magazine

グッズ

2020.11.11

犬の散歩バッグ選びのポイント3つとは?おすすめの商品7選も紹介

愛犬のお散歩の時に、お散歩に必要なアイテムを入れておける「散歩バッグ」。見た目に可愛いものから機能性のあるものまで幅広いお散歩バッグが販売されているのをご存知ですか?お気に入りのお散歩バッグを見つけて、楽しく快適にマナーを守って愛犬とのお散歩をエンジョイしましょう。ここでは、犬用散歩バッグのメリットやデメリット、種類や選ぶポイント、おすすめ商品をご紹介します。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

犬の散歩バッグの特徴と用途

犬 散歩バッグ

まずは、犬の散歩バッグの用途と特徴、散歩バッグを使うことによるメリット・デメリットについて紹介します。

特徴と用途

犬用の散歩バッグは、文字通り愛犬とのお散歩する時に必要な物を持ち運ぶためのカバンです。
近所でのお散歩であっても、マナー袋マナーポーチウェットティッシュなど愛犬のエチケットグッズを持って歩かなければなりませんよね。

犬用のお散歩バッグは、散歩中に邪魔にならないコンパクトさと物の取り出しやすさが特徴です。散歩の時は、リードを持っていなければいけないため、必然的に片手のみで素早く物を取り出す必要があるためです。 他にも、防水性や消臭加工など、犬用の散歩バッグならではの機能がついていることもあります。

散歩バッグを選ぶメリット・デメリット

ここでは犬用の散歩バッグを選ぶメリット・デメリットについて紹介します。

メリット|排泄物の処理がスムーズに

愛犬とのお散歩では、排泄物の処理が必須になります。愛犬が道のど真ん中など目立つところに排泄してしまった場合、ちょっぴり恥ずかしくてささっと処理したいと思ったことありませんか?
そんな時にポケットがなく、整理整頓されていないバッグの中から袋や水を取り出して片付けるとなると時間がかかってしまいますが、仕切りが多く収納力のある散歩バッグなら必要な物をさっと取り出すことができます。マナーグッズだけでなく、ご褒美用のおやつなども持ち運べるので、外出先で訓練を楽しみたい方にもおすすめです。

デメリット|荷物になることも

サイズや形状によっては、かさばったり動きにくくなってしまうこともあります。購入後に失敗したなと後悔しないよう散歩の時間や愛犬の歩くスピード、持ち歩きたい物などを考慮して選ぶといいでしょう。

犬の散歩バッグのタイプ

犬 散歩バッグ

お散歩バッグには、中身が取り出しやすいトートバッグ型や、いざという時に両手が使用できるショルダーバッグ・ウエストポーチ型などがあります。もちろん普通のバッグもお散歩中に使えますが、例えば給水用のペットボトルやウンチ袋が入る仕様になっている等、お散歩バッグには、お散歩時ならではの使いやすさがありますので、ぜひ愛犬との快適なお散歩のためにも検討してみてください。

トートバッグタイプ

トートバッグ型のメリットは、口を大きく開いて必要なものがすぐに取り出せることです。底部分に脚がついているタイプもあるため、お散歩中に地面に置いても汚れが気になりません。容量が大きく、バッグの中に仕切りが付いているものも多いため、お散歩グッズ以外の用品を収納することが出来て、お散歩のためにバッグを切り変えるのが面倒な方にもオススメです。

ウエストポーチタイプ

ウエストポーチ型のお散歩バッグのメリットは、何といっても両手を自由に使用できることです。荷物を入れられる容量はあまり多くありませんが、お散歩時に必要なものだけをシンプルに入れておくことができるため、日々のお散歩には最適な形状と言えます。腰に装着するタイプのバッグになりますので、冬場に厚手のロングコートを着る場合などには不向きなタイプです。

また、ウエストポーチ型のお散歩バッグは、ある程度の重さがあっても腰からずり落ちないように、ズボンのベルト通しに引っかける形状が一般的です。

ショルダーバッグタイプ

ショルダータイプのお散歩バッグのメリットは、ウエストポーチ型同様、両手を自由に使用できることに加え、容量が大きいものが多く、飼い主さん自身の持ち物を入れておける点が挙げられます。また、身体にフィットする形状が多いため、中身が飛び出る心配がありません。
ただし、長い時間使っていると肩が少し痛くなることもあるので、肩幅が太めのタイプをお選びいただくか、普段のお散歩よりも長時間お出かけすることが分かっている場合にはリュックタイプもオススメです。

犬の散歩バッグ選びのポイント3つ!

犬 散歩バッグ

ここでは、犬とのコミュニケーションの時間であるお散歩がより充実できるよう助ける散歩バッグの選び方を紹介します。

ポイント

  1. 出し入れのしやすさ
  2. お手入れのしやすさ
  3. 収納力

ポイント1:出し入れのしやすさ

散歩バッグを選ぶ際に一番注目したいのは、物の出し入れのしやすさです。リードを片手にもち、視線は常に愛犬に向けてなければいけないので、もたつかずに必要な物が取り出せる構造の物を選びましょう。

ポイント2:お手入れのしやすさ

愛犬とのお散歩は、雨や雪の日も休まず出かけることもあり、バッグに汚れが付きやすいと言えます。汚れを気にせずに楽しめるようお手入れが簡単にできる物を選びましょう。丸洗いできるものや汚れ、水を弾く撥水加工のバッグがおすすめです。

ポイント3:収納力

愛犬の散歩グッズが多くなることを考えて、小分けに収納できるポケットが多いものを選びましょう。おやつや袋、ティッシュなど細々した物を同じポケットに入れていては、いくら出し入れのしやすい構造でも取り出すのにモタつきが生じてしまいます。
ペットボトルホルダーやマナーポーチをぶら下げられるカラビナなどが付いているとさらに便利に使えるでしょう。

犬の散歩バッグおすすめ6選!

犬 散歩バッグ

最後に、おすすめの散歩バッグを形状別に紹介します。

トートバッグタイプの散歩バッグ2選

収納力・取り出しやすさが魅力のトートバッグタイプのお散歩バッグを紹介します。

350mlのペットボトルが入る大容量!便利な2WAYタイプ

トートとショルダーの2WAYタイプで使い勝手のいいお散歩バッグです。邪魔にならないコンパクトサイズですが、スマホや財布、愛犬のおやつやウェットティッシュ、350mlのペットボトルなどを入れることができ見た目に収納力があります。
バッグの内側には消臭機能付きの巾着タイプのマナーポーチが内臓されているため、排泄物の気になる臭いがカバンの中身に移る心配もありません。展開されている4色はどれもシックなカラーなので、服装のスタイルを選ばずに合わせやすいです。

商品情報

ポケットが多く収納力抜群!アメリカブランドL.L.Beanのトートバッグ

トートバッグを広めたきっかけとも言われている「L.L.Bean」のトートバッグです。小さく折りたためる薄手でソフトなキャンバス素材で、近場のお散歩はもちろん、愛犬とのアウトドアにも最適です。
内側に1つ、外側にペットボトルなどが入る大きめのポケットが3つ付いているので、愛犬用のお散歩グッズのほか、財布や携帯電話・たためる帽子やや折り畳み傘なども持ち運べます。

商品情報

ウエストポーチ型の散歩バッグ3選

両手が塞がらずに愛犬とのびのびお散歩を楽しめるウエストポーチ型のお散歩バッグを紹介していきます。

デニム素材がかっこいい!リードも繋げるDリング付き

マンダリンブラザーズさんのウエストポーチ型ポーチです。チェック付きのメインポケット1つに加え、ウンチ袋やティッシュ・スマホが収納できるポケットが2つ、更にはペットボトル入れが1つ付いているシンプルなポーチです。サイドにはD型の金属リングも付いているため、リード等を引っかけることも可能です。

商品情報

お散歩に必要な物がセットに!給水ボトルやクリッカー付き

ウエストポーチとしてはもちろん、ショルダーバッグにもなる、ちょっとしたお散歩にぴったりの多機能型のお散歩バッグです。
防水性のポリエステル素材で作られているため、洗いやすく、ボールやニオイの強いおやつなどのお散歩アイテムを入れておくのも気になりません。折り畳み式の給水ボウルと訓練用のクリッカーが付いているお得なアイテムです。

商品情報

身軽にお散歩したい人におすすめ!チョークバッグ風のお散歩バッグ

とにかくお散歩は身軽に行きたい!という方におすすめのチョークバッグ風のお散歩バッグです。内側は制菌加工・抗菌防臭加工がされており、清潔に保つことができるため、おやつをいれてしつけトレーニングの時に活用するのもおすすめです。ちなみに、チョークバッグとは、ボルダリングなどで滑り止めとしてチョークを入れるバッグであったことから、その名前が付き、ウエストポーチの原型と言われています。

商品情報

ショルダータイプの散歩バッグ2選

収納力もあり、両手をあけてお散歩が楽しめるショルダータイプのお散歩バッグを紹介します。

軽量で防水仕様!愛犬とのアウトドアにも最適

ダイビングスーツにも使われる、ネオプレーンという素材を生地に使用したお散歩バッグです。肩にかけられるベルトが付属しているほか、手持ち部分も付いているため、肩が痛くなったときに手持ちに切り替えることも可能なアイテムです。
汚れても丸洗い可能で、ペットボトルホルダーやティッシュホルダーが付いているお散歩時に便利な機能がたくさん詰まったお散歩バッグとなります。

商品情報

片手で開け閉め可能!多頭飼いの人にもおすすめ

こちらのアイテムは、取り出し口がマグネット仕様になっているため、片手で簡単に開け閉めできる点がオススメです。調整可能なショルダーベルトとシンプルなデザインでどんな服ともコーディネイトしやすいお散歩バッグです。500mlのペットボトルが入るメインポケットのほか、内側に3つのポケット・外側に1つのポケットが付いているので、お散歩グッズ以外も大量に収納可能となります。

商品情報

楽しい散歩に散歩バッグは欠かせない

犬 散歩バッグ

気軽にお散歩したいときには、チョークバッグやウエストポーチタイプを、ドッグランや人の多い場所へ行く際には容量が大きめのトートバッグやショルダータイプなど、シーンに合わせてぴったりなお散歩バッグを選んでいただければと思います。お散歩バッグを活用して愛犬との快適なお散歩を楽しんでくださいね。

  • 公開日:

    2019.09.29

  • 更新日:

    2020.11.11

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:関 ゆりな
  • ドッグライター
  • ビションフリーゼのココメロとのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。 長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。