magazine

食べもの

2020.02.03

犬×食べ物を知る!

犬にアボカドを食べさせるのはダメ!食べてしまったときの中毒症状や対処法とは

女性に人気な「アボカド」は栄養価も高く、様々な料理に使用される食材です。健康に良いのであれば犬にも与えてみたいことろですが、犬はアボカドを食べても良いのでしょうか。ここでは、犬にアボカドを食べさせても大丈夫なのか、解説します。

#Foods

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬にアボカドを食べさせるのは危険?

犬 アボカド

アボカドに含まれる成分は、犬にとっては有害だと言われています。アボカドの成分と犬の身体に与える影響を知って、アボカドを与えるのはやめましょう。

アボカドの成分は犬に有害

アボカドは、私たち人間の間では栄養価が高いことで有名な食べ物です。色んな種類があり、品種により含まれている成分は異なりますが、人間であってもラテックスアレルギーを持っている人は、アボカドでアレルギーを引き起こすことがあります。

犬の身体にとっては、「ペルシン」というアボカドに含まれる殺菌作用がある成分が有害に働くと言われています。体質によっては、中毒症状が重たい場合もあるため食べさせるのは避けましょう。

犬がアボカドを食べた場合の症状とは?

犬 アボカド

アボカドが食べさせないほうが良いことは分かりましたが、中毒症状はどんなものがあるのでしょうか。

下痢・嘔吐、重症化すると呼吸困難・けいれんも

犬がアボカドを食べると下痢・嘔吐、呼吸困難やけいれんなどを起こす可能性があります。すぐに症状が出るわけではなく徐々に現れてくるため、食べたあと2,3日後に症状が出始めることもあります。下痢・嘔吐はすぐに治まれば問題なく済むこともありますが、中には数日症状がおさまらないこともあります。

下痢・嘔吐の症状が見られると水分や栄養を体に吸収できなくなるため、脱水、体重減少、呼吸困難、けいれんなどを引き起こすことも。ここまで症状が進行すると命に関わる可能性も出てくるため、下痢・嘔吐の症状が見られたら早めに動物病院を受診しましょう。

食物アレルギー反応

中には、アボカドに対してアレルギーを持っている犬もいます。食物アレルギーは皮膚の痒み・赤み、フケや脱毛、下痢や嘔吐などの症状が見られます。アレルギーのある食材は食べないよう、食事内容は家族内でしっかり共有しましょう。どの食材にアレルギーを持っているかどうかはアレルギー検査で調べることができるため、興味がある場合はかかりつけの動物病院に相談してみるといいかもしれません。

種の誤飲

アボカドを犬に与えないように気をつけていても、落ちたものやゴミ箱の中から誤って食べてしまう可能性も無くはありません。成分だけでなく、アボカドの種にも注意が必要です。万が一飲み込むと、気管に詰まったり消化できなくなったりする可能性があります。食堂閉塞や腸閉塞を引き起こすと内視鏡手術もしくは開腹手術になります。命に関わる可能性もあるため、飲み込んでしまった場合はすぐに動物病院を受診しましょう。

愛犬が誤ってアボカドを食べてしまったら

犬 アボカド

実は文献によっては、犬がアボカドを食べても問題ないという意見と、絶対に食べてはいけないという意見の、両方が存在します。問題ないとする意見によると、アボカドの種類によっては中毒症状を起こさないとしていますが、アボカドは犬にとって摂取しなくてはならない食材ではありません。重大な問題になる可能性もあるため、犬にはアボカドは与えない方が良いでしょう。しかし、与えるつもりがなくても誤って食べてしまうこともあります。犬にとってアボカドの致死量はどれくらいなのか、食べてしまったときの対処法についてお話します。

アボカドの致死量はどれくらい?

アボカドは品種によりペルジンの含有量が異なります。さらに、幼犬・成犬・老犬、持病の有無など犬の体調などにより成分の吸収率なども異なるため、アボカドの致死量はわかっていません。犬によりペルジンの感受性も異なるため与えないのが一番でしょう。

アボカドを食べてしまったときの対処法

アボカドを誤って食べてしまったときは、下痢や嘔吐の症状が出ていないかしっかり様子を観察しましょう。犬により症状の出方が異なるため、まずはかかりつけの動物病院を受診することをおすすめします。

犬にアボカドは与えないこと

犬 アボカド

人間にとって健康的で、栄養満点な食材が、必ずしも犬にとって安全な食べ物とは限りません。アボカドは賛否両論ある食材ですが、犬にとって有毒な成分が含まれている可能性があり、また必ずしも摂取しなければいけない食材ではないので、与えないことをおすすめします。必要な栄養は、犬用のフードや犬にとって害のないことが分かっている素材で補えるので、アボカドを積極的に与えることは避けましょう。

  • 公開日:

    2019.09.18

  • 更新日:

    2020.02.03

この記事をシェアする