magazine

食べもの

2019.10.02

犬×食べ物を知る!

犬にも安全?桃の正しい食べさせ方や適量について詳しく解説

みずみずしく甘い桃。私たち人間のあいだでは、人気の高い果物のひとつです。犬は甘いものが好きなので、私たちが桃を食べていると、甘く熟した香りを嗅ぎつけて、側に寄ってきては欲しそうに見つめてくることもありますよね。 犬は桃を食べても安全なのか、桃に含まれる栄養や与える際の注意点について解説します。

#Foods

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

桃は犬が食べても大丈夫?

犬 桃

果汁たっぷりの桃ですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか?愛犬が欲しがるけど、食べさせて良い果物なのか分からず困っている、さらには犬におやつとして桃を与えたいと考えている人は要チェックです。

アレルギーに注意すれば、食べても大丈夫

基本的には、犬が桃を食べることは問題ありません。ただし、絶対に大丈夫とは言えない理由があります。

その理由とは、アレルギーです。桃はアレルギー反応が出ることがあり、もしも愛犬が桃アレルギーだった場合、身体をかゆがったり嘔吐や下痢などの症状が現れます。桃アレルギーを持っていない子であれば、問題なく食べることができます。まずは、ごく少量の桃を与えてみて、その後の様子を注視して、アレルギー反応が出ないことを慎重に確認しましょう。もし何事もないようであれば、桃アレルギーの心配は少ないとみて良いでしょう。

桃に含まれる栄養・犬が食べることで期待できる効能

犬 桃

愛犬に桃を与えることで、愛犬にとってどのようなメリットがあるのでしょうか?桃には、ビタミンや水分が含まれていて夏バテに効果的な果物です。桃の特性を理解し、暑い日を上手に乗り切りましょう。

食物繊維

桃は、その食感からも分かる通り、食物繊維が豊富です。便秘気味の子に持ってこいな果物であると言えるでしょう。しかし、与えすぎると下痢や腹痛などの原因になる可能性があるので、適量を守るようにしましょう。

水分

桃の成分内訳を見ると、88%が水分とされています。また香りも良く甘いので、愛犬が夏バテで食欲がなくなっているなら、少し冷やした桃で美味しく水分補給ができるでしょう。ただ、桃ばかり与えるのは栄養が偏りますし、水分が多く下痢の原因ともなってしまうため注意が必要です。果糖による肥満にも気を付けて与えましょう。何事も適量が大切です。

犬に桃を与える際の注意点

犬 桃

犬に桃を与える際は、アレルギーに気を付ける以外の注意点はあるのでしょうか?丸ごと桃を与えても良いものなのかどうかも含めてご説明します。

皮や種を取り除いて、果実だけ与える

桃の皮はきれいに洗えば食べられないこともありませんが、皮の食感を嫌がる子もいます。また、桃の種にはアミグダリンという毒素が若干含まれており、喉にも詰まる恐れがあるため、必ず皮と種を取り除いて、果実部分だけ与えるようにしましょう。

食べさせ過ぎない

桃には果糖が多く含まれています。甘くてみずみずしく美味しい果物ですが、与えすぎは肥満の原因になるほか、下痢などを起こしてしまう可能性があります。犬に桃を与える際は、人間が食べている桃の切れ端を与えるくらいにしておいたほうが良さそうです。私たち人間と同じように、食事とは別にデザートのように少量与えることをおすすめします。果物ばかり食べてしまうと、栄養が偏ってしまう恐れがあるためです。

桃で暑い日を乗り切ろう

犬 桃

桃のみずみずしさは、食欲が落ちる暑い季節にはもってこいです。毎日桃を与えることは肥満にも繋がるので避けたいですが、たまのご褒美として愛犬に桃を与えるのは良いコミュニケーションにもなるでしょう。桃はとても甘くて喉ごしのよい食べ物なので、一度食べると大好きになってくれることでしょう。与える量に気を付けながら、桃をおやつに取り入れてみてはいかがでしょうか?

  • 公開日:

    2019.09.17

  • 更新日:

    2019.10.02

この記事をシェアする