

排泄物を持って帰るために必要な「ウンチ袋」は必ず持参しましょう。コンビニやスーパーでもらえるビニール袋を代用するのもいいですが、臭いを低減してくれたり、環境に配慮されているもの・トイレにそのまま流せて始末が楽チンなタイプのウンチ袋もありますので、ぜひ活用してみてください。

▼こちらの記事もチェック!
ぴったりのウンチ袋がきっと見つかる!愛犬用のウンチ袋を徹底比較

2.お尻拭きシート

ウンチをした後に、愛犬のお尻をキレイに拭いてあげるためのウェットティッシュも常備しておきましょう。こちらもトイレに流せるタイプ・デリケートゾーン用などの種類があります。

3.水分・給水ボウル

お散歩中は愛犬のための水分補給がとても大切になります。特に夏場は熱中症予防のためにも必ず小まめに水分補給ができるよう、水分と給水ボウルを用意してあげてください。

4.予備用リード&首輪

万が一、お散歩中にリードや首輪が壊れてしまったときのために、予備を用意しておきましょう。首輪とリードが一体型になったタイプの軽くて簡易なものがありますので、そちらをお散歩バッグに忍ばせておくのがオススメです。

5.反射板付きグッズやライト

特に夏場は、気温が涼しく地面の温度が気にならない、朝や夜の時間帯になってから散歩に出ることも多いと思いますが、その場合に備えて、薄暗い中でのお散歩時には歩行者・自転車・車などに自分たちの位置を知らせるために、必ずライトを持参するようにしましょう。
反射板付きのリードや犬用靴のほか、犬の首元に装着可能な小さなLEDライトなどもあります。また、街灯があって比較的明るい道での場合でも拾い食いの癖があるコの場合には、口の中を照らせるように懐中電灯があるといいですね。

6.おもちゃ・おやつ

お散歩途中に公園やドッグランに寄って遊んだり、トレーニングをする場合には、ボール等のおもちゃを持参しましょう。 ご褒美用のおやつを忍ばせておくのもいいと思います。ボールが唾液で汚れたり、おやつのニオイが付いても気にならないように、お散歩バッグは汚れてもいいものや洗いやすいものが便利です。

タイプ別にチェック!ぴったりのお散歩バッグを選ぼう

犬 散歩バッグ

お散歩バッグは中身が取り出しやすいトートバッグ型や、いざという時に両手が使用できる、ななめ掛けバッグ・ウエストポーチタイプがあります。もちろん普通のバッグでもお散歩中に使っていただけますが、例えば給水用のペットボトルやウンチ袋が入れられる仕様になっている等、お散歩バッグには、お散歩時ならではの使いやすさがありますので、ぜひ愛犬との快適なお散歩のためにも検討してみてください。

トートバッグ型のお散歩バッグ

トートバッグ型のメリットは、口を大きく開くことが可能で、すぐに必要なものが取り出せることです。底部分に脚がついているタイプもあるため、お散歩中に地面に置いても汚れが気になりません。容量が大きく、バッグの中に仕切りが付いているものも多いため、お散歩グッズ以外の用品を収納することが出来て、お散歩のためにバッグを切り変えるのが面倒な方にもオススメです。

●L.L.Bean/カタディン・キャンピング・トートバッグ
トートバッグを広めたきっかけとも言われている「L.L.Bean」のトートバッグです。小さく折りたためる薄手でソフトなキャンバス素材に、ペットボトルなどが入る大きめのポケットが多数付いているので、愛犬用のお散歩グッズのほか、財布や携帯電話・たためる帽子やや折り畳み傘なども持ち運べます。

Amazon商品ページはこちら

ウエストポーチ型のお散歩バッグ

ウエストポーチ型のお散歩バッグのメリットは、何といっても両手を自由に使用できることです。荷物を入れられる容量はあまり多くありませんが、お散歩時に必要なものだけをシンプルに入れておくことができるため、日々のお散歩には最適な形状と言えます。腰に装着するタイプのバッグになりますので、冬場に厚手のロングコートを着る場合などには不向きなタイプです。

また、ウエストポーチ型のお散歩バッグは、ある程度の重さがあっても腰からずり落ちないように、ズボンのベルト通しに引っかける形状が一般的です。

●マンダリンブラザーズ/WALKING APRON
マンダリンブラザーズさんのウエストポーチ型ポーチです。チェック付きのメインポケット1つに加え、ウンチ袋やティッシュ・スマホが収納できるポケットが2つ、更にはペットボトル入れが1つ付いているシンプルなポーチです。サイドにはD型の金属リングも付いているため、リード等を引っかけることも可能です。

Amazon商品ページはこちら

●ORIA/お散歩バッグ
ウエストポーチとしてはもちろん、ななめ掛けバッグにもなる、ちょっとしたお散歩にぴったりの多機能型のお散歩バッグです。防水性のポリエステル素材で作られているため、洗いやすく、ボールやニオイの強いおやつなどのお散歩アイテムを入れておくのも気になりません。折り畳み式の給水ボウルと訓練用のクリッカーが付いているお得なアイテムです。

Amazon商品ページはこちら

●マンダリンブラザーズ/チョークバッグ
とにかくお散歩は身軽に行きたい!という方におすすめのチョークバッグ風のお散歩バッグです。内側は制菌加工・抗菌防臭加工がされており、清潔に保つことができるため、おやつをいれてしつけトレーニングの時に活用するのもおすすめです。ちなみに、チョークバッグとは、ボルダリングなどで滑り止めとしてチョークを入れるバッグであったことから、その名前が付き、ウエストポーチの原型と言われています。

Amazon商品ページはこちら

ななめ掛けタイプのお散歩バッグ

ななめ掛けタイプのお散歩バッグのメリットは、ウエストポーチ型同様、両手を自由に使用できることに加え、容量が大きいものが多く、飼い主さん自身の持ち物を入れておける点が挙げられます。また、身体にフィットする形状が多いため、中身が飛び出る心配がありません。ただし、長い時間使っていると肩が少し痛くなることもあるので、肩幅が太めのタイプをお選びいただくか、普段のお散歩よりも長時間お出かけすることが分かっている場合にはリュックタイプもオススメです。

●WANDAWAY/お散歩バッグ・ネオプレーン
ダイビングスーツにも使われるネオプレーンという素材を生地に使用したお散歩バッグです。肩にかけられるベルトが付属しているほか、手持ち部分も付いているため、肩が痛くなったときに手持ちに切り替えることも可能なアイテムです。汚れても丸洗い可能で、ペットボトルホルダーやティッシュホルダーが付いているお散歩時に便利な機能がたくさん詰まったお散歩バッグとなります。

Amazon商品ページはこちら

●Banane D'or/サコッシュお散歩バッグ
こちらのアイテムは、取り出し口がマグネット仕様になっているため、片手で簡単に開け閉めできる点がオススメです。調整可能なショルダーベルトとシンプルなデザインでどんな服ともコーディネイトしやすいお散歩バッグです。500mlのペットボトルが入るメインポケットのほか、内側に3つのポケット・外側に1つのポケットが付いているので、お散歩グッズ以外も大量に収納可能となります。

Amazon商品ページはこちら

お散歩バッグで楽しく快適なお散歩を

犬 散歩バッグ

気軽にお散歩したいときには、チョークバッグやウエストポーチタイプを、ドッグランや人の多い場所へ行く際には容量が大きめのトートバッグやショルダータイプなど、シーンに合わせてぴったりなお散歩バッグを選んでいただければと思います。お散歩バッグを活用して愛犬との快適なお散歩を楽しんでくださいね。

  • 公開日:

    2019.09.29

  • 更新日:

    2019.11.20

この記事をシェアする